※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天退星 雷横 (挿翅虎)


【年表】
出  来  事
0 1073 出生。
S4 鄆城の軍人であったところ、酌量の余地がありそうな罪人(田重、下記)を処断したことにより
国に対して疑問を抱き、それがきっかけで宋江の同志となっていく。
S1 28 1101 秋頃 鄆城に飛ばされてきた朱仝と出会う。
この時点で既に鄆城の歩兵隊長、かつ宋江の同志。
S1 29 1102 鄆城で宋江花栄朱仝と宴。
S2 30 1103 初秋 鄆城軍の指揮官として300を率い、晁蓋ら捜索の軍に参加。
S3 31 1104 2月 この頃、宋江に剣術を教えている。
S4 出奔した宋江らの同志であると李富に疑われて軟禁されるが、柏世の手引きで脱出。
追っ手の志英を斬り、同心してきた兵と共に柴進の屋敷を目指す。
柴進の屋敷に到着。

【関連人物】
● 田重(でんじゅう)
鄆城(近郊?)に住んでいた民。
重税を収めきれずに畠を取り上げられ、子を2人飢えで死なせてしまう。
その翌年、知県が大事にしていた石を盗んで捨てた事で死罪となり、雷横に処刑される。
これがきっかけで雷横は国に疑問を抱き、やがて宋江の同志となる。

● 柏世(はくせい)
1084年生まれ。鄆城軍の兵。
1099年(15歳)に軍に入り、雷横の下に配属され、厳しく鍛えられる。
1102年(18歳)頃から頭角を現し始め、やがて隊長である志英の直属となる。
1104年(20歳)夏頃、軟禁された雷横を助けて鄆城を脱出するが、追ってきた志英に斬られて絶命。
彼の死によって雷横の何かが吹っ切れ、窮地を脱することとなる。

● 志英(しえい)
1104年夏時点での、鄆城軍の隊長(済州軍の上級将校)。雷横・朱仝の上官。
李富に命令され雷横を軟禁する。
脱出した雷横・柏世を追い詰め、柏世を斬るが、逆上した雷横に返り討ちにされる。