※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


フォアハンドロング




フォアハンドロングとは、フォアハンドの最も基本的な打法で

「フォア打ち」ともいわれます。練習の最初にやる人も多いと

思います。より攻撃的な打法をスムーズに身につけていくために、

ぜひ良いフォームを身につけてください。



基本姿勢で構えます。

■バックスイング
 まず、小さく前習えの右腕の状態をつくります。

 腰を回転させてバックスイングをリードしていきます。

 このときに、右肩が下がらないようにしましょう。

 右肩が下がるとボールにエネルギーが伝わりにくくなって

 しまいます。

 左肩が相手の方に向くくらいまで腰を回すと、腰とともについて

 きた右腕が体の真横から少し前くらいに来ると思います。そこから

 少しひじを引きます。すると、腕が体の真横から少し後ろに

 来ます。これにより肩関節をうまく使うことができ、力のある

 ボールが打てます。 腰を回すと同時に右足に体重をかけましょう。



■スイング
 バックスイングの構えから、腰をもとに戻すと同時に体重を

 右足から左足に移動させます。また、同時に腕も前、あるいは

 斜め前に振りましょう。ラケットは自分のあご高さくらいで

 とめましょう。打ったら基本姿勢に戻り、次の打球に備え

 ましょう。



■Point!
 バックスイングのひじの角度は100度くらいがいいでしょう。

 リラックスして、しっかり振り切りましょう。

 自分の体より少し斜め前で打ちやすい体との位置関係を探し、

 常にその位置でボールを打球しましょう。そのために、

 相手のボールの延長線上に右足を持ってくるようにすると

 良いでしょう。

 連続でうつときは、こまめに足を動かしながら打ちましょう。


YouTube動画でcheck!


共に世界チャンピオンの張怡寧選手と孔令輝選手のフォアハンドロング

です。二人とも力みがなく、スイングがなめらかです。また、常に

体から同じ位置で打球している点にも注目しましょう。




※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね┌|∵|┘