※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試合で強い相手と対戦し、ショートサーブを出したつもりが

相手コートで2バウンドせずに台から出てしまい、レシーブドライブを

されて簡単に負けてしまった・・・ そんな経験をしたことがある人が

多いのではないでしょうか。高いレベルでは相手コートで2バウンド

以上するサーブを出せることが必須です。

緊張した場面でも出せるようにしっかりと習得しましょう。



相手コートで2バウンド以上するサービスを出すのに

重要なことは、「自分のコートにつくボールの入射角を小さくする」

ことです。(下図) ※入射角は★(∠abc)です。


         a
サーバー側    l                レシーバー側
         l
         l 線分CBのみがボールの軌道
         l
         l
         l
         l
ボール→●    l
    c\   l
      \  l        l
       \★l        l
    ____\lb_______l_______________
   「_____________________________」
        l                   l
        l                   l
        l                   l
        l                   l

入射角が小さくなると、ボールが前に弾む力より上に弾む力の方が

大きくなるため、短いサーブが出しやすくなります。

また、自分のコートでのボールのつく位置をネットよりに

してサービスを出そうとすると、ネットを越えるためには必然的に

入射角を小さくする必要がでてくるので、うまく短いサーブを

出すことができるでしょう。
添付ファイル