※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バックハンドハーフボレー




バックハンドハーフボレーとは、バックハンドの最も基本的な

技術で、「バック打ち」とも言われます。頂点前を打球するため、

ハーフボレーという名前がついています。

現代卓球ではバックハンドをしっかり振れることはとても重要

ですので、しっかりと習得してください。



■バックスイング
 まずラケットをおへその辺りに持ってきます。

 このときに体とひじはこぶし2個分くらいあけておきます。

 ラケット角度は相手のボールにもよりますが、台に対して

 垂直よりも少しかぶせるくらいが良いでしょう。

 バックスイングはあまりとらない方がスイングが安定します。



■スイング
 バックスイングの状態からひじを支点に前方向にスイング

 します。初心者は手首だけのスイングになりがちですが、

 手首はひじを支点にリラックスしてスイングすることで自然に

 使われる程度が良いでしょう。

 スイングが小さくならないよう、しっかり振ります。その際、

 ラケットがひじより外側にいかないようにしましょう。

 それにより力強いボールが安定して打てるようになります。



■Point!
 膝でクッションをつくり、リズムよく打球しましょう。

 前かがみになりすぎないようにしましょう。

 ボールの真正面からやや左側を打球しましょう。


YouTube動画でcheck!


ティモ・ボル(ドイツ)選手のバックハンドハーフボレー(ロング)

です。膝をやわらかく使い、こまめに動くことで常に体の正面で

ひじを支点に打球しているところを参考にしましょう。



※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね ̄ー ̄)/