個体値の高いポケモンのさがしかた


左上にも書いてある通りここは第4世代に特化する方針になっています。
ブラック・ホワイトの情報を載せないでください。

個体値のしくみ

個体値は種族値・個体値・努力値って何?で説明したとおり、
そのポケモンの「才能」に当たる数値です。
HP、こうげき、ぼうぎょ、とくこう、とくぼう、すばやさの6種類に設定され、最低値が0、最高値が31です。

ポケモン対戦関連のWebサイトでは32進法で表記されることが多く、省略の為に一番高い能力(31)はV、次に高い能力(30)はUと表記されます。
個体値が高ければ、同じ種族のポケモンでもステータスが高くなるため、(一部の例外を除き)戦闘では有利になります。

個体値が決定されるタイミングは、やせいのポケモンなら「出現した時」、
誰かからもらうポケモン、タマゴなら「もらった時」に決定されます。
また、「ゲームの中で交換できるポケモンや、一部のトレーナーが使うポケモンは個体値が固定されています」。

やせいのポケモンの個体値は全てランダムで決定されますが、
タマゴから生まれたポケモンは、「親の個体値の一部を引き継ぎ」、残りはランダムで決定されます。

ちなみに個体値の高いポケモンを探す事をポケモン関連のWebサイトでは一般的に「厳選」と言い、
対戦よりも厳選にかける時間が多い、という人も居ます。

結論から言ってしまうと
タマゴが見つかるポケモンはひたすらタマゴを孵化する
見つからないポケモンは、ひたすら捕まえる
ただこれだけですが、その理由、方法を詳しく説明していきます。

厳選の前提

個体値は他の要素よりも運頼みである面が強いため、技構成、せいかく、とくせいを
「全て一致させた後に最終的にこだわる点です」。
そのため、以下の厳選は「技構成、せいかく、とくせいが目的と一致していることが前提」となっており、
それらもできるかぎり、一致しやすくする書き方がしてあります。
思わぬ個体が見つかることもありますが、「事前に他の要素をよく考えてから、厳選にあたるのが賢明です」。

タマゴの見つかるポケモンの厳選

+ タマゴ基本概要

前述のとおり、タマゴから生まれたポケモンは親の個体値の一部、
正確には「両親の12個の個体値からランダムに1~3個、引き継がなかった個体値はランダムで決定されます」。

ですから、個体値が一つでも優秀なポケモンを親にして、目的のポケモンが生まれるようにすれば、
やせいのポケモンを捕まえるよりも、高い確率で個体値の優秀なポケモンが生まれます。

具体的には、「すばやさVのピカチュウ♂」と「とくこうVのピカチュウ♀」が抱いていたタマゴは、
やせいのピチュー(ピカチュウ)よりも、
すばやさやとくこうがVのピチューである可能性が高くなります。

また、生まれた優秀なポケモン同士を親にすることで、優秀なポケモンが生まれる可能性をさらに上げる事ができます。
ですが、全く良い親がいない場合はやせいのポケモン(後述するようにメタモンがお勧め)を大量に捕獲して、
その中から個体値がVのポケモンなどを選び出して親にすることも有効です。

くわえて、タマゴから生まれたポケモンは「タマゴ技」を覚えることができますし、
「いじっぱり」や「ひかえめ」などのせいかくも、「♀のポケモン」または「メタモン」にかわらずのいしを持たせることで、
目的のせいかくのポケモンを生まれやすくする事ができます。
そのため、タマゴの見つかるポケモンは
「やせいのものを捕まえるより、(良い親同士からの)タマゴから生まれたポケモンの方が優秀になりやすい」事になります。

+ タマゴ遺伝概要
+ 大量孵化の概要

爺前セーブ

タマゴ厳選の一つの厳選方法として、「爺前セーブ」というものがあります。
これは、せいかく、性別、とくせいと個体値の決定タイミングのズレを利用して、せいかくと性別、とくせいを固定する方法です。
+ 爺前セーブ概要

ある特殊なテクニック

このテクニックは、孵化の手間を大幅に削ることができるものです。
ですが、このテクニックを利用すると大量孵化の楽しみが大きく減る可能性もあります。
よろしいですか?

+ ...

個体値の判別(測定)

厳選で特に重要なのは、個体値の判別です。
個体値を正確に測るためには、どの状態の能力が目的の数値か知っておく必要があります。

+ 判別方法

個体値は目に見えない値です。
判別する時は、ポケモンファンサイトの個体値計算ツールを使いましょう。
個体値計算ツールと検索することで出てくるはずです。

高個体値ポケモンの厳選方法(2V・3V)

ポケモン対戦は、技構成・とくせい・せいかくまでの厳選が済んでいれば、十分に成り立つのですが、
『誰よりも強いポケモンを作りたい』、そこまで崇高でなくても『○○を確定で倒すために・○○の攻撃を確定で耐えるために、
能力がVのポケモンを厳選する必要がある』ということがあります。そこまでの目標が定まっている場合、
初めからそれを見越した厳選方法を行うことで、効率を上げることができます。用いるのはすべてここに書かれているテクニック、
つまり、厳選方法の具体例になります。以下にその詳細を記述します。

※注意
高個体値ポケモンの厳選は多大な時間と労力を要し、厳選に夢中になるあまり、
本来のポケモン対戦という目的を見失う結果にも成りかねません。
はまりすぎにはくれぐれも注意しましょう。

+ 高個体値ポケモンの厳選

タマゴの見つからないポケモンの厳選

固定系

(D→ダイヤモンド、P→パール、Pt→プラチナ、HG→ハートゴールド、SS→ソウルシルバー、R→ルビー、S→サファイア)

主な固定系

  • ダイヤモンドパールプラチナ
  • ハートゴールドソウルシルバー
  • エメラルド(RS)
レジアイスレジロックレジスチル
(入手方法に配布が絡むポケモンや、GBA版で出現するがDS版と被るポケモンは省略)

カートリッジ一つにつき、一匹しか出現しないため、優秀な個体値のポケモンが欲しい場合は
その一匹を捕まえて能力の確認>ダメなら別のカートリッジで捕まえるか、リセットするしかありません。

幸い、これらのポケモンはシンボルに話しかけなければ戦闘にはならないため、
ロードした(つづきからはじめるを選んだ)場合に、すぐ話しかけられるようにレポートを書いておくと便利です。

また個体値と同じくらい重要なせいかくも、とくせいのシンクロを持ったポケモンを先頭にすることで(ひんしでも可)
これらの固定系のポケモンが、とくせいがシンクロであるポケモンと同じせいかくになりやすくなります(4%>50%ぐらい?)。

HPとすばやさだけは、「がむしゃら、ちきゅうなげ、ナイトヘッド、いたみわけ、行動順」などで戦闘中にも大まかに調べられるので
HPとすばやさに採用する目標の数値があれば、活用すると時間の短縮になることもあります。

ちなみに、HP1かつ「ねむり」の状態でも非常に捕まりにくいため、
マスターボールで捕獲して「再開>能力の確認>ダメな時はリセット」の時間を短縮するのが一般的です。

徘徊系

  • 主な徘徊系
  • ダイヤモンドパールプラチナ
  • ハートゴールドソウルシルバー

カートリッジ一つにつき、一匹しか出現しないのは固定系と同じですが
個体値、せいかくの決定のタイミングが異なり(そのポケモンと初めて戦闘外で遭遇して、各地を徘徊するようになった時)と遭遇までにかかる時間が固定系とは段違いなので、固定系よりも個体値の高いポケモンを探しにくくなっています。

また、シンクロを活用することができないのも、厳選のしにくさに大きくつながっています。
それ以外は固定系と同様なので上記の記述を参考にしてください。

配布系

ダークライシェイミ、「さいきょうポケモン」等
配布している期間、配布されている場所に、
DSとふしぎなおくりものを受け取る準備のできたダイヤモンド・パールのソフトを持って行くことで
ふしぎなカードとして受け取る準備ができます。

実際にゲームの中で受け取る際には、
フレンドリィショップの緑色の服を着た配達員に話しかけることで受け取ることができます。
「配達員から受け取った時点で個体値が決定される」ので、目的以上の個体値でない場合は
リセットすることで厳選が可能です。

一部のポケモンはせいかく、性別が固定されていますが、
それ以外のポケモンはせいかく、性別も厳選することもできます。
また、おやは専用のなまえ、IDになっており、
一部通常では覚えられないわざを持っていたり、通常手に入らないLvだったりするポケモンもいます。

その他

メタモンアンノーン
数に限りがなく捕まえやすいため、乱獲してから後で選ぶ方法が簡単です。
固定系と同様に、目的のせいかくのシンクロもちを先頭にしてから捕獲できるようにしておくと便利です。

メタモンは捕獲しやすいポケモンに変身させると、捕獲しやすくなります。
アンノーンはカクレオンにめざめるパワーを受けさせることで、タイプをその場で判別できます。

メタモンはメタモン同士以外、タマゴを発見できるポケモンとなら
どのポケモンとでもタマゴが発見され、かわらずのいしの効果も受け付けるため、
「厳選をする場合は、まずメタモンを乱獲することから始めるのがよくお勧めされています」。

GBAからの転送(パルパークの利用)

まず、GBAからの転送を行えるポケモンで、かつタマゴの見つかるポケモンを厳選するときは、
DS版ではなくエメラルドバージョンを使うのも一つの選択肢になります。

エメラルドにはエメラルドループ(固定系を粘る時にとても不便な仕様)がありますが、
タマゴの見つかるポケモンの厳選に関連する部分はダイヤモンド・パールと仕様がほとんど同じなので、
ダイヤモンド・パールとほぼ同じように厳選が可能なのが理由です。

また、タマゴの見つからないポケモンのうち、メタモンに関しては
シンクロが野生ポケモンに効果を発揮するのがエメラルドバージョンだけなので
こちらもエメラルドバージョンを使った方が良いでしょう。

そのほかのタマゴの見つからない固定系・徘徊系のポケモンは、
もちろん対応したカートリッジを用意する必要があります。

エメラルドループについては、詳しくないけどこちらで。→種族値・個体値・努力値って何?/エメラルドループ

番外:旧作でのみできる技構成

個体値とはあまり関係がありませんが、DS版では不可能な技構成もあるため、
「そういった技構成のポケモンを使用する場合は、必然的にGBA、GCで厳選しなければなりません」。

DS版では覚えないわざの例として、
エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン・ポケモンXDでの「教え技」、
ポケモンXDの元ダークポケモンのXD技などがあります。

そしてそれらのポケモンを♂親にすることでのみできる、ダイヤモンド・パールでの技遺伝経路
(例:りゅうのまい、れいとうパンチを覚えたカイリューを♂親にしたワニノコなど)も存在します。
(ただし、これはプラチナバージョンの発売でDSで孵したミニリュウでも可能になりました。)

それ以外でも、多くのポケモンはわざを覚えるレベルが異なっているため、
対戦のルールでレベルを制限されている場合には、パルパークを経由したポケモンである必要があります。
(例:50レベル制限のバトルで、サンダースのこうそくいどうを使いたい場合など)

XD技については、こちらで。
ポケモンXD専用技

番外:とくせいの変化

これも個体値とは関係ありませんが、とくせいがDS版から2種類に増えたポケモンは
「送った際に変化はしませんが、進化することによってランダムでどちらかになる」ことにも注意しましょう。
(例:タッツーをパルパークでDS版に送ると、
 進化後にすいすいのままの場合も、スナイパーになる場合もある。)

例外として、前から特性が二つあるポケモンでも、ポケモンXDで捕獲したポケモンは
「DS版で進化することによって、再びどちらになるかの判定が行われます」。
(例:ポケモンXDで捕まえたトゲピーをパルパークでDS版に送ると、
 進化前にてんのめぐみだったとくせいが、てんのめぐみのままの場合もはりきりになる場合もある。)


そのため前述の「DS版では不可能な技構成」と組み合わせる場合には、運が必要となります。
(例:教え技でタマゴうみ、すてみタックルなどを覚えたピィを とくせいがマジックガードのピクシーにしたい場合。
 ポケモンXDでトライアタック、てだすけを覚えたトゲピーを とくせいがてんのめぐみのトゲキッスにしたい場合。)

個性について


ポケモンには個性があります。
食べるのが好きとか、力が自慢などさまざまです。
実は個性にはある法則があり、
これで個体値を調べる時の大まかな見通しが出来ます。

これは表の方が分かりやすいでしょう。

+ 個性一覧表
これを見てのとおり、一番個体値の高い能力の1の位の数で決まります。
一番高い個体値の能力が二つ以上ある場合は、ランダムです。
個体値の中で一番高いのは31のため、ひるねをよくする、あばれるのがすき、うたれづよい、
イタズラがすき、ちょっぴりみえっぱり、ものおとにびんかんが優先されがちです。
ですが、これを知っていると個体値判別の手間を省けるので便利です。

厳選難易度の高いポケモン

GBAからの転送の必要なポケモンの一部と、徘徊系の厳選の難しいポケモンについては
以下が参考になるでしょう。
厳選難易度の高いポケモン


番外・限定ポケモン等の詳細について

限定ポケモンや各ソフトの利点等についてはこちらで
DSポケモンをフルに遊ぶには?

ハートゴールド・ソウルシルバーでの新要素

ハートゴールド・ソウルシルバーではタマゴについての新要素が追加されたり、仕様が変更されました。

  • 前作まではHPと防御の個体値が遺伝しにくかったですが、HGSSではどの個体値も同じ確率で遺伝します。
  • パワー系アイテムを持たせると、持たせた親の道具に対応する個体値が遺伝します。
例)素早さ個体値31のピカチュウ♂にパワーアンクルを持たせ、何も持たせてないピカチュウ♀と一緒に預けると
 すべてのピカチュウに素早さ個体値31が遺伝されます。
※ただし両親ともにパワー系アイテムを持たせても♂の個体値しか遺伝しません。
  • 前作までは性格遺伝は♀のみでしたが、HGSSでは♂に持たせても性格遺伝ができます。
  • ジャッジマンに最高の個体値が複数あるポケモンを見せた時、前作まではステータスをランダムに言われてましたが、
    HGSSではHP→攻撃→防御→素早さ→特攻→特防の順に鑑定します。(ジャッジマンのいう言葉はプラチナ版と同じです)
  • ボタン操作が「通常」・「L=A」のみになったため上記の「ある特殊なテクニック」が使えなくなりました。
  • ステータスを表示するとき、ステータスの色に性格補正が反映されます。(上昇補正だと赤っぽく、下降補正だと青っぽくなります)
    よって、性格を見ずにどれに補正がかかっているのかが分かるようになりました。
また、HGSSでエンテイ・スイクン・ライコウなどの伝説ポケモンが手に入るので旧作を買わなくてもこれらのポケモンが手に入ります。
厳選難易度も大体は下がっています。
詳しくはHGSSまとめwikiを参照