Guide > アップデート計画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今後のアップデート計画

中長期的な視点からのアップデートの予定です。
開発会社変更に伴い開発方針が大幅に変更されたことが判明致しました。今後の展開に注意してください。

  • 次期大型アップデート「クロニクルズ」(先行テストを9月、実装を11月に予定)
    ・新戦争ルールの追加
    1、防衛ライン攻防戦
     自軍防衛ラインを死守し、敵軍攻撃ラインを突破するルール。戦争の参加人数は30対30で、制限時間は20分
     戦闘が始まると敵が目の前にいる状況になっており、開幕直後から敵味方入り乱れての乱戦となる
     防衛ラインはいくつか存在し、戦況に応じて「ゲートオブハデス」「ウォークラフト」などが自動建築される
     新建築物「トランスポートクリスタル」が登場。リスポーン位置が変わる
    2、濃霧戦
     霧に潜む敵兵を殲滅するのが目的となるルール。戦争の参加人数は20対20で、制限時間は10分
     濃霧によってフィールド内の視界が非常に悪く、レーダーが制限され、自軍領域以外では自分の位置情報のみが表示される
    3、城門戦
     城門を防衛する側と、城門を突破する側に分かれて戦うルール。戦争の参加人数は50対50で、制限時間は40分
     新登場の開閉可能な建築物「城門」があり、これは攻撃側のみが破壊可能な建築物
    4、砦戦
     巨大な砦を舞台にした攻防戦が楽しめるルール。戦争の参加人数は50対50で、制限時間は40分
     攻撃側は、防衛側の砦を制圧することが目的だが、防衛側は戦闘開始時から領域が確保されているため、有利な立場で戦うことが可能
     攻撃側はデッドによる拠点ダメージが少ない
    -新BGM3曲、新NPC「シグリス」「クリィム」「ハーゲン」の3人が追加予定
    -FEZと他社製品とのコラボレーション
    ・FEZ×「牙の旅商人」
     「ヤングガンガン」にて連載中の漫画、「牙の旅商人」とのコラボレーション
     増刊「ヤングガンガンビッグvol.03」を購入すると「ティアラオブアイリ」、ヤングガンガンコミックス「牙の旅商人」第3巻を購入すると、「ガラミィウェスタンハット」という装備品を入手できるシリアルコードが貰える
     2011年8月25日〜2012年1月30日の期間に実施
    ・FEZ×明治チョコレート「スティックパック」
     明治の「スティックパック」とのコラボレーション
     対象商品は「ミルクチョコレート」「ブラックチョコレート」「ストロベリーチョコレート」の3点
     このコラボ限定のアイテムが用意される予定だが、詳細は後日発表
     2011年9月27日より実施予定
    ・FEZ×「Fate/Zero」
     2011年10月より放送されるテレビアニメ「Fate/Zero」とのコラボレーション
     詳細は未定、今秋より実施予定
  • 新召喚獣チャリオットのコンセプト
    ・FEZという“戦争が面白い”ゲームに、新たな移動手段を提案する
    ・「早く目的地にたどり着ける」「僻地クリの効率の良い運用」など、時間の有意義な使い方を提案し、戦術・戦略を見直してもらう
    -戦争のバリエーション増加
    ・FEZは「戦争が面白い”ゲームである」ことを、あらためて認識してもらおうという意図
    ・新しいルールを追加するなど、これまでの戦争の楽しさにプラスアルファできる要素を実現したい
    ・今とは勝利条件の異なる戦場や、初心者同士で戦える戦場を新たに提供しようという試み
    ・現在の戦争を基本として、まったく新たな戦場を追加できるよう開発中
    ・本土を攻め込まれやすい国があるので、そこを踏まえた戦場の追加を予定
    ・「少人数での短期決戦」「低レベル(初心者)用戦争」「通常戦争では起こりえないシチュエーションの提供」等が検討中
    ・低レベル用戦争は初心者や低レベル向けというよりも、レベルマッチングに近い考え方
    「市街地戦」「要塞戦」(攻城戦)も実装を検討している防衛ライン攻防戦・濃霧戦・城門戦・砦戦が実装予定
    実装次期は早くて2011年春で、各要素は段階的に導入2011年9月に先行テスト、11月に実装予定
    -プレイヤーの動向
    ・プレイヤーのモチベーションが上がらない理由の一つとして、報酬面の弱さがあるのでは
    2011年は「オフィシャル装備」の充実を図る(過去のデザコンで人気の高い装備)実装済。今後も追加予定(?)
    -レベルキャップの開放
    ・現状の最高レベル40以上に上げられるようになる(上限は未定)
    ・レベル41以降に習得できる新スキルや高レベル装備が登場
    ・従来スキルに必要なポイントの見直し
    ・レベルが上がることで個々のユニットが目立って強くなってしまうようなことは考えていない
    ・レベルは、プレイヤー各自がここまでやったということを数字で表現したものに過ぎない
    ・2011年7月頃までに実装予定で公開テストも行われる
    -新世界構想
    ・一定レベルに到達したプレイヤーが入場できるサーバーを用意する
    ・「FEZ ザ リング オブ ドミニオン」や、5年前のFEZのルールで遊べる
    ・お風呂や温泉等のお楽しみ要素、コラボレーションにも力を入れていく
    人数の少ないワールドを何とか活性化させたい「ブーストキャンペーン」として実施済。(ChokmahとGimel)
    ・「ワールド移住サービス」を行う予定で、人数の多いワールドから少ないワールドへの移住を促す
    ・新規プレイヤーの獲得を主目的とする新規ワールドのオープン
    ・新規ワールドは、2〜3か月後には既存の人口の少ないワールドに統合する
    ・新規ワールドでは、既存ワールドとの格差を少なくするために獲得できる経験値やリングを増やすなどのボーナスを検討
    2011年にオフラインイベントを開催予定2011年8月27日に「メルファリア大感謝祭2011」開催
    ・新建築物、新召喚獣、新職業の追加なども検討中
  • 「ファンタジーアース ゼロ」2周年記念インタビュー。開発移管など1年の動きと、今後のアップデート方針を聞く
  • 開発体制について
    ・旧マルチターム・NHN Japanからフェニックスソフトに移行したスタッフはごく僅か
    ・現在のFEZの開発は、ほとんど新スタッフで行われている
    ・プログラム等も、受け継いだソースコードを新スタッフが解析する所から始めなくてはならなかった
    ・現在(2008年12月段階)のフェニックスソフトのスタッフは15人
    -2009年の目標は、新職の実装とバランス調整
    ・フェンサーを含めて、合計3クラスの追加が予定されている
    ・それぞれ、ほぼ大枠は固まっている
    ・ゲームバランス調整の観点から、支援系のクラスは一番最後に追加する予定
    ・後から新クラスを追加する事を想定せずシステムが作られているため、開発は困難を極めている
    ・今度こそ、遅れることなく実装できるようにしたい
    ・NHN Japanから提案された新クラス(廃案になったアサルト等)は、かなり大規模で実装が難しかった
    ・今回企画されている新クラスは、実装可能な現実的な内容
    -waitingの解消を目指す
    ・根本的解決にはデータベースの設計を変える必要がある
    ・データベース変更前に、ワールド移住サービスを検討中
    ・ワールド間を自由に移動できる仕様にはならない
    ・過密ワールドから過疎ワールドへの一方通行移住となる予定
    ・実施するかどうかは、2009年1月にアンケートをとって決定する
    ・移住にあたっては、部隊データをどうするか、SNSのデータをどうするか、課題が多い
    ・データベースの変更開始作業は、ワールド移住実施後になる
    ・ただし、データベースの変更作業を開始すると、新要素の実装を停止しなければならない点が難しい
    -その他の要素について
    ・闘技場/目標システム/レベルキャップ/ランクについては検討中
    (↑具体的な改善案の発表は無し)
    ・新召喚/新建物/市街戦も検討しているが、まずは新クラス優先
    ・サモン/ビルド/ハイリジェ/ハイポはカジノ景品から外す予定~既に外してある ・当面、新エンチャを追加する予定はない
  • 新職業フェンサー
    ・レイピアを使う近接職アタッカー
    ・難易度は高めで、中上級者向けのクラス
    ・攻撃力が高く防御力が低い
    ・武器防具は専用の物が用意される
    ・スキル系統は、攻撃系スキルと回避系スキルの2系統
    ・発動が早く、ダメージが大きく、手数も多いが、使用後の硬直も大きい
    ・エンダーは使えない
    ・回避スキルは、被ダメージを減らすスキルではない
    ・回避スキルが決まると、敵がひるみ追撃などが可能になる
    ・一定のタイミングで攻撃をヒットさせる事が出来れば連続技として繋がる
    ・自キャラが状態異常を喰らうと攻撃力がアップする
    ・バック転などのアクションが可能
    ・既存3クラスの3すくみの関係の外にあるクラス。
    ・どのクラスに対しても、与ダメ・被ダメの補正は存在しない。
    ・2009年1月末からテスト開始予定
    ・実装時期未定
  • ウォリアー用新スキル「大剣」
    ・ウォリで両手剣が使えるようになるスキル
    ・現在企画段階で詳細不明
    ・大剣用のスキルツリーが追加されるわけではない
    ・大剣スキルを取得して大剣を装備すると、既存スキルを大剣で出せるような形を想定
    ・スキルの取得方法も未定
    ・スキルポイントを消費しない方法も検討
    ・実装時期未定
    ・順番としては、新クラス3つが実装された後になる
  • ソーサラーとスカウトにも新スキル追加予定、詳細は不明
    ・ソーサラーとスカウトの新スキルは企画段階で、具体的な案はまだ無い
  • アップデート間隔を見直す(おそらく通常のMMOのように数ヶ月に1度ペースになる模様)
  • アクセサリは仕様を再検討した上で開発に入る
  • コンシューマゲームのような初心者向けチュートリアルを導入する 9/29実装
  • 新クラスについて
    ・現在検討段階、実装時期は目途が立った後に発表
    ・スキルや職業名や含めて、全面的な再検討が行われている
    ・新クラスは1クラスづつ充分なテストを行ってから慎重に実装する
    ・最初に予定されているのは、Buffを得意とする支援職
     職業名はリリクトではなく、使用武器なども見直しを行っている
     初心者が低Lvの段階から、戦争で活躍できる職業となる予定
  • 新要素ミッションクエストについて
    ・現在開発している段階
    ・戦争参加Lvに達するまで、新規プレイヤーや初心者をサポートするLv上げクエスト 9/29実装
    ・世界観を全面的に打ち出していく
    ・難易度は高くならない。既存のMMOのような高難度クエストは予定していない
  • 現在実験的に100vs100戦争のテストなども行っているが導入は未定

旧アップデート計画

新アップデート計画とは大幅に内容が異なります。
旧計画の内容は、古い資料を保存するという意味でこのまま凍結し、
新アップデート計画後に旧アップデート計画と内容的に被るものが実装されても、
旧アップデート計画の資料は編集しないでください。
新旧別の計画で進むアップデートの内容を混同して編集すると、混乱の元になります

・新召喚モンスター追加
・新たな建築物追加
・新たなフィールド追加
・モンスターの戦争への介入
・各国の国王が戦争に参加

・カジノ、ルーレットのみ実装 実装済み(今後、他プレイヤーと遊べる物を予定)
闘技場、「公式リーグルール」「トルクマイヤルール」「オベクラッシュルール」の三種類(数ヶ月に一度ルール追加予定) 実装済み
闘技場で得られるポイントを使って入手できる景品は新規武器や羽、密書など 実装済み
装備強化システム(既存の装備品を強化、無課金でも可能) 実装済み
容姿変更、髪色や髪型の変更、但し体格の変更は不可(?)とのこと 実装済み
・アクセサリ、エンチャントシステムとは異なるキャラクターの強化付加効果がある
・市街戦、首都など市街地での戦闘
・召喚獣、新たな召喚獣と既存の召喚獣の強化版を検討中
・MobAI、AIを強化しボス的Mobも追加予定
大陸マップでのチャットを近い将来実装予定 実装済み
新クラス、戦闘に特化したクラス・罠を駆使するクラス・支援型のクラス、2008年春予定 延期
戦闘に特化したクラス・ブレイド(仮)の武器は両手剣 白紙化
罠を駆使するクラス・アサルト(仮)は罠を設置したり投げたり。武器は素手でパンチやキックを主体 白紙化
支援型のクラス・リリクト(仮)は支援効果、効果時間は短いため常に前線に。武器は楽器 再検討
・FEZでは全クラスがアタッカーというコンセプトからは外さない
・既存クラスへの新スキル、エフェクト、モーションの追加
次回オフラインイベントは闘技場を利用した大会、11月にオンライン予選、12月にオフラインで決勝大会 実施済み(FESTA2007)
・戦場マップをすべて新しくしたい、100vs100、3000vs3000の戦争(夢物語、将来的に)
・次回作を出すのであれば、プレーヤーのデータは必ず引き継げるようにしたい

運営に関する情報

この項目の情報は、全てゲームポットのIR情報など、公式に公開されている正確なソースに基づいて記述されています。
公式発表やソースの無い、個人の憶測や想像を書き込まないようにしてください。

ファンタジーアースのライセンスについて

以下の情報は、ゲームポット公式サイト掲載のIR情報を元にした
2008/07/01段階での公式な情報です。

  • 運営・開発の「権利」を持っているのはスクエニ
  • ゲームポットは日本国内での運営と開発の権利をスクエニから買った
    (ちなみに中国はスクエニ直営・台湾と香港はガマニアにライセンス)
  • 契約期間は運営開始(2006/12/21)から2年(2008/12/21)
  • その後は、どちらかが文句を言わない限り1年単位でライセンスを自動更新していく
  • 最短でも、2008/12/21日まではゲームポットが運営を担当する。

以上が現在の公式情報です。
これ以外の今度どうなっていくかという話は全て推測となります。

現在の開発運営体制

2008年7月1日現在

過去、いろいろ変遷がありましたが、上記が最新の体制です。


運営の変遷 括弧内は親会社
スクエニ

ゲームポット(アエリア)

ゲームポット(ソネット)

開発の変遷 括弧内は親会社
マルチターム

マルチターム(NHNジャパン)

NHNジャパン

NHNジャパン+フェニックスソフト

フェニックスソフト

IP:121.102.202.50 TIME:"2011-09-06 (火) 01:04:54" REFERER:"http://fewiki.jp/index.php?cmd=edit&page=Guide%2F%A5%A2%A5%C3%A5%D7%A5%C7%A1%BC%A5%C8%B7%D7%B2%E8" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:6.0.1) Gecko/20100101 Firefox/6.0.1"