最新情報はTwitterで

トップ > ニコ生カテゴリ > Skypeの利用 / 2016年01月15日 (金) 19時14分19秒

ニコ動 YouTube ニコ生 ライブ配信

録画時にSkypeの通話音声を入れる方法については、Skypeの利用2をご覧ください。



  • このページでは、 ニコニコ生放送などのライブ配信において、Skypeの通話音声を視聴者に配信するための方法 について解説しています。すでに問題なくBGMとマイクの音をミックスして配信できていることを前提とした解説です。まだ配信を行ったことがない場合は、以下の解説を読む必要はありません。


  • Skypeの通話音声を流す方法は、PCで再生している音とマイクの音をミックスして配信する設定さえできていれば簡単です。基本的な設定は通常の配信のときと変わりません。なぜなら、 Skypeの通話音声もBGMと同じで、PCで再生している音 だからです。つまり、配信でBGMとマイクの音を同時に流したことがあるということは、Skypeの通話音声とマイクの音を同時に流せるということと同義です。

目次



ヘッドフォンを着用しよう


  • スピーカーから音を出していると、その音をマイクが拾ってしまい、エコーやハウリングが起きることがあります。そうすると、Skypeの通話相手や視聴者に音が二重に聞こえたり、あるいは耳をつんざくようなノイズが発生する場合があります。そこで、エコーやハウリングを防止するために ヘッドフォンを接続しましょう


  • ノートPCおよび液晶一体型デスクトップPCの場合は、ヘッドフォン出力端子にヘッドフォンを接続します。デスクトップPCで外付けスピーカーを使用している場合は、スピーカーの電源を切ってPCにヘッドフォンを接続します。ほかにもPCの環境によりいろいろなパターンが考えられますが、いずれにせよ ヘッドフォンを接続してスピーカーから音を出さないようにすることが重要 です。

  • もしヘッドフォンを使用したくない場合は、スピーカーとマイクの距離を離し、スピーカーにマイクを向けないようにしてください。また、スピーカーの音量を下げます。


Windowsのサウンド設定を変更しよう


  • 既定の通信デバイス が機能している状態だと、Skypeで音声通話を開始したさいに 通話相手以外の音声のボリュームが自動的に変更 されてしまいます。棒読みちゃんの音声などもそうです。そこで、既定の通信デバイスが作動しないように設定変更します。

  1. 画面右下のを右クリックする。
  2. 「再生デバイス」または「録音デバイス」を選択する(どちらでもよい)。
  3. 「通信」タブ を開く。
  4. 何もしない 」を選択する。
  5. 「OK」をクリックする。



Skypeの音量自動調整機能をOFFにしよう


  • Skypeで「通話」→「オーディオ設定」の順にクリックし、 「マイク設定を自動調整」をOFFにします 。同項目がONのままだと音量が自動調整され、通話相手がこちらのマイクの音を聞き取りづらくなることがあります。「マイク」の「音量」は、通話相手に送信するマイク音声のボリュームのことです。スライダーを右に動かして音量を最大にしておきましょう。


  • つぎに、「マイク設定を自動調整」のすぐ下にある 「スピーカー設定を自動調節」もOFFにしておきます 。配信中に通話相手の音量が自動的に調整されて、音量バランスが崩れるのを防止するためです。 「スピーカー」の「音量」は通話相手のマイク音量のこと であり、配信に直接影響するので重要です。スライダーは中央に動かして様子を見ましょう。



Skypeのオーディオ設定で「マイク」を選択しよう


  • Skypeで「通話」→「オーディオ設定」の順にクリックし、「マイク」で 「マイク」を選択 します *1 。このように設定することで、通話相手にこちらのマイク音声だけを送ることができます。したがって、 PCで音楽を再生しても通話相手には聞こえませんマイク音声のみが通話相手に聞こえるようにするための設定 だからです *2


  • どうしても音楽などを通話相手に聞かせたい場合は、「マイク」で「ステレオ ミキサー」を選び、Windowsの再生デバイスでマイクミュートを解除すればBGMとマイク音声を同時に通話相手に聞いてもらうことは可能です *3 。ステレオミキサーについての詳細は、ステレオミキサーの基礎をご覧ください。


通話相手に設定変更してもらおう


  • 通話相手がこちらの配信を視聴している場合、 通話相手にはニコニコ生放送の再生画面のスピーカーをミュートにしてもらいます 。配信でハウリングやエコーが発生するのを防止するためです。通話相手はSkypeを通じてこちらの声(マイク音声)を聞くことができるので、再生画面のスピーカーをミュートにしてもらっても問題はありません。


  • もしハウリングやエコーが収まらない場合は、通話相手にPCのスピーカーのボリュームを下げてもらうか、またはPCにヘッドフォンを接続してもらうようにしてください(上述)。

  • 通話相手のマイク音量が自動調整されて安定しない場合は、通話相手に「マイク設定を自動調整」をOFFにしてもらいます(上述)。そして、音量を最大にしてもらいます。


配信ソフトで音声設定しよう


  • 準備は以上で終了です。配信ソフトの設定はいつもどおりです。通話相手の音声は、こちら側からするとPCで再生している音声です。したがって、 BGMを配信できる設定ならば、通話相手の声を配信できます 。参考までに各配信ソフトでの音声設定を見ておきましょう。

かんたん配信


  • ニコニコ生放送の「かんたん配信」の場合は、「かんたん配信」タブの「音声」で「ステレオ ミキサー」を選択します。そして、Windowsの再生デバイスでマイクミュート解除機能の設定をします。

        詳細は、ステレオミキサーの基礎を参照


NLE


  • NLEの場合は、以下のように設定します。

  1. 「音声設定」の右横にチェックが入っていることを確認する。
  2. 「デバイス」で「マイク」を選択する。
  3. 「スピーカーキャプチャ設定(Vista以降)」にチェックを入れる。


OBS


  • OBSの場合は、以下のように設定します。

  1. 「設定」→「サウンド」の順にクリックする。
  2. 「デスクトップサウンドデバイス」が「既定」になっていることを確認する。
  3. 「マイク/他のサウンドデバイス」で 「マイク」を選択 する。
  4. 「OK」をクリックする。

XSplit


  • XSplitの場合は、以下のように設定します。

  1. 「ツール」→「一般設定」の順にクリックする。
  2. 「オーディオ」タブを開く。
  3. 「マイク」で「マイク」を選択する。
  4. 「OK」をクリックする。

FME


  • FMEの場合は以下のように設定します。

        詳細は、ステレオミキサーの基礎を参照

  1. 「Audio」にチェックを入れる。
  2. 「ステレオ ミキサー」を選択する。
  3. Windowsの再生デバイスでマイクミュートを解除する。


音量調整の方法


自分の声


  • 配信で流す自分のマイク音声のボリュームは、通常どおりの方法で調整します。マイク音量が小さい場合は、 こちら をご覧ください。

  • Skypeの「通話」→「オーディオ設定」にある「マイク」の「音量」は、調整しても配信には影響しません。この設定は Skypeの通話相手にだけ影響 します。

通話相手の声


  • 通話相手のマイク音量を調整するには、Skypeの「通話」→「オーディオ設定」にある「 スピーカー 」を調整します。



関連ページ


  • このページと関連性の強いページは以下のとおりです。

ページ名 内容
実況用PCマイク マイクの選び方、設定方法



トップ > ニコ生カテゴリ > Skypeの利用 / 2016年01月15日 (金) 19時14分19秒


名前:
コメント:




*1 「マイク」が表示されていない場合は、まずSkypeを閉じます。つぎに、PCの画面右下にあるスピーカーアイコンを右クリックし、「録音デバイス」を選択します。そして、表示されたウィンドウで右クリックして、「無効なデバイスの表示」をクリックして同項目にチェックを入れてください。そのうえで、「マイク」上で右クリックして「有効」を選択します。最後にSkypeを起動すれば、「マイク」に「マイク」が表示されます。

*2 Skypeは音声通話が目的であるため、PCで再生している音声を聞いてもらうことは通常ありません。そのため、「マイク」で「マイク」を選べばよいのです。

*3 ただ、ひょっとしたら通話相手が不快な思いをする可能性があるかもしれません。ステレオミキサー機能を使用している状態(「マイク」で「ステレオ ミキサー」を選択している状態)というのは、PCで再生している音声をすべて通話相手に送信している状態です。通話相手の音声もPCで再生している音声のひとつです。したがって、 通話相手の音声をステレオミキサー機能によってそのまま相手に送ってしまうことになるわけです。つまり相手側からすれば、自身の声が時間差でSkypeを通して聞こえてくることになります。とはいえ、必ずしもこのような症状が起こるわけではありません。もし通話相手に「音がおかしい」といわれたら、「マイク」で「ステレオ ミキサー」を選ぶのはやめましょう。




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー