※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

地霊星 安道全 (神医)


【年表】
出  来  事
0 1071 江南にて出生。
S1 幼い頃から文律に弟子入りしており、医術を学んだ。
S1 16 1087 鍼を打つことを始める。
S1 文律の病死後、北京大名府に留まる。
やがて白勝に出会い、彼が盗んできた物で食いつなぐように。
一年ほどで、安道全が作った薬を白勝が売り歩く生活に変わる。
しかし、薬が効きすぎる事を妬まれ、無実の罪で投獄。
数ヶ月後、盗みで投獄された白勝と再会。
S1 31 1102 春? 滄州の牢城に移送されてきた林冲と出会う。
牢城内で食中毒が発生、三昼夜通して治療をする。
年末 白勝の手術をするため、林冲に伴われ脱獄。
道中、吹雪の中で白勝の手術を行う。
S2 32 1103
or
薛永と出会い、ともに陳麗を診察する。
梁山湖の水塞に入り、すぐに養生所の建設に取り掛かる。
夏? 焦挺の母の診察をする。手遅れではあったが、焦挺林冲が繋がるきっかけとなる。
S4 33 1104 湯隆に鍼を作ってもらい、鍼治療や研究を始める。この時点で弟子はいない。

【関連人物】
● 文律
医術の師。
安道全が幼い頃から、江南で医院を開いていた。
新しい医術を求めて旅に出、その途中で北京大名府にて病死。
晩年には鍼について学んでいた。