※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「朱貴」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

朱貴 - (2014/02/11 (火) 22:51:34) の最新版との変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *&sizex(6){地囚星 朱貴 (旱地忽律)}
 
 【年表】
 |BGCOLOR(yellow):CENTER:巻|BGCOLOR(yellow):CENTER:歳|BGCOLOR(yellow):CENTER:年|BGCOLOR(yellow):CENTER:月|BGCOLOR(yellow):CENTER:出  来  事|
 ||CENTER:0|1059||出生。|
 ||20|1079||弟・[[朱富]]が出生。|
 |||||王倫と共に科挙を受けるが、合格できず。|
 |CENTER:S1|32|1091||店に王倫が現れ、協力を要請される。|
 |CENTER:S1|33|1092||[[宋江]]が初めて店に現れたのはこの頃。|
 |CENTER:S1|39|1098||陳麗を娶る。|
 |CENTER:S1|41|1100||陳麗が体調を崩しはじめる。|
 |CENTER:S1|&bold(){43}|&bold(){1102}|CENTER:秋|この頃までに[[晁蓋]]・[[宋江]]・[[呉用]]らが店の常連に。|
 |CENTER:S2|44|1103|CENTER:冬&br()or&br()春|陳麗の病状が悪化、[[安道全]]と[[薛永]]の診察を受ける。余命半年。&br()[[呉用]]の正体を察し、[[林冲]]と[[安道全]]を水塞へ送り込む。|
 |~|~|~|CENTER:夏|陳麗が息を引き取る。|
-
+|~|~|~|CENTER:秋|王倫が処断され、[[晁蓋]]が頭領となる。&br()新体制の梁山泊では料理人の筆頭となり、15名の部下に料理の調練をする。|
 
 【関連人物】
-● 陳麗
+● 陳麗(ちんれい)
 妻。1102年時点で24歳。
 1098年、20歳で結婚。
 1100年頃から体調を崩し、徐々に悪化していく。
 1103年、[[安道全]]と[[薛永]]の診察を受け、「血の病」のため余命半年と宣告される。
 その頃から[[閻婆惜>宋江]]とはたびたび話をする仲に。
 1103年夏に息を引き取る。享年25歳。
-
-● 王倫
-梁山湖の水塞の頭領。
-若い頃、朱貴と共に科挙を受けるが、合格できず。また武挙にも落ちる。
-試験に不正があったと思い込み、役人への不満を募らせる。
-1091年、朱貴の協力を取り付け、梁山湖の水塞に拠る。
-はじめの2~3年は役所の荷を襲っていたが、次第に商人などに狙いを移していく。