※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

馬桂


【年表】
出  来  事
0 1065 出生。
S4 12 1077 親に捨てられ、盗みと物乞いの生活を始める。
半年後、閻新に拾われ、旅芸人の一座に連れられてゆく。
S4 15 1080 初めて閻新に抱かれる。
S4 18 1083 閻婆惜を出産。旅は継続する。
S4 22 1087 二人目の子を流産。
これがきっかけで閻新が北京大名府に家を構え、閻婆惜と馬桂の二人でそこに住む。閻新は旅を継続。
S1 35 1100 閻新が病死。宋江を頼って鄆城へ行く。
閻婆惜を宋江の妾とし、自身は閻新の一座と、間諜の役目を継ぐ。
S4 39 1104 宋江が閻婆惜を殺したと聞き、開放府から鄆城へ駆けつける。
志英唐牛児から、李富が吹き込んだ偽の情報を聞き、宋江への恨みを募らせる。
鄆城郊外で李富と出会い、やがて開放府の妾宅に囲われる。


【関連人物】
● 閻婆惜
1083年生まれ。閻新と馬桂の娘。
1100年(17歳)に閻新が病死したのち、馬桂に伴われて鄆城へ行き、宋江の妾になる。
1104年(21歳)夏頃、嫉妬心から鄧礼華を殺害する。直後、それを目撃した宋清に殺害される。

● 閻新
馬桂の夫、閻婆惜の父。
宋江の古い同志であり、間諜。旅芸人をしながら全国の情勢を探っていた。
1100年頃、旅先で病死。
妻子の存在を同志には知らせていなかったが、妻子には宋江を頼るよう遺言を残した。
旅芸人の一座と間諜としての役割は、馬桂に引き継がれる。

● 金秀(きんしゅう)
1104年夏、李富が妾宅と共に用意した下女。幼い少女。