※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


フリック(フォア・バック)




フリックとは台上のボールを上回転にして打つ技術です。

ツッツキやストップよりも攻撃的な台上技術で、最近は

バックフリックの技術がより発展しています。

試合の主導権を握りやすくなるので、ぜひマスターしましょう。



■バックスイング
 台上のボールに対し、体をボールにすばやく近づけ右足を

 台の下にいれます。このときに足から動くことを意識

 しましょう。また、バック側の厳しいコースのボールに

 対しては、左足を踏み込んでも良いでしょう。

 フォア・バック共にバックスイングはほとんどいりません。

 ボールの延長線上にラケットを運び、ボールを待ちます。



■スイング
 バックスイングの状態から、ボールの頂点を打球します。

 フォア・バックそれぞれフォアハンドロング、バックハンドハーフボレー

 をコンパクトにした腕の動きでスイングしましょう。特に

 バックハンドはボールがあたる瞬間に手首を使うことを意識

 しましょう。



■Point!
 相手のボールの回転によってラケット角度を調節しましょう。
 対上回転→ラケットを少しかぶせ、ボールの斜め上を打球

 対ナックル→ラケットをたて、ボールの真後ろを打球

 対下回転→下回転を擦って上回転にして返すのは台上では

 難しいため、ラケットを少し上にむけ、ボールの下にラケット

 を入れてからラケットをかえすようにして打球しましょう。 


YouTube動画でcheck!

メイス選手(デンマーク)のフリックです。
※フリックは1:48からです。

フォアフリックでV字を描くようにスイングしていることや、

台への体の寄せ方を参考にしましょう。




馬龍選手(中国)のバックハンドフリックです。

ミドルサイドのボールを体を寄せてバックフリックしています。

手首の使い方を参考にしましょう。



※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね(´ー`*)