7月23日現在、画像が正常に表示されない場合がございます。その場合、お手数ですがIE(Internet Explorer)で閲覧していただくと正常に画像が表示されます。





















最新情報はTwitterで

Top > なん実V編 > ブロードバンド回線 / 2009年05月30日 (土) 13時38分16秒

カテゴリ ページ名 ニコ生用 ニコ動用 YouTube用 なん実用
なん実V編 ブロードバンド回線 × × ×



  • このページでは、配信に必要な 回線速度 について解説しています。 ニコ生用の解説記事ではありません。

目次


実況に必要な回線速度



  • いちおう参考までに。
    • bps= bit per second
    • 1Mbps=1,000kbps
    • 1 Byte =8bit

収容可能人数


  • 収容可能人数は、実況配信をするうえでとても重要です。ここで 収容可能人数 とは、動画を配信する人のPCに接続可能な人数のことをいいます。基本的に、上りの回線速度が速ければ速いほど、より多くの人に動画を視聴してもらうことができます。たとえば、ADSL回線で上りの回線速度が1MbpsのAさんと、光回線で上りの回線速度が3MbpsのBさんが同じ動画を配信したとします。この場合、Bさんのほうがたくさんの人に動画を見てもらうことができるということになります。

  • ただし、いまの例では両者がまったく同じ品質の動画を配信したことを前提にしていますが、かりにAさんがBさんよりも少し画質・音質の劣る動画を配信したとします。この場合、収容可能人数はAさんのほうが多くなるという場合がありえます。なぜなら、 収容可能人数は、配信者の上りの回線速度と動画の品質との関係で決まる ものだからです。つまり、たとえ回線速度が速い人であっても、高品質の動画を配信しようとすれば収容可能人数は減少しますし、たとえ回線速度が遅い人であっても、低品質の動画を配信すれば収容可能人数は増大するということです。

  • 収容可能人数は、回線の混雑なども考慮して (上りの回線速度÷配信ビットレート)×0.6ないし0.7 で計算してください。ビットレートという用語が新しく登場しましたが、これは動画の品質を決める概念です。詳細はWMEで後述します。

回線速度がたりない場合



その他



関連ページ





Top > なん実V編 > ブロードバンド回線 / 2009年05月30日 (土) 13時38分16秒





| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー