データ実行防止 DEP(Data Execute Prevention)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  〜現在、特に問題なくクライアントが動作している人は気にしなくても良いです〜

 最近のCPUは、NXbit(No Execute bit)、あるいはEDB(Execute Disable Bit)と呼ばれるウイルス実行防止機能を備えている。
これは、Windows XP SP2以降に搭載されているデータ実行防止 DEP(Data Execute Prevention)機能と連係して、バッファオーバーフローなどの攻撃からPCを保護している。
Windows XPまでのデフォルト設定ではWindowsの重要なプログラムにのみDEFが適用されていた。

 DEFを全てのプログラムに適用する場合は、FEzero.exeとFEzero_Client.exeを除外する必要がある。さもないとパッチ当てた後にSTARTボタンを押した所で強制終了する可能性がある。
 NXbit/EDBはシステムのBIOSで設定できることもある。
 DEFの詳細設定は、コントロールパネル→システム→詳細設定→パフォーマンス→データ実行防止 と辿って設定画面を開き行う。

公式での説明