ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルール

■重要項目
  • 死んだキャラを生き返らせるのは禁止
  • 原則的に主催者を動かすのは禁止
  • いきなり自殺させる等、それまでのストーリーを無視した行動をとらせるのは禁止
  • 致命的な矛盾があるものはNG

※これらを違反したものについて問い合わせがあり、執筆者がそれを無視した場合は
 強制的に作品を破棄いたします。

■マップ
マップは一マス一km四方の9×9の81エリア(都市一つ入る位)

■支給品
共通の支給品
〔地図、食料(二日分)、飲料水(ペットボトル二本)、ランタン、時計、方位磁石、参加者名簿〕
加えて、支給品がランダムに二つ(一部の参加者は一つのみ。理由は後述)支給される。
荷物は全て統一企画の少し大きめのリュックサックで渡され、四次元機能などは一切存在しない。
明らかに入らないサイズの不明支給品(劔冑等)は初期配置付近に置かれているか、
支給品保管場所への詳細が地図に追記されており、そこへ至る鍵等が支給される。

【ランダムアイテム関連】
  • 意志を持つ武器について
装備することによる所持者への能力付加は、特に制限されない。

【首輪関連】
ゲーム開始前からプレイヤーは首輪が装着されている。
外そうとすると爆発。会場から一定以上はなれても爆発する。
十二時間の間に死亡キャラがいない場合、全員の首輪が爆発する。

■初期装備
参加者の武器・アイテムの類は全て没収。
具足や防弾コート等の衣装についてはそのままで構いません(戦闘力差がありすぎるため)。
聖遺物などの魂と一体化している物のみは最初から所持しているものとするが、
「最初から支給品が一つ決まっている状態」として扱い、ランダム支給品の数が一つ減少する。
※【Dies irae ~Acta est Fabula~】からの参戦者は、ランダム支給品の数は一つになる。

■放送
放送内容は死亡者、禁止エリアの発表。
放送は一日四回、6:00、12:00、18:00、24:00に行う。

【禁止エリア】
侵入すると首輪が爆発して、聖遺物使いとサーヴァント以外は死亡する。
定時放送で連絡し、3箇所を指定する。指定されたエリアは放送の一時間後に禁止エリアとなる。


■作品投下
一度ID有りトリップ有りの状態で投下を宣言。その後、宣言時のトリップを用い、必ずsageで投稿。
トリップのないもの、宣言のない作品は無効となる。
また、SSの最後に以下のテンプレを書くこと。

【エリア/現在地/何日目・時刻】
【○○○@○○○○○】
[状態]:
[装備]:
[道具]:
[思考]:


【E-1/遊園地内/一日目・夕方】
【フレックジョルト・ソウヤー@BulletButlers】
[状態]:極度の興奮と混乱、朽ち果てし神の戦器による魂の侵食(中度)
    八つ裂き喰らい狂う牙(グリーグ・ドゥーリ・ジャルガ)による装備品の性能強化
[装備]:八つ裂き喰らい狂う牙(グリーグ・ドゥーリ・ジャルガ)@BulletButlers
   :ST-05 ワーウルフ@装甲悪鬼村正
    シュライバーのモーゼルC96@Dies irae ~Acta est Fabula~ 弾数無限
    シュライバーのルガーP08@Dies irae ~Acta est Fabula~ 弾数無限
[道具]:拡声器、支給品一式
[思考]1:名誉最下位の座など返上してやる!このパロロワでのし上がってやる!
    2:見たか!これが巨竜殺戮者(ドラゴンスレイヤー)の俺様の実力よ!!
    3:って、出番これだけかよ?ファック、ファック、ファーーーーック!!!

[備考]:E-1遊園地内での戦闘で第5のスワスチカが解放された事により、
    主催側の任意でシュライバー、ザミエル、マキナの三騎士を
    いつでも会場内に送り出す事が可能となりました。
    シュライバーがフレックジョルトに激しい憤りを感じています。

【ヘンリー・ジェイムスン@BullertButlers 死亡】
【御堂キョウコ@塵骸魔京 死亡】
【菅原隊長@あやかしびと 死亡】
【天敗星@装甲悪鬼村正 死亡】
【若い衛士@刃鳴散らす 死亡】
【残り20人】

【Battle Royale in Shamballa ―― 20/52】
【Swastika ―― 5/8】


時間表記
未明:0~2
黎明:2~4
早朝:4~6
 朝:6~8
午前:8~10
 昼:10~12
日中:12~14
午後:14~16
夕方:16~18
 夜:18~20
夜中:20~22
深夜:22~24

ゲーム開始時刻は00:00の未明から。

【各種Q&A】
Q:聖遺物・宝具等の扱いについては?
A:全員の聖遺物のみは本人の魂と融合しているため、没収は無し。
  登場時期によっては聖遺物を持ち合わせていなかったり、
  本来とは別の聖遺物を装備している可能性も当然有り得る。
 (螢ルートの蓮、マリィルートの螢、玲愛ルートの司狼など)
  主催者側の聖遺物以外なら支給品として団員の装備しているものと
  同じ聖遺物を出してもよいですが、程々にお願いします。
  誰かが聖遺物使いとなったとき、メルクリウスからそのキャラクターの
  渇望と聖遺物に関連した、相応しい宿業という名の代償を一つ与えて下さい。

Q:劔冑の扱いと制限については?
A:合当理による航空のみ不可とする(移動及び戦闘で勝負が成り立たない為)。
  真改の他者への液体操作や村正(銀星号)の精神汚染等の致命的な陰義も、
  特殊なアイテムが無くとも本人の精神力次第で抵抗されます。
  それ以外はよほど致命的な物でない限り、基本的には有りという事です。
  なお、劔冑の刀剣や銃砲類等の装備一式は全て自動的に付随します。
 (一式全て合わせて一つの支給品という扱いです。)

Q:聖遺物使い/サーヴァントへの霊的防御の扱いは?
A:Fate/EXTRAの"宝具"、BullertButlersの"朽ち果てし神の戦器"、
  あるいは装甲悪鬼村正の"真打劔冑"などの常軌を逸した高レベルの
  魂ないし意志の宿る武器によるものなら殺害も可。
  無論、聖遺物使いや英霊による直接攻撃も損傷は受ける。
  あるいは、付喪神のような聖遺物そのものに近い存在(妖や花輪黄葉)による直接攻撃のみ。
  それ以外の通常武器(数打劔冑の攻撃や殆どの近代兵器)による攻撃は一切無効とする。

Q:サーヴァントの扱いについて
A:受肉してしまっている為、非実体化(零体化)は行えません。
  ただし、存在自体が幻想である為、聖遺物使いと同じく通常武器(首輪含む)では一切の損傷を受けません。
  また、マスターと契約して令呪を与えたり、魔力を供給してもらう事も出来ません。
  もはや霊体ではないので、他人の魂を喰らい栄養源とする事も不可能です。
  既に第二の生を得ているようなものと考えてください。

Q:スワスチカって何ですか?
A:MAPのA-1、A-5、A-9、E-1、E-9、I-1、I-5、I-9の合計八ヶ所に存在し、
  Eー5を中心地としてハーケンクロイツの形を描くように点在しています。
  黄金錬成の錬成陣であり、その儀式の為の生贄が捧げられる場所です。
  スワスチカで闘争による殺戮を行う事により、犠牲者の魂がそこに捧げられます。
   黄金練成の起動に十分な質・量の魂が捧げられるとスワスチカは「開放」されます。
 「開放」されると、霊的に空間が汚染され常人は近寄るだけで体調不良を起こします。
 (なお、今回のロワでは参加者一人の犠牲で開放するに充分な質量があります)
 ※書き手の方は、スワスチカが開放された場合は必ず明記してください。

Q:スワスチカが開放されるとどうなりますか?
A:五番目が開放された時点で、主催側戦力が三人登場出来るようになります。
  八番目が開放された時点で、ラインハルトが会場に降臨する事になります。
  主催者が召喚されるので、謁見の際に倒してしまえばゲームは崩壊します。
  Dies Iraeからの参加者は全員、その他作品でも深く魔法に造詣がある者達なら
  会場全体の仕組みについて必ず気が付けます(酷く大掛かり過ぎる為)。

Q:一乃谷愁厳は存在しますか?
A:一乃谷愁厳は存在しません。故に名簿にも記載されていません。
  一乃谷刀子が一乃谷愁厳に交代することも不可能です。

Q:風の後ろを歩むものの真名のみが記載されていませんが?
A:あまりにも長いので省略しています。実際の詳細名簿があれば、
  彼女の真名までもが記載されているものとして考えて下さい。
  人の言葉にした場合の、彼女の真名を後述します。

  「春夏秋冬をめぐる風。四海を越え、朝日を越え、夕日に過ぎる風。四方の風を従える者。
   吹雪の閉ざす道への鍵を持つもの。北風の向こう側。風のうしろ(ハイパボレア)を歩むもの」

Q:ロワの進行役にクロスオーバー作品「クロノベルト」のマグダラがいますが、
  Fate/stay nightや装甲悪鬼村正:邪念篇、小説版のBullet Butlersや塵骸魔京等も
  やはり手を出しておいたほうが良いのでしょうか?
A:主催側や背景世界を詳しく知りたいなら「クロノベルト」は書き手として必須と言えますが、
  それ以外の作品については、知るに越したことはない程度です。

その他のQ&Aについては、状況次第で追加します。