※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バックハンドドライブ




バックハンドドライブとは、バックハンドでボールにトップスピンを

かけて打つ攻撃技術です。フォアハンドドライブに比べ

「懐が狭く打球点を選びにくい」「バックスイングが大きく

とりにくく威力をだしにくい」などの理由から難易度が高い技術です。

しかしバックハンドドライブができると、回り込んでフォアハンドを

打たなくても打点を落とさずに攻撃ができたり、台上のボールを

回転をかけて攻撃できたりと戦術の幅が大きく広がります。

現代卓球では必須ともいえる技術ですので、ぜひ習得しましょう。



■バックスイング
 スタンスは基本的にはフォアハンドの時と同じで良いでしょう。

 バックハンドハーフボレーをベースにラケットの面を地面と

 水平になるくらいまで、またはフォア面が相手に見えるくらいまで

 かぶせ(自分がやりやすいと感じる方でOKです。)、腰を左に

 少しひねり体重を左足に乗せます。

 バックスイングのときは腕、手首ともに力を抜いた状態にします。



■スイング
 バックハンドドライブでは肩→ひじ の順にスイングすることや

 手首の使い方、腕全体のしなりなどが重要になってきます。

 まず、ひじを前に出します。これには「前腕の動くスペースを確保

 する」「しなりを利用しやすくする」「慣性の力で前腕の

 スイングをリードする」という役割があります。ひじを前に

 出すと同時に手首を自分のおなかの方向にひねります。

 そしてひじを支店に前腕を斜め上前方に振り抜きます。

 このとき、スイングの最初からトップスピードにするのではなく

 なめらかに加速していき、ボールがあたる瞬間にトップスピードに

 なるようにしましょう。

 手首は無理に使おうとせず、前腕についてくるような感覚で

 スイングすることで余計な力が入らずにうまく手首を使うことが

 でき、回転のかかったバックハンドドライブを打つことができます。

 インパクト後は力を抜き、しっかりと振りきりましょう。



■Point!
 手首に力が入りすぎて小さいスイングにならないように

 しましょう。

 前陣では頂点前を小さめのスイングで、中~後陣では頂点を

 大きめのスイングで打球しましょう。

 後陣では右足前のスタンスでも良いでしょう。

 腕のしなりや手首の使い方、ボール感覚などはたくさんボールを

 打つことで身についてくるので多球練習をすると効果的です。


YouTube動画でcheck!


 ティモ・ボル選手(ドイツ)の前陣と中陣でのバックハンドドライブです。

 スイングの大きさや手首の使い方を参考にしましょう。

 ※バックハンドドライブは7分35秒からです。


 クレアンガ選手(ギリシャ)の中陣でのバックハンドドライブです。

 大きなスイングで打球しています。また本人の説明が非常に

 参考になります。


 ズース選手(ドイツ)の下回転に対するバックハンドドライブです。

 対上回転の時よりも下から上へのスイングになっていることや

 力みがないことに注目しましょう。




※質問があれば、トップページのコメント欄でどんどん質問してくださいね!