※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

晁蓋 (托塔天王)



出  来  事
0 1067 生誕。
S1 31 1098 宋江としばしば国の姿について語り合うように。
互いの存在を知ったのはさらに以前。
34 1101 この時期以前から梁山湖の水塞に目を付けていた。
S1 35 1102 宋江盧俊義柴進を引き合わせる。また魯智深と初対面。
呉用を伴って京兆府の裴宣のもとへ。魯智深武松も交え宴会。
阮小五や村の若者を率い、官軍の輸送隊を襲う。
呉用と共に朱貴の店へ。引き込み工作の準備。
阮小五の船上で宋江と釣り。「替天行道」の題を見せる。
S2 36 1103 兵100を率いて阮小五と渭州へ行き、史進らと共に公孫勝を救出。
生辰綱強奪作戦に参加。行商人の役。
青蓮寺が派遣した捜索軍から逃れるため、山中に15日潜伏。
公孫勝呉用・阮三兄弟・白勝と梁山湖の水塞を訪い、これを奪って梁山泊と命名、その頭領となる。
S4 37 1104 湯隆の手ほどきを受け、一振りの剣を打つ。これが完成した際、梁山泊の始動を決意。