※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ロビング




ロビングとは、体勢をくずされたときに相手の攻撃を後陣で

しのぐ技術です。また、ただしのぐだけではなく、上回転を

中心に様々な回転をかけ、コースを工夫することで、相手に

打ちミスをさせたり自分が反撃をすることができます。打ちミスを

した相手からすると精神的なダメージが大きいため、試合の

流れがかわりやすいです。

プロでは水谷選手やメイス選手(デンマーク)シュテーガー選手(ドイツ)

が得意とします。

ラリー戦が得意な選手はぜひ身につけておきたい技術です。



■バックスイング
 後陣にさがり、相手のボールのコースを予測します。

 相手コートのフォア側に自分のロビングが入った場合、

 相手がクロスに打つと厳しいコースになりますが、

 ストレートに打つと厳しいコースにはきません。

 このように自分のロビングのコースによってある程度

 範囲が限られてきます。これにより自分の立ち位置が

 ある程度きまるので、そこへ動きボールを待ちます。

 次に相手のバックスイングの肩の方向を見ます。ロビングが

 フォア側に入った場合、相手の肩の入りが小さければクロスに

 打ってくる確率が高く、大きければストレートの確率が高い

 です。バック側では逆のことがいえます。

 スタンスは広めに保ちましょう。

 ラケットのバックスイングはほとんどいりません。



■スイング
 相手がボールを打ったら体をボールのとんで来る位置に運びます。

 フォアの場合は右足をボールの延長線上に、バックの場合は

 おへそをボールの延長線上に運ぶようにします。

 しかし、相手もこちらが取れないように強いボールを厳しいコースに

 打ち込んでくるため、時間的余裕がありません。

 ですのでバックスイングをほとんどとらずに回転をかける技術が

 必要になってきます。そのためには前腕と手首を中心に

 いきなりスイングスピードがトップスピードになるように

 スイングします。熱いやかんに触れてしまったときに

 手を引っ込めるときの力の入れ方のイメージです。

 ラケットの角度は相手の回転や自分のかける回転によって

 変わりますが、地面に対して垂直より少し上を向くくらいに

 します。

 相手コートの深い位置をねらいましょう。




■Point!
 弾道の頂点がネットの少し手前に来るイメージで

 打球するとミスが少なくなります。

 上回転だけでなく横回転も加えて、相手のミスを

 誘いましょう。

 隙があればすかさずドライブで反撃しましょう。


YouTube動画でcheck!


ロビングを集めた動画です。

立ち位置、コース取り、反撃、回転などに注目しましょう。

フォア側に来たときは反撃が多いのがわかります。



※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね(^^)/