@vipdeshosinsha
最新情報はTwitterで


Top > なん実V編 > パソコン / 2010年01月03日 (日) 08時50分18秒

カテゴリ ページ名 ニコ生用 ニコ動用 YouTube用 なん実用
なん実V編 パソコン × × ×



  • このページでは、 配信に必要なPCのスペック について解説しています。ニコ生用の解説ページではありません。

目次



実況するために必要なPCのスペック


  • 目安で、最低 Pentium 4 1.5GHz以上、メモリ512MB以上 が必要です。2009年8月現在、おもに以下のようなCPUがPCに搭載されて販売されています。シングルコアのCeleronやAtomだと厳しいですが、無理というわけではありません。
    • Core i7
    • Core i5
    • Core 2 Quad
    • Core 2 Duo
    • Celeron
    • Atom
    • Phenom
    • Athlon X2

  • OSは、 Windows 2000Windows XPWindows VistaWindows 7 のいずれかであることが必要です。

  • PCゲーム を1台のPCで配信する場合は、ハイスペックなマシンであることが要求されます。とくにPCの3Dゲームとなると、かなりのスペックが必要です。

PCのスペックの調べ方


  • PCのスペック は、Windows XPならば「スタート」→「ファイル名を指定して実行」→「 dxdiag 」と入力→「OK」をクリックすることで調べることができます。Windows Vistaの場合は、「スタート」をクリックして検索ボックスに「 dxdiag 」と入力し、「Enter」キーを押します。PCを構成するパーツについての解説は、PCハードウェア 初心者の館がたいへんわかりやすいです。

「システム」タブ


  • 「オペレーティングシステム」では OSの種類 が、「プロセッサ」では CPUの種類 が、「メモリ」では メモリの容量 がわかります。

「ディスプレイ」タブ


  • 「名前」では グラフィックボード (グラフィックチップ)の種類がわかります。

「サウンド」タブ


  • 「名前」では サウンドボード (サウンドチップ)の種類がわかります。

CPUの負荷


  • タスクマネージャ を見ることで、CPUの負荷を調べることができます。実況配信をすると CPUの負荷は増大 します。CPUに負荷がかかりすぎると、映像が紙芝居のようにカクカクした状態になったり、音声が途切れたりします。そこで、CPU負荷に注意する必要があるのです。

  • タスクマネージャは、タスクバー(画面最下部のバー)上のなにもないところで右クリックし、「タスクマネージャ」→「パフォーマンス」タブの順にクリックすることで開けます。「 CPU使用率 」を見てください。キーボードのCtrlキーとAltキーを押しながらDeleteキーを押して「パフォーマンス」タブをクリックすることでも、タスクマネージャを開けます。

補足


  • PCのスペックは、「スタート」→「マイコンピュータ」で右クリック→「プロパティ」→「全般」タブでも確認できます。

  • 2台のPC を使用して実況すれば、1台のPCにかかる負担は軽くなります。やり方は、外部サイトのPCゲーム実況@wikiの「2PC配信」を参照してください。

関連ページ





Top > なん実V編 > パソコン / 2010年01月03日 (日) 08時50分18秒






| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー | トラックバック