ポケモン対戦考察まとめWiki 砂嵐パーティ

砂嵐パーティ

すなあらしを使ってすながくれなどの特性を利用するパーティ。
主にすなあらしの影響を受けないタイプ(いわじめんはがね)のポケモンを主体として編成する。
  • 砂嵐時は岩・鋼・地面タイプ、特性すながくれ/マジックガード/ぼうじん以外のポケモンは毎ターン1/16ダメージ。
  • ソーラービームの威力が半減、あさのひざし、こうごうせい、つきのひかりの回復量が自身の最大HP量の1/4になる。
  • 岩タイプのポケモンは特防が1.5倍になる。
  • 以上の効果は、特性ノーてんき、エアロックがいる時無効。
欠点は、砂嵐が効かない種族が多いこと。
場合によっては相手を助けることになりかねない。特に砂パに限らず相手に多いガブリアス。

他の天候と違い、威力や命中が強化される技が無い。
ウェザーボールは、天候があるとタイプが変わり威力が倍になるという効果の技であり、砂嵐が強化してるわけではない。
そのため天候が変えられても他のパーティと違い攻撃面でピンチになるのはロズレイドのウェザーボールぐらいか。
砂パだからって砂嵐無効詰め込む必要はない。

  • 特性「すながくれ」持ちポケモン(相手の技の命中率を0.8倍にする)


候補ポケ


砂嵐要員

カバルドン

地タイプ。
特性すなおこしで場に出た瞬間砂嵐に。
HP108、防御118と物理耐久に優れ、たくわえるやなまけるも覚える鉄壁。
特殊耐久に特化すれば砂パの天敵であるゴウカザルも安定して狩れる。

バンギラス

岩・悪タイプ。
600族。
カバルドン同様特性すなおこしをもつ。岩タイプ砂嵐時特防1.5倍の恩恵を受け凶暴化した。
HGSSではワイヤレス対戦でもLV50フラット対戦が可能になり、更に公式大会でも使用が認められた。
弱点は多いが、竜舞もでき、エスパー・炎受けとしても十分すぎるほどの性能を発揮できる。

雨パ、晴れパとは違い伝説ポケモンじゃなくても天候を変えられるポケモンがいるのが強み。

アタッカー

物理

ガブリアス
地・竜タイプ。
600族。
タイプ一致逆鱗が強力で、拘りスカーフ・鉢巻、ヤチェの実で氷耐え、襷など戦法は多彩で頼れる物理アタッカー。
特に砂嵐を最大限に利用した光粉身代わり剣舞型は相手にとって鬼門。
普段は使用しない特性砂隠れを使いたいなら是非。
メタグロス
鋼・超タイプ。
600族。
攻撃種族値130と高い耐久性能、一致先制技の組み合わせはアタッカーとして安定感抜群。
此方も戦法が多彩で、頼れる物理アタッカー。
ドサイドン
岩・地タイプ。
HP、攻撃、防御に優れ、素早さは遅いが、ロックカットやバトンで補えば持ち前の攻撃で暴れまくる物理アタッカー。
何気に特防補正も受けるので特防に振れば結構特殊にも強くなる。
また、拘ればほとんどの耐久系を確定2発圏内におさめられる。
ボスゴドラ
岩・鋼タイプ。
4倍弱点のタイプが非常に使用率の高い闘・地タイプでありタイプ構成的には少々厳しいが、防御種族値は非常に高く抵抗も多い。
こいつの何よりの売りは攻撃種族値110からのタイプ一致石頭+諸刃の頭突きができること。
特殊耐久、素早さが低いので安定はしないがバトン等で補えば凄まじい威力を叩き出せる。
技のレパートリーも豊富でメタバや電磁浮遊等の補助技も使える器用な奴。
ジーランス
岩・水タイプ。
ラムパルドには及ばないものの、石頭+諸刃の頭突きが出来るので反動を受けないのは魅力。
タイプが違うので一概には言えないが、タイプ一致無反動諸刃という点では若干ボスゴドラに押され気味か。
ど忘れを積めば脅威の特殊耐久。
ラムパルド
岩タイプ。
驚異の攻撃種族値165(暫定2位)だが、防御が軟らかいのが難点。
ただし苦手な襷は砂嵐でカバーできる。
テッカなどからのバトンでの諸刃の頭突きで大抵のヤツは死亡確定か?
マンムー
氷・地タイプ。
種族値130タイプ一致の氷のつぶてと地震が強力。
ただ耐久力自体は並だが、弱点がけっこうメジャーなので簡単に1撃で落とされることもしばしば。
なので意外に襷と相性がよく、襷がむしゃらで耐久系のHPをズタボロにもできる。
高い攻撃種族値、タイプ一致先制技、襷がむしゃら等非常に汎用性に優れた物理アタッカー。
タイマンならメジャーポケつぶしも可能。
スカーフ型でメジャーポケモンも先制して潰せる。
ドラゴン狩りにもどうぞ。
ラグラージ
水・地タイプ。
御三家史上最高の合計種族値を持つキモクナーイ。
タイプ構成に優れ攻撃強いし硬い。
カウンターやミラーコートを使ったりと結構器用。
剣舞ガブリの逆鱗を耐え、カウンターで一泡吹かせられる。
DQN化して特殊アタッカーとなるのもアリ。
弱点の草には注意。
ダグトリオ
地タイプ。
ダイパ・HGSSあたりから砂パでの使用率が再上昇している元メジャーポケ。
鈍足になりがちな砂パの120族として運用できる。
砂パの天敵であるゴウカザルを死に出しで突破できる。
HGSSで起死回生を新たに習得し襷起死回生でハピ突破も。
砂隠れ持ちだが蟻地獄の使い勝手が異常なのであまり関係ない。
潰せる範囲はゴウカザル・めざパ氷持ちサンダース・毒毒キノガッサ・ノーガードカイリキー・スターミー等砂パが苦手とする強ポケ揃い。
ハッサム
虫・鋼タイプ。
攻撃種族値130、優れたタイプ構成、テクニバレパン、蜻蛉返り、かなりの高耐久と汎用性、火力共に非常に優れた物理アタッカー。
とんぼがえりとバレパンで、霰パのユキノオーや氷タイプに対し非常に強い。
トドゼルガも剣舞ばかぢからで確1。
剣舞テクニダブルアタックなら身代わりも貫通もできる。
プテラ
岩・飛行タイプ。
言わずと知れた素早さ種族値130組。
先発最速ステルスロックが撒ける上、タイプ一致のストーンエッジは強力で、地震が撃てる中で最速。
挑発も覚えるため非常に使いやすいポケモンである。
また特防補正により見かけによらず特殊耐久は結構ある。
上記以外の攻撃技の威力が微妙なので、拘り鉢巻や命の玉を持たせて突撃するのが基本か。
アーマルド
岩・虫タイプ。
古代ポケモンであり、砂嵐の恩恵を受ると特防が防御を超える。
タイプの組み合わせが良いおかげで岩タイプにしては弱点が少ない。
特性のカブトアーマーにより、技を急所に受けないのは魅力的。
攻撃種族値125から繰り出されるタイプ一致のシザークロス、ストーンエッジは強力。
また、身代わり潰しのロックブラストも使える。問題は素早さか。
ウソッキー
岩タイプ。
特性の石頭により、ウッドハンマーと捨て身タックルの反動を受けないのは魅力的。
不意打ちも使えるためアタッカーとしては優秀。
物凄く遅いのでトリックルームと合わせても○。
ドダイトス
草・地タイプ。
ダイパ御三家であり攻撃と防御が高く、鈍いで更に強化できる。
何気にロックカットも使えたりと意外に器用だが、氷4倍が致命的か。
ドラゴンを意識して氷技を覚えさせてる人が多いので、出す時は相手を見極めて。
ノクタス
草・悪タイプ。
砂隠れにより砂嵐を食らわない。
不意打ち、種爆弾と攻撃面は優秀だが耐久が低い上に鈍足なので注意。
読みが必要とされる通好み。
カブトプス
岩・水タイプ。
特性すいすいにより、雨を降らされた時の雨パに対する牽制になりえる。
雨状態では雷必中になるが、砂パだから無効化出来る奴がいる。
砂嵐状態にすると相手のガブリアスなども強化してしまうが、
一時的にでも雨に変えれば、たきのぼりで返り討ちに出来る。
状況に応じて、砂嵐⇔雨と天候を操っても良い。
が、その場合、正真正銘の砂パーティと言えるのかは微妙だが・・・
クチート
鋼タイプ。
非常に珍しい純鋼タイプを持つ。
同タイプは他にレジスチルとプレートを持たせたアルセウスしかいない。
主にドラゴンのげきりん読みやどくどくを主力にした耐久ポケモンの前に登場さるのがベスト。
いかりのまえばやカウンターなど、鋼タイプで屈指の技レパートリーを持つ。
一見するとさえない種族値だが、いかく&鋼タイプと技の豊富さを生かせばいろんなポケモンを突破できる侮れない読み必須の上級者向けポケモン。
ガラガラ
地タイプ。
ふといホネ装備で全ポケ中攻撃力1位に。
しかしアイテム込みなら他のポケでも同等の火力を出せるので頼りすぎは禁物。
特性いしあたまで無反動すてみタックルが出せる。
欠点はすばやさの低さ。
あと「ガラガラ=フルアタ」は常識なので読まれやすい。
ラムパルドと比べると相性に左右されるという面で劣る。

特殊

ジバコイル
電・鋼タイプ。
特性磁力により鋼狩りを得意とする。
特攻は130と非常に高く、相手にとっては脅威な特殊アタッカー。
交代読みで身代わり・電磁浮遊が出来ればこっちのもの。
エンペルト
水・鋼タイプ。
高い特攻種族値と、そこそこの耐久、覚える技の汎用性により頼れる特殊アタッカー。
氷・水・草の技構成を全て受けきれるヤツはそうそういない。
明らかに調整された耐久種族値により不一致弱点威力100の技(地震・アームハンマー等)なら攻撃種族値130あたりまではちょうど1/4ほど残して確定で耐える。
これにより激流やヤタピを発動することができ爆発的な突破力を生み出すこともできる。
ガブリアスとの相性がなかなかいい。
オムスター
水・岩タイプ。
防御が高く、砂嵐の恩恵で特防も高くなるので、かなりの耐久力を誇る。
特攻も高く、一致ハイドロポンプは非常に強力。
雨を降らされても牽制可能な上、ロックカットで素早さを補うこともできる。
バクーダ
炎・地タイプ。
水が4倍弱点だがそれ以外は地面のみとタイプ構成はそこそこ優秀。
高威力炎技を打てるヤツが少ない砂パでの活躍が見込める。
基本的には最高威力の大地の力使いはこいつ。
砂トリパではタイプ一致噴火も使える上、何気に大爆発も覚える。
ヒードラン
鋼・炎タイプ。
準伝説級。
貰い火で鋼の弱点の炎を受けられるのは強み。
ジバコに匹敵する特攻で技バリエーションも多いのだが地面4倍はかなり痛い。

両刀

ルカリオ
闘・鋼タイプ。
技の種類が豊富。
種族値的に物理でも特殊でも育てられ、型が豊富で読まれにくい万能なアタッカー。
襷との相性も良好。
フライゴン
地・竜タイプ。
普通に使えばガブリアスの劣化になりがちだが、電光石火や特性浮遊、地割れ、蜻蛉返りなど使い勝手の良い技で差別化が可能。
電・地を無効化できるので読みで有利に繰り出すこともできやすい。
ニドキング
毒・地タイプ。
全ポケモン中屈指の技のレパートリーを持ち物理・特殊型両方作れるため初見では判断されにくい万能アタッカー。
安定はしないが特性が闘争心ならかなりの火力を出せる。
物理ならエスパー・ゴーストに有利な不意打ち、草に有利なメガホーンなど強力な技を覚える。
特殊なら氷・電気・水・炎など様々なタイプ技を習得可。

地・岩・鋼以外

ピクシー
無タイプ。
ノーマルタイプだが特性によって砂嵐のダメージはない。
いのちのたまを持たせればそれなりの特殊アタッカーになり、嫌な草・水・氷タイプは返り討ちにできるかも?
物理アタッカーにするならどくどくだまからげんきをどうぞ
ゴルダック
水タイプ。
何気に砂を受けない水ポケモン。
サイコキネシスで格闘対策をしたり瞑想を積んだりと砂ではちょっと変わったことが出来る。
砂パ同士で当たった場合には相手の特防1.5倍を無視して殴れるので結構ありかも。
ロズレイド
草・毒タイプ。
最も威力の高い岩系特殊技を使える。耐久は低めだが、砂パの弱点の格闘には耐性があり、砂パの苦手な水、地面に有利。
しかし特殊が多い水はともかく、物理面はカイリキーや猿の爆裂、インファイトで確2。
死に出しでも弱点つけるわけでないので正直微妙。
状況限定のその岩技で弱点の炎、氷、飛行、虫をことごとくカバーできる。ねむりごななどのトリッキーな戦いもある。
↑催眠はトリッキーでもなんでもないけどなw
特攻もジバコイルやヒードラン並だが、問題はこいつ自体は砂嵐を食らってしまう。よってやどみがは無理。

耐久

物理

グライオン
地・飛タイプ。
砂パの天敵である格闘受け最高峰。
ヘラクロス、ノーガードカイリキー等を安定して狩れる。
特性すながくれによる回避UPも大きな強みで、防御も高いので舞って攻撃も可能。
また、ギロチンを駆使する処刑人もいる。
氷4倍と特殊には弱いので注意。
ハガネール
鋼・地タイプ。
カイリキーのインファイトも耐えしのぐ。
とにかく硬い物理受け。
比較的安定してステロ要因等として運用できる。
特防は低いので注意が必要。
エアームド
鋼・飛タイプ。
ステロ撒き菱吹飛ばしの昆布が鉄板。。
地震を読んで物理相手に繰り出せるのは非常に役立つ。
吹飛ばしてるだけでも相手に与える精神ダメージは大きい。
ただ特殊にはめっぽう弱いので注意。
ボスゴドラ
岩・鋼タイプ。
防御面はとても優秀で、反射技のメタルバーストを使える。頑丈で一撃必殺を受けないのも強み。
地面・格闘が4倍なのが痛いが、残りの弱点は水のみなので相手を見て出せば脅威になれる。
確実に潰すために、きあいのタスキを持たせてメタルバーストも。
HGSSでもろはのずつきを習得。火力が大幅に上昇したのでアタッカーもできるようになった。
レジロック
岩タイプ。
準伝説級。
砂嵐中の特防1.5倍の恩恵で今作で一気にレジ系最強へ。
防御200特防100×1.5倍はこの上なく硬い。
攻撃も100で技バリエーションもそこそこなため攻撃型も悪くない。
弱点が多いのが玉にキズ。
トリデプス
岩・鋼タイプ。
タイプ面はボスゴドラと同様で、こちらは特殊もそこそこ堅い。
やはり反射技のメタルバーストを使える。頑丈で一撃必殺を受けないのも強み。
確実に潰すために、きあいのタスキを持たせてメタルバーストも。
ボスゴドラと違い、決定力には欠ける。
ヌオー
地・水タイプ。
特性貯水により苦手な水を無効。
対雨パのワンポイントにも。
種族値上そこまで硬くないので注意が必要だが、威張るや欠伸、カウンター等でトリッキーに戦える。
読み必須。

特殊

ユレイドル
岩・草タイプ。
岩タイプにしては構成がいいおかげで弱点が少なく、特防補正も受けられる特殊受けのスペシャリスト。
その特殊耐久はあのツボツボ、ハピにも並ぶ。
193 * 261 = 50373 ユレイドルの砂嵐時の特防(とくぼう全振り)
127 * 465 = 59055 ツボツボの砂嵐時の特防(とくぼう全振り)
362 * 156 = 56472 ハピナスの特防(一般的なHP防御振り)
バリヤーを貼ったり蓄えたりすれば防御面も補えてまさに鉄壁な上、吸盤で吠える吹き飛ばしが効かないのもグッド。
HGSSにて鈍いを覚え、凶悪になった。
ただ、毒毒や草・岩両方を半減する鋼にどう対処するかが問題。
ダイノーズ
岩・鋼タイプ。
防御面はトリデプスにも劣らない。
防御<特防であり特防補正もかかるため特殊受けのほうが向いている。
微妙な特攻だが、10まんボルトや大地の力を覚えるので特性の磁力でエアームド・ジバコイル狩が出来る。

両壁

ドータクン
鋼・超タイプ。
言わずと知れた銅鐸。
強力な攻撃には押し切られがちだが相手は嫌な事間違いなし。
催眠・壁・トリル・大爆発など非常に補助技に富む
ツボツボ
岩・虫タイプ。
耐久面は言う事無しだが、HPが低いので固定ダメージには注意。
パワートリックを利用してデオキシスもビックリな攻撃をしてくるのもいる。
ねむねごつぼつきでロマンを求めてもいいかも。
レジスチル
鋼タイプ。
準伝説級。
だがタイプ一致技に乏しくレジロックと比べると決定力不足など苦しい点が目立つ。
抵抗が多い上防御、特防2段階アップがあるので積んでしまえば鉄壁の要塞。
特殊受けとしては中々。
トリトドン
水・地タイプ。
カウンター、ミラコといった反射技や、欠伸、ド忘れ、自己再生、置き土産といった補助技に非常に富む。
物理、特殊どちらにも対応できるド忘れカウンター型はなかなか運用しやすい。
特性ではヌオー、能力ではトリトドンといった感じか。
草には注意。

補助

フォレトス
鋼・虫タイプ。
種族値はエアームドとほぼ変わらない。
ステルスロック・まきびしに加え、高速スピン・毒菱も出来る為、有利な場を作るにはもってこい。
中でも毒菱は一度撒くだけで襷を破壊したり、耐久系をジワジワいたぶれる非常に優れた技。
エアームドと違ってほえる・ふきとばしが使えないため、撒いて役割が終わったらイバン大爆発が理想的か。
リフレクター・光の壁を張って爆発も良い。
物理でゴリ押ししてくる奴をカウンターで蹴散らしたりもできる。
プテラ
岩・飛タイプ。
素早さ130からの先制ねむねご吠える吹き飛ばしは非常に強力。
ステロ、撒き菱、毒菱の撒けるポケの多い砂パで運用すればかなりの活躍が見込める。
他にも何気に特防が1.5倍のみがまもを連打し、相手の精神苦痛を限界極限まで追い詰めることもできる。
砂ダメに加えいばみがの兼用や特性プレッシャーによるPP削りもできたりする。
ハッサム
鋼・虫タイプ。
攻撃技だけでなく羽休め、神秘の守り、剣舞、高速移動も覚えるのでバトン要員にも最適。
アタッカーとして知り渡っているため読まれにくい点、高い耐久、弱点炎のみなことも相まってバトン成功率は非常に高い。
元々の攻撃も高いためあくまでアタッカー、サブとしてのバトンも可。
ネンドール
地・超タイプ。
弱点多いけど特性に優れ耐性も多いし優秀。
壁張りやトリックルームからの大爆発で華々しく散ったり、さりげなく広い攻撃範囲を活かすことも出来る!
まきびし・どくびし無効、ステルスロック1/16なので高速スピンを使うのにかなり適任。
ニドクイン
地・毒タイプ。
どくびしとステルスロックが撒ける。
かくとうやいわ半減であまえるやカウンターがあるのでかくとうなどの物理受けも可能。

地・岩・鋼以外

ヤドラン
水・超タイプ。
ミロカロスなど水タイプをピンポイントで受けられる。スターミーなど電気技持ちは除外。
非常に性能がよく、ゴウカザル等砂パの多くの天敵を安定して受けられるため運用率も高い。
他に特性のマイペースでカイリキーの爆裂パンチも受けれる。
食べ残し持ってればそこまで砂嵐は気にならない。
ドククラゲ
水・毒タイプ。
こちらも非常に運用率が高いポケ。
大体の砂パの天敵(特にゴウカザル)に対して有利に戦える。
どくびし撒けてこうそくスピンもできるし、砂下でのあやぴかも鬱陶しい。
くろいヘドロが使えるので、食べ残しを他にまわせるのも嬉しい。
意外に素早いが、相手のパにガブリアスがいると下手に出られなくなる。
ヤドキング
水・超タイプ。
タイプ構成上ヤドランのほうが単純に比較すると優秀。
特殊型猿を受けるのに特化するならこちらか。
物理寄りに受けるならヤドラン、特殊寄りに受けるならヤドキングを。
クレセリア
超タイプ。
伝説級。
砂パの天敵であるゴウカザルを受けられる、最大ともいえる受け。
食べ残し持たせれば砂嵐は気にならない。瞑想、リフレクター、ひかりのかべなど。
つきのひかりは回復量が減るので注意。
ソーナンス
超タイプ。
スイクンやラティオス、ガブリアス、メタグロス、スターミー、ゴウカザルなどの厄介な敵を確定排除できる。
しかし努力値の関係上、狩れない相手も出てくるので注意。一応砂ダメージも注意。

その他(砂嵐の影響を受けないポケモンのみ)

高速スピンが使えるポケモン

一撃必殺が使えるポケモン

バトンタッチを覚えるポケモン


注意ポケ(砂パ対策)

参考
いわ・じめん共通弱点:みず、くさ
いわ・はがね共通弱点:じめん、かくとう

ギャラドス

水技は岩、地、鋼のいずれでも半減することができない。
耐久も優秀な上に特性いかくを持ち、物理アタッカーは突破しにくくなる。
岩技持ちで弱点を突けるが、基本的に岩タイプは一致エッジ打とうにも鈍足のため先手を取られて滝登りで弱点突かれ乙。
不一致岩技では1確にすることは不可能。
4倍弱点を持つが砂パではジバコぐらいしか電気技を打つことができない。そのジバコに対しては地震がある。
元々結構素早いが竜の舞を積まれればエアームドでも止まらない。
主な対策:メタグロス ヌオー(防御特化) ヤドラン(防御特化) ルカリオ(襷カウンター)

ゴウカザル

いわずもがな強ポケキラー。インファイトやらオーバーヒートやら草結びやらめざパ氷やら技も豊富で型も豊富。すべての型を安定して受けられるポケは伝説以外では多分いない
まだ砂嵐でタスキをつぶせる分ましか・・・?
主な対策:カバルドン(特防特化) ダグトリオ シャワーズ ドククラゲ ラティアス クレセリア 

カイリキー

砂パの弱点タイプを突きやすい。ノーガード爆裂パンチで場を荒らされる可能性大。たまに根性型も
主な対策:ヤドラン(マイペース) グライオン(ハサミギロチン) ダグトリオ(じわれ)

ヘラクロス

地面耐性、岩等倍とこちらから弱点を突きにくい。根性インファイトやスカーフなど
主な対策:グライオン ダグトリオ(つばめがえし)

ルンパッパ

水・草とこちらの弱点をつかれやすい。やどみがやアタッカーなど型は意外とある。地面半減 氷等倍
主な対策:アーマルド ユレイドル 

ドータクン

浮遊による地面無効、岩半減と豊富な耐性でこちらが攻撃を与えられない間に催眠や瞑想などで暴れられる可能性有り
主な対策:ジバコイル ヒードラン

対砂パ対策議論

+ 砂パ対策を募集。皆はどう対抗してる?
+ ゴウカ マニュ エルロズレイドが苦手。
+ 俺はゴウカザル使ってるけどな。めざ氷持ち基本特殊で、ほとんどの砂ポケを狩れる。

ご意見板

+ ...