日教組の正体

日教組の正体 日教組の正体2

反日教育のご本尊。やっていることがまるでヤクザのような集団




<目次>



■日教組の正体 ~概要~


  • 左翼・反日・自虐史観
  • ゆとり教育などによって日本の教育を崩壊
  • あまりにも酷すぎる異常な性教育
  • 自分たちのイデオロギーに反する者は、圧力によって自殺に追い込む
  • 子供達のためと謳いながら組織を挙げた募金詐欺活動で自分達の行動資金を確保
  • 過激派・部落・北朝鮮などの反日・犯罪勢力と癒着
  • 民主党(過去には旧社会党)の支持母体
  • 反日マスコミと結託

日教組 徹底研究 1/5 日教組 徹底研究 2/5
日教組 徹底研究 3/5 日教組 徹底研究 4/5

動画の概要を書き起こしたものは
ぼやきくっくり 再録「報道特集」日教組徹底研究

日本教職員組合(にほんきょうしょくいんくみあい)は、
日本の教員・学校職員による労働組合の連合体。
略称は、日教組(にっきょうそ)。
教員労働組合連合体としては日本最大である。
日本労働組合総連合会加盟。
組織の形態は法人格のない社団。

<参考>
日本教職員組合(wikipedia)
日教組 徹底研究 5/5

■日教組とは何か


日教組(にっきょうそ)というのは、日本教職員組合の略で、
日本最大の教職員労働組合である。

これは民主党の支持団体で、合法的に多額の『献金』を行っている。
また、日教組の教師のほとんどは理念的には民主党、共産党、社民党を支持すると言われている(正確には全教が共産党系列だが現場ではほぼ同一視されている)。
日教組は基本的には左翼寄りで、中国を有利にする働きを持っている。

民主党についてはここでは省略するが、先ほどの朝日新聞のあたりを参考にして頂きたい。極端に簡単に言えば『中国寄り』という意味である。

この日教組というものは、その名の通り『日本の教育』に大きな影響力を持っているのだが、どのような方針を持っているのだろうか。

まず、日教組の『教師の倫理要綱』に「我々は科学的真理(マルクス主義)に従って行動する」とあるように、組合思想の根本には旧ソ連を理想とするマルクス主義(階級闘争イデオロギー)がある。
しかも、そのマルクス主義とは国際共産党組織から出された指令に沿い、資本主義に対立する概念としての社会主義思想ではなく「資本主義社会を打倒して社会主義国家を樹立するための革命理念」という側面が強い。

事象例を挙げると、日教組による「過去の日本を卑しめる偏向教育」は戦後生れの人々を「反日日本人」に仕立て上げている。
国家に反逆するのが当たり前で、悪である国は何が何でも潰すべし、という誤った価値観で1960年代、全学連による学生運動が盛り上がった。
そしてそれを理念も知らぬまま「古き良き時代」として肯定している。

これらをできるだけ単純化して箇条書きすると、

  • 資本主義に対する革命思想である。
  • 日本(資本主義)が中国やソ連の国家体制を脅かさぬよう教育、誘導する。
  • 日本国内において日本を弱体化させ、可能なら社会主義国家にする。
  • 国家権力と敵対することを是とする。
  • 自虐史観、東京裁判史観を是とする。
  • 教育現場で間接的に特定の政党を支持する(教育基本法8条2項で禁じられている)

もっと簡単に例示すると、

  • 「日本を愛する」と言うと、それを右翼的だとし『視野の狭いナショナリズム』と言い換える。
  • 「親や先祖、先人を尊敬する」と言うと、それを短絡的だとし『右翼的で歴史から目を逸らしている』と言う。
  • 「国旗・国歌・靖国をどう思うかは自分で判断する」と言うと、それを馬鹿にし『暗に、日本は尊敬できる国ではない』と自虐を推奨する。
  • 「慰安婦の問題は解決した」と言うと、合法な上に解決済みなのを隠して、『反省しない日本の対応に被害者は今も苦しんでる』と嘘をつく。
  • 「東京裁判は間違っていた」と言うと、歴史を否定するな、と論理を摩り替え『罪を認めないのは恥ずかしいこと』と教育する。

日本人なら皆、どこかで聞いたことがあるのではないかと思う。

『自虐史観教育、東京裁判史観教育、亡国教育、反日教育』を推進し、中国の都合がいいように教育し、戦争というものの二面性を正しく教えない。
我々の親とその親の世代からの徹底した教育で、常識とされてしまっている。その点でいえば日本は韓国を笑えない。

ただ、「歴史が歪められている」という意味において日本と韓国は同じだとしても、韓国が私利私欲のために自国の歴史を「恥から栄光に」捏造したのに対して、
日本の場合は他国からの捏造工作を受けて「栄光から恥」に歴史認識を誤誘導させられたという経緯と内容に違いがあることは認識しておくべきである。

■GHQによる日本弱体化目的の組織

長尾誠夫 高校教師・作家 WiLL12月号
大東亜戦争(太平洋戦争)敗戦後、GHQは日本の民主化という名目のもとに様々な政策を実施する。
明治憲法の抹消、修身や教育勅語の廃止、東京裁判による日本罪悪史観の注入等がそれである。
日の丸・君が代の禁止もその中に含まれていた。
これらは、戦前の軍国主義を一掃するためというより、 愛国心やモラルを剥奪することによって日本人を骨抜きにし、日本を弱体化させるため であった。
アメリカは、日本の参戦によって欧米列強がアジアに築いた植民地や権益を奪い取られたことを恨み、また蔑視の対象であった東洋の小国が大国アメリカを敵に回して果敢に戦ったことを恐れ、 日本が二度と脅威とならないよう徹底的な「精神的武装解除」をおこなった のである。
更に、GHQは民主主義を啓蒙するために、社会主義者の活動を許し、教員の政治団体や組合結成を奨励した。
後にGHQはこれを後悔してアカ狩りに転じるのだが、まだ庇護の対象であった社会主義者はGHQの後ろ盾を得て、猛烈な勢いで情宣活動を開始する。
こうした動きの中で、日本教職員組合が結成される。
昭和27年に設けられた「教師の倫理綱領」には「 教師は科学的真理に基づいて行動する 」という項目があったが、この 科学的真理とはマルクス主義を表していた。
日教組は創設当時から 天皇制、日本政府打倒 を掲げて、階級闘争的イデオロギーによる教育活動を目指していたのである。

■日教組初代代表=羽仁五郎(マルクス主義歴史家、革新系参議院議員)

1945年12月の連合国軍最高司令官総司令部(SCAP)の指令に基づき、全教(全日本教員組合)・教全連(教員組合全国同盟)などの教員組合が発足。
日本国憲法の公布(1946年11月)/施行(1947年5月)・教育基本法制定(1947年3月)に呼応して、全教・教全連などが、1947(昭和22)年6月、日本国憲法/教育基本法の理念普及と、階級闘争を運動方針とする統一的な教員組合として日教組を結成。マルクス主義歴史学者の羽仁五郎が代表に就任。 ⇒ 参考 GHQの占領政策と影響 
階級闘争 」「 抵抗教育 」「 革命運動 」を実践し、 日本の国号と天皇・日の丸・君が代への反対運動 を行う。
学童/学生に「 平和教育 」を施し、 自虐史観 を刷り込む。
「広く全日本および全世界の労働者農民諸君と手をたずさえて我国に残存するあらゆる悪秩序と闘い、これを徹底的に打破して、豊かな民主主義教育・文化の建設に邁進することを厳粛に誓う」(1947年、日教組結成大会での宣言)

「一人々々の組合員が 自らのプチブル的傾向を脱皮し教育界に温存されている封建的残滓を打破して階級的立場を明確にし、分会、地区、府県、地域、中央へと日常闘争を進める ことによって初めて日教組の組織は強化されるのである」(1949年、日教組第五回定期大会の運動方針)

「日本教職員組合の運動方針には『 教育労働者として階級的立場を明らかにして闘う 』と書いてありますが、われわれはそのように、日本の貧しい人々、つまり、労働者の側に立って、日本の横暴な資産階級のわがままと闘うのであります」(1953年、日教組のパンフレット『新しく教師となった人々に』)
日教組が発足する前年の1946年から約十年間は、過激な自虐贖罪教育が行われた時期で、この期間に学童/学生期間を過ごした者は、現在に至るも非常に偏った反日的思想傾向を持つとされる。
自社55年体制がスタートした、1955(昭和30)年頃から教育正常化運動が始まり、ようやく日教組の横暴に歯止めがかかったが、その影響力は現代に至るまで長く続いている。

羽仁五郎・初代日教組代表について詳しく知りたい方は ⇒  国立国会図書館法改正案の正体  へ


■組織を挙げて募金詐欺という犯罪行為を犯す教育者の集団

1/52/53/54/55/5

就学が困難な子どもの救済を謳い「あしなが育英会」への寄付を名目に日教組は各地で街頭募金を行いました。
ところが、日教組は集まった善意の募金1億7600万円あまりのうち、1億円を 子どもの救済とは何の関係もない 日本労働組合総連合会(連合)に寄付したのです。
さらにその1億円から日教組に対して助成金として3700万円あまりが支給され (日教組にキックバックされ) 、徳島県教組は「テロ組織朝鮮総連の直接支配下にある朝鮮学校への支援金」として150万円を受け取り、県内の朝鮮学校に寄付するに至りました。
これは人の善意を踏みにじる募金詐欺と言わざるを得ない卑劣な犯罪行為であります。   
しかもたいへん信じ難いことに、この犯罪集団は家庭訪問と称して、各家庭を回って募金を集めていたことが判明しました。
これは脅迫行為となんら変わりありません。もはや募金というよりは、カツアゲといった方が妥当でしょう。
Doronpaの独り言クリスタル・ピープルおつるの秘密日記 酒と薔薇と愛の日々 参照ブログ)

あしなが育英会に募金したつもりが、実際は極悪日教組にカンパしていたということです。





組織的にやってる日教組の募金詐欺犯罪は全国規模!?


日教組はその組織力を最大限に利用、子供をエサに何も知らない親たちから募金サギを行っている。募金サギで何をやっているか?
自分達の行動資金確保である。そして心のふるさと=朝鮮学校つまり朝鮮総連(=北朝鮮)にまで募金を流用している。
聖職という教師の仮面をかぶったサギ集団である。日教組の金バッチ組のやりたい放題はいい加減にして欲しいものである。
金バッチはどうして手に入れるか?それは教師研修=一年間研修=北朝鮮研修。となるわけである。
同僚教師にも何処で研修しているかわからないようになっている。一年間の研修を終えたら必ず他校に異動するからである。
ギンギンのスパイになって帰国するのである(動画の説明文より)。


日教組の募金活動に疑問を持った方はお問い合わせしましょう
財団法人日本教育会館(日教組本部) ℡ 0332302831  東京都千代田区一ツ橋2-6-2

■勢力図





┌───┐┌───┐┌───┐┌───┬───┐┌────┐
│革労協││中核派├┤社学同├┤赤軍派│北朝鮮││街宣右翼│
└┬──┘└┬──┘└───┘└───┴┬──┘└─┬──┘
↓│┌─共闘┘  ┌───────────┘        │
┏┷┷━┓─→┌┴─┬──┬──┐┌────────┴────┐
┃日教組┠連携┤総連│民団│解同│→暴力団(6割が同和,3割が在日.)│
┗━┯━┛←─└──┴┬─┴┬┬┘└─────────────┘
↓支持団体──────┴──┘└─────────-┬─┐ 
┌─┴─┐        ┌───┐┌───-┐    ┌──↓─↓───┐
│民主党│←支持母体┤自治労││マスコミ.├広告┤パチンコ│.サラ金..│
└─┬─┘        └─┬─┘└───-┘    └────────┘
 前田雄吉─マルチ商法  国民の年金ウマー




■民主党の支持母体


日教組は民主党の最大の支持母体です。
また、日教組の関係者は民主党内に多数潜入しています。

日本民主教育政治連盟所属議員

日本民主教育政治連盟とは、日教組の政治組織です。
氏名(売国列伝)
選挙区 Wikipedia 主な売国実績
(主導者は★印、準主導者は●印が付いています)
売国度
横路孝弘 (民主党) 北海道第1区 横路孝弘 外国人参政権推進
西山事件で毎日新聞社から外交機密を入手
昭和天皇ご大葬を欠席するも金日成の葬儀には参列
日本民主教育政治連盟(日教組)
★衆院副議長
SSS+
鉢呂吉雄 (民主党) 北海道第4区 鉢呂吉雄 外国人参政権推進
朝鮮半島問題研究会(日朝国交正常化)
日本民主教育政治連盟(日教組)
S
神本美恵子 (民主党) 比例区 神本美恵子 外国人参政権推進
日本民主教育政治連盟(日教組)
日教組教育文化局長、連合福岡女性委員長
輿石東 (民主党) 山梨県 輿石東 日本民主教育政治連盟(日教組)
山梨県教組委員長、山梨県教育研究所長、連合山梨議長
★民主党「次の内閣」副総理
SSS+
佐藤泰介 (民主党) 愛知選挙区 佐藤泰介 外国人参政権推進
日本民主教育政治連盟(日教組)
愛知県教組委員長
辻泰弘 (民主党) 兵庫選挙区 辻泰弘 - Wikipedia 外国人参政権推進
日本民主教育政治連盟(日教組)
連合経済産業局部長、連合会長秘書
那谷屋正義 (民主党) 比例区 那谷屋正義 外国人参政権推進
日本民主教育政治連盟(日教組)
日教組教育政策委員長
水岡俊一 (民主党) 兵庫選挙区 水岡俊一 外国人参政権推進
日本民主教育政治連盟(日教組)
兵庫県教組書記次長、兵庫県教育研究所副所長
近藤正道 (社会民主党) 新潟選挙区 近藤正道 日本民主教育政治連盟(日教組)
角田義一 (民主党の元議員) - 角田義一 ★朝鮮総連系から違法献金 S

民主党の正体については 民主党の正体 をご覧ください。
民主小林千代美議員への違法献金「北教祖」問題報道 2010年03月07日テレ朝(サンデープロジェクト)
特集「政治活動とカネ、日教組と日政連」
中村譲日教組委員長
テレ朝「組合組織が特定政党を支持する機関決定をしてよいいのか?」
中村譲日教組委員長「(組合員が)1人1人意思を持って組合員になっている組合ですから、外からとやかく言われる筋合いじゃない(中略)教育の営みに強制は一番遠い行為」
北海道現役教師「チラシ巻き、電話かけ、嫌な顔をする教師もいる、明らかに自主的じゃない、多数決という名の全体主義」
三重では
テレ朝「選挙が始まると何をしなければならないのか?」
三重教員組合員「紹介カードを提出する、集会に参加する」
テレ朝「日教組も三重教組も(政治活動は)個人運動で組織ではやっていないと言うが?」
三重教員組合員「違います、組織運動だと思います」
別の組合員「担任している子供の家に行き保護者におねがいすることもあったと思う」
三重教組「法令を遵守している」と組織関与を否定
2009年1月日教組新春のつどいにて民主輿石東「政権交代にも手を貸す『教育の政治的中立』はあり得ない」と発言
元山梨教組員は選挙運動だけでなくカンパも求められたと証言
テレ朝が教職員組合員の政治活動の是非を日教組に質問したとこ
日教組「地位利用の禁止などの一定の制限は必要ですが『個人としての』政治的行為まで禁止すべきではいと考える」


■部落解放同盟と癒着


日教組がなぜ反日自虐教育を公然と行うことができるかというと、それは部落解放同盟という用心棒がバックにいるからです。
部落解放同盟はヤクザと関わりが強く、元公安調査庁第二部長の菅沼光弘氏は 「日本のヤクザの60パーセントが同和(部落解放同盟)である」 と明言しています。
また、部落解放同盟は日本から言論の自由を奪う悪魔の法案 人権擁護法案を成立させようと推進 しています。
人権擁護法案の詳しい内容は 人権擁護法案の正体 をご覧ください。
そして、部落解放同盟は日教組と同じく 民主党の支持母体 です。
自民党が惨敗し、安倍晋三首相電撃退陣の一因となった今年7月の参院選で、 全国最大の指定暴力団「山口組」(本部・神戸市)が、傘下の直系組織に民主党を支援するよう通達を出していた ことが11日、関係者らの証言でわかった。
部落解放同盟については 部落問題 をご覧ください。

■北朝鮮・朝鮮学校と癒着

#include plugin Error : 指定されたページはございません。

事あるたびに人権を叫ぶ日教組が、教え子たちに拉致事件にはなぜ口を閉ざすのか。
拭いきれない北朝鮮と日教組との癒着に行き着く。
(省略)
日教組の川上委員長は北朝鮮に出向き今後も日教組と北朝鮮教育総同盟との交流促進を確認した。
その際、 食糧支援と称して100万円を職業総同盟委員長に手渡している。
教職員の「組合費」から捻出した北朝鮮への献金といって良い。
(省略)
三重県教組第35回大会の会計報告で、 北朝鮮への支援団体「日朝県民会議」へ、正式に資金提供を継続 していることが分かった。
(省略)
県は毎年、組合の要求で 朝鮮学校に230万円の税金を支出 している。
不審に思った市民が、住民監査を要求したがなぜか不受理となっている。
県民の不信をよそに、三重県教組は引き続き朝鮮学校への230万円の補助金の要求をしている。

北朝鮮から勲章授与された槙枝元日教組委員長(阿比留瑠比氏blog)
この人は、 日教組の委員長を12年間も務めた その世界では有名人ですが、現在の知名度はどうなのでしょうか。いろいろなエピソードがありますが、とにかく 北朝鮮のことが大好きだった ようで、1974年の著書「チュチェの目、朝鮮を訪ねて」の中で、次のように書いています。
《この国には泥棒がいない。泥棒とは、富の片寄ったところに発生する。この国には、泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから、警察官もいない》
ある時期、北朝鮮をユートピアであるかのように礼賛した人々がいたようですが、その典型的な1人だったのかもしれません。 1991年には、北朝鮮から「親善勲章第1級」も授与されています。 まあ、日教組の関係団体には、 日本教職員チュチェ思想研究会連絡協議会 などというところもありますしね。槙枝氏は、わずか5年前の2002年2月には、「金正日総書記誕生60周年祝賀」に寄せて、こんな文章も書いています。
《わたしは訪朝して以降、 『世界のなかで尊敬する人は誰ですか』と聞かれると、真っ先に金日成主席の名前をあげる ことにしています。(中略)主席に直接お会いし、朝鮮人民が心から敬愛し、父とあおぐにふさわしい人であることを確信したからでした》(「キムイルソン主義研究」第100号)
拉致事件のことなどは、まったく頭になかったのでしょうね。なんだかなあ、という感じです。…話がずれましたが、私が槙枝氏にインタビューしたのは1995年8月11日のことでした。当時、 村山政権下で日教組と文部省が歩み寄り 、日教組執行部が「日の丸・君が代強制反対の棚上げ」「学習指導要領の是認」などの運動方針を打ち出していたので、果たして日教組は変わるのかについて見解を聞いたのです。結果は、まあ国会開会中の国会前に座り込んでいる教育労働者の姿を見れば分かることですが。
ミスター日教組、槙枝元文氏と北朝鮮の関係(阿比留瑠比氏blog)

■ 法律で禁止されている選挙運動を行う

 「教師がこんなことをやっちゃダメだってことは、本当は分かっている」

 北海道教職員組合(北教組)に所属する札幌市近郊の自治体の男性中学教師は、自分が今回の衆院選に向けてやっている「選挙運動」について、こうつぶやく。渡された名簿に無作為で電話をかけ、民主党系の特定候補への支持を訴える電話作戦。近所へのビラ配り。指示は連合の選挙事務所から来るという。
(中略)
 教員の選挙運動は公職選挙法と教育公務員特例法で禁じられている。文部科学省は7月22日、「教職員等の選挙運動の禁止等について」とする局長通知を全国の教育委員会に出した。国政選挙前の恒例の通知だが、この「禁止」は長い間、組合教師によって有名無実化されてきた。
(中略)
 道内の公立中学校長の男性は「今でも組合の組織率が高い一部の学校では、学校の電話やファクス、コピー機、プリンターなどを自由に使い、選挙運動用の文書作成や、やりとりをしている」と実態を指摘する。
(中略)
 昨年11月、北教組は「改悪学習指導要領に対峙(たいじ)するために」と題した資料を各学校に配布した。副題は「『国家のための教育』は許さない!」。社会科の項目では「『国を愛する心情を育てる』は論外」などと学習指導要領を批判。北方領土については「日本固有の領土式の観点ではなく、アイヌ民族や戦争との関係でとらえさえて考えさせる」としている。
 同年12月に配られた職場討議資料では、指導要領が道徳で「約束や社会のきまりを守る」ことを重視していることを取り上げ、「『国家に従順な人づくり』をめざす戦前の教育回帰」と批判。「文科省の道徳教育は内面の自由を侵害する」が組合の立場だ。
(中略)
 麻生太郎首相は選挙戦で、民主党本部に国旗が掲げられていないことを批判し、「日教組の影響を受けている」と指摘した。冒頭の教師は「自民党は教員に厳しい。(反対闘争をしてきた)日の丸、君が代でも国にやられっぱなしだ」と嘆く。
(後略)



■過激派が支援


過激派

過激派 闘争

中核、革マル、全学連に応援されてる日教組 (阿比留瑠比)
教育基本法改正案の委員会採決が近いとあって、きょうの国会前は全国から座り込みにやってきた労組のみなさんで大混雑です。
(省略)
それで私は、いつものように来るビラは拒まず、の姿勢で数種類のビラを受け取ったのですが、きょうはあることに気づきました。それは、 日教組って、中核派、革マル、全学連に期待され、応援されている んだなあということです。シンパシーを寄せられているというか。
例えば、 中核派が配っていたビラ は、「闘う日教組の再生を今こそ」との見出しをつけて、次のように書いています。
「教育労働者の階級的潮流を軸にして、 闘う日教組を再生させ、30万組合員が団結して闘えば、教育基本法改悪策動は根底から吹き飛ぶ。 参院での教基法改悪阻止闘争を衆院段階を数倍、数十倍する闘いに押し上げよう」
階級的潮流って意味が分かりませんが、日教組にもっとやれやれとたきつけているようですね。次に革マルを見てみます。 革マルのビラ は、日教組や全教の本部について「やる気がない」と糾弾し、一般組合員に立ち上がれと呼びかけています。
「この決定的瞬間に、国会前座りこみ闘争を放棄したのが日教組本部=森越執行部であり、この闘争に一般組合員をまったく組織していないのが全教本部=石元執行部だ。 日教組本部や全教本部のこの世紀の大裏切り=闘争放棄を弾劾せよ!
(省略)
次に 全学連のビラ を見てみると、日教組などによる座り込みを礼賛し、「『政治活動にかかわる教員が学校の崩壊を招いた』とかと言いなすのは、まさに許しがたいデマゴギーでしかない」として、次のように書いています。
(安倍政権は) 国会前座り込み闘争を連日くり広げている 日教組の労働者にたいして、 右派イデオローグを活用し、『いじめ問題を放置して座りこみをやるとは何事だ』『政治運動にうつつをぬかす日教組が学校の崩壊を招いたのだ』と 許しがたい悪罵を投げつけているのだ
(省略)
最後に、いつも引用している 全国労組交流センターのビラ から。ははあ、これも日教組の森越委員長を、「右翼の誹謗中傷にぶざまに屈した」と批判し、こう記しています。
「国会前での闘いが確実に安倍政権を追いつめている}」「政府与党は教育労働者の不屈の闘いに恐怖しているのだ」「 闘う日教組の再生こそ教基法改悪への最大の回答だ
でも、こうして左翼過激派に応援されたり、叱咤激励されたりする教職員組合って、一体何なんでしょうか。過激派と「連帯」して、果たしてこの国をどこに導こうというのか…。
(省略)


警察の過激派撲滅ポスター
日教組を支援している過激派は極左思想を持った犯罪集団です。

全日本学生自治会総連合(全学連)
日本の学生自治会の連合組織のことである。略して全学連(ぜんがくれん)。
全学連には、民青系・中核派系・革マル派系・革労協現代社派系・革労協赤砦社派系の5団体が並存している。

革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)
日本の新左翼集団である。通称中核派(ちゅうかくは)。
「反帝国主義・反スターリン主義の旗のもと 万国の労働者団結せよ!」をスローガンに、マルクス・レーニン主義を掲げ、暴力革命による日本革命・世界革命の達成と共産主義社会の実現を目指して数々の赤色テロを行い、活動家や警察官、民間人を殺害・負傷させている。

日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)
日本の新左翼(革共同系)の過激派である。通称革マル派。
中核派との内ゲバ殺人や盗聴などの反社会的な非合法活動で知られている。

革命的労働者協会(社会党社青同解放派)
日本の新左翼系過激派集団(社青同系)。略称は「革労協」。
革労協は内ゲバ殺人や放火などの反社会的な暴力活動(爆弾を使用し警察官を殺害するなどテロリズムに近い)で知られる。
最近でも、主流派(現代社派・狭間派)と反主流派(赤砦社派・木元派)の内ゲバが99年~04年に行なわれ死傷者を出している。

革命的労働者協会(解放派)
日本の社青同系新左翼党派。1999年、革命的労働者協会(社会党社青同解放派)と分裂して結成された。
通称、赤砦社派。木元派、山茂派とも言う。現代社派との内ゲバや飛翔弾(ひしょうだん)発射事件で知られる。

<過激派指名手配犯人>
中核派指名手配犯人革労協指名手配犯人

【用語解説】
内ゲバ・・・新左翼・新右翼など政治団体・運動における党派間の暴力を伴った内部抗争。

■ゆとり教育を推進

日教組vs文科省1 of 3 日教組vs文科省2 of 3
報道ワイド日本 -1月14日号
ゲスト:小林正(教育評論家・元参議院議員)...『正論』2月号の記事「学力低下が 止まらない...諸悪の根源は文科省の隠蔽体質にあり」を御紹介しながら、さらにその 隠蔽体質が日教組との共同戦線であったという新たな情報などについてお聞きします。
日教組vs文科省3 of 3

上記動画をご覧ください。
マスコミの「日教組の組織率と学力に関係がない」という統計のごまかしに騙されてはいけません。
「日教組の強さ」と「日教組の組織率」を同一視してはいけません。

  • 日教組は、「ゆとり教育」の提唱者である(2007年7月1日TBS「JNN報道特集」にて 槙枝元文・元委員長 発言)
  • 1947年の日教組結成当初は違ったが、当時の吉田内閣がとった「逆コース」政策に対して政府批判を強めていき、特に55年体制下では、対立の構図が明確になって以来、日教組は政府・自民党とは対立する関係にあった。そのため、文部省とも対立の歴史を歩むことになった。
  • 1972年、槙枝元文日教組のトップ である 委員長に就任 。同年、日教組は 「学校5日制」「ゆとりある教育」を提起
  • 1995年、自民・社会・さきがけ三党連立による 村山内閣(日本社会党)の誕生 により、長年対立関係にあった文部省との協調へと路線を転換。
  • 1996年、文部省の中教審の委員に 日教組関係者が起用 され、 「ゆとり」を重視した学習指導要領が導入 された。
  • 2007年、安倍晋三首相のもと「教育再生」と称して、ゆとり教育の見直しが着手されはじめた。しかし日教組は、ゆとり教育を推進すべき」という考えを変えていない(2007年7月1日、TBS「JNN報道特集」)。

「子供の学力低下」―過半数が自分の子供の学力に不安― (日経BP 2006年2月10日)
  • 85%が子供の学力低下を感じている
  • 「ゆとり教育」を支持していない人が75%超
  • 約75%が「学歴で子供の将来が左右される」
  • 小学校で5%、中学校で20%が私立に通う
  • 3割弱が「ぜひ」「できれば」私立に通わせたい
  • 過半数が子供の学力に不安
  • 35%が塾・予備校に通わせている

■異常な性教育


都議会や国会でも取り上げられた内容を、告発した都議が解説。
ジェンダーフリー論者、日教組の恐ろしさが判ります。
【追記1】まさかの10万Hits、ありがとうございます。本題は7分55秒位から。
【追記2】冒頭のおかしな教師は日教組ではありません。日教組を「右翼的」と批判する「全教」に所属していましたが、この事件で「偏向した教師である」と追い出されました…現在は「分限免職処分」、要するに教師をクビになっています。
【追記3】14:30頃に出てくる「からだうた」はこちら

■生徒を反日に洗脳

日教組は生徒を反日思想に染めるため、公然と洗脳教育を施しています。

(1)韓国での修学旅行で生徒に土下座させる

高校生を土下座させて勲章をもらおうより引用

左の写真は、広島県立世羅高校が実施した韓国修学旅行での光景。
日教組の反日教員によって、独立運動記念公園で生徒に「日帝侵略と植民地蛮行を謝罪する文章」を朗読させ、さらに居並ぶ韓国人に向かって膝をつかせて謝罪させました。
また、世羅高校の校長は連日連夜、国旗掲揚・国歌斉唱の中止を求める日教組や部落解放同盟などとの交渉に追われ、心労から自殺してしまいました(産経新聞)。

(2)捏造された歴史を吹き込む

中国での反日デモのテレビ映像に「中国はおかしい」「悪いのは向こうだ」と、過去を知らないまま反発する若者たち。
そんな若者に日中の歴史を学び、考えを深めてもらおうという取り組みが関東や北陸の高校で行われ、授業を通じた子どもの変化が25日から三重県で開催される日教組教育研究全国集会で報告される。

中国で反日デモが広がった昨年4月から関東地方の高校で行われた現代社会の授業。50代の男性教諭は、デモをどう考えるか生徒に尋ねた。

9割が「昔の戦争を今さら中国が持ち出すのはおかしい」。「日本は十分反省している」も7割に。デモ拡大の理由は「分からない」などの答えが返ってきた。

教諭は「歴史を知らない」と感じ、近代史を簡単に教えた。犠牲になった住民の遺骨を残す中国の記念館を見た体験を話し、南京事件の生き残りの中国人証言などを特集したテレビ番組のビデオも見せた。

南京大虐殺は歴史の捏造です。それらの捏造を日教組は生徒に吹き込んでいます。


■道徳教育に猛反対

ならず者を大量に生み出そうとしているのが日教組です。なのに何故猛反対するのかさっぱりです。


■ゲームに対しても反対し続けてきた

かつて1980年初期に登場した「スペースインベーダー」は日本国内ならびに海外でブームとなったが、日教組関係者は当時から「不良のたまり場」と称しゲームセンターへ行かないよう指導していた。
しかし全てのゲームセンターに不良がいたわけでもなく、行って不良化するとは限らないにもかかわらず不良のレッテルを貼っていた。
その一方ゲームセンターにあるビデオゲームを見て「将来は作る側に回りたい」と思った人々が、現在のコンテンツ産業の一端を支えている。
この事例からも、日教組の偏見ぶりが見受けられる。
にもかかわらず、社民党の前では、何故か「表現規制反対」を唱える。
この事象からも、反日勢力のダブスタぶりが伺える。

■「早寝・早起き・朝ご飯」は憲法違反と主張

国民教育文化総合研究所
(途中略)
いま、学力「低下」問題への「対策」のひとつとして、政策側から言われている「早寝・早起き・朝ご飯」は、人の生活の仕方、生き方という、憲法の下でけっしてその価値の優劣を示してはいけないことがらに踏み込もうとする違憲のスローガンである。
重要な点は、このようなスローガンの内容そのものの善し悪しは、この問題の議論にとってはまったく関係がないという点にある。
仮にその具体的内容が、多くの人々が納得するような善いもの(あるいは少なくとも善いところもあるもの)であったとしても、そもそもそのような価値は比較不可能なもので、一定の尺度に乗るようなものではないとすることが、民主的社会の大前提である。
価値あるいは道徳に関することがらは、私生活の自由として保護されるべきことがらなのである。
(以下、ど~でもいいので省略)
日教組は国家を衰退させる存在であることが分かります。
MSN産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090801/plc0908010801004-n1.htm


■会計検査院に応援メールを

会計検査院が北教組の組合活動、違反行為を調査を開始します
会計検査院に応援メールを送信してください
※追加で日教組本部への調査も要望してください
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100907/edc1009071220000-n1.htm

■文部科学省に日教組の影響力を排除するよう要請してください


教育内容は最終的に世論動向に合わせて策定されます文部科学省に教育現場から日教組を排除するよう要望してください


■ご意見、情報提供は下記外部掲示板にお願いします。


日教組の正体 日教組の正体2