※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ブロック(フォア・バック)




ブロックとは、相手のドライブやスマッシュを防ぐ技術です。

自分と互角な選手または自分より強い選手と対戦したときは

常に先手がとれるとは限りません。相手に攻撃されたときに

それをしっかりとブロックして、自分の反撃のチャンスを

つくっていくことは試合で勝つために重要です。

また、現代卓球で使用頻度の高くなっているカウンターを身につける

ためには、ブロック→伸ばすブロック→カウンターという順序で

習得していく必要がありますので、しっかりと身につけしましょう。




■バックスイング
 腕のバックスイングはほとんどとりません。

 相手のボールの軌道を予測し、そこにラケットを持っていき

 ます。このときに、足から動くことで安定感が高まります。

 ラケットの先端が横を向いていると相手のボールの威力に

 押されてしまいます。押されないためにはラケットの先端を

 上に向ければ良いのですが、真上に向けてしまうと後に

 カウンターの習得がスムーズにいかなくなってしまいます。

 ですので、ラケットの先端はフォアの場合は右斜め上、バックの

 場合は左斜め上に向けましょう。



■スイング
 相手のボールがドライブの場合、バウンド後にスピードが増して

 くるので、ブロックはバウンド直後を打球します。

 このときに、ラケットに力が入っているとオーバーミスが

 増えてしまいます。ラケットは必ず軽く握りましょう。

 また、体幹を意識して体制を崩さないようにブロックしましょう。

 相手のボールの威力が少し弱い場合は少し押すように打球しましょう。



■Point!
 相手のボールの回転が強ければラケット面をかぶせ、回転が弱ければ

 面をたてましょう。

 コースが予測できない場合には、ラケットをややバックブロック

 側で構えましょう。フォア側の方がブロックの可能なスペースが

 広く、時間的余裕があるためです。


YouTube動画でcheck!


丹羽孝希選手と有延大夢選手の試合前練習です。

有延選手がフォアハンドブロックを、丹羽選手がバックハンドブロックを

しています。二人とも相手のボールを力を抜いてブロックしています。

ラケットの先端の向いている位置にも注目しましょう。




※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね( ^∇^)