※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青蓮寺関係者一覧


● 王和 (おうわ)
青蓮寺が持つ闇の軍の初代指揮官。
蔡京が宰相となったとき(史実では1101年)に創設された時からの隊長。
1104年夏頃、李富の旅に警固のため同道する。
1104年秋頃、致死軍との全面的な対決を指揮。公孫勝を負傷させる。

● 何恭 (かきょう)
1067年生まれ。袁明時代の幹部で、最年少。
当初は民政担当、聞煥章加入以降は聞煥章李富の下につく。

● 赫元 (かくげん)
1084年生まれ。
李師師の側近で、妓館の青蓮寺のNo.2。

● 羌肆 (きょうし)
1092年生まれ。闇の軍の三代目指揮官。育ての親は王和、師は高廉。

● 高廉 (こうれん)
闇の軍の二代目指揮官。
1104年夏頃、李富の命令により安丘の守備軍の半数を粛清。

● 扈成 (こせい)/扈僊 (こせん)
1085年生まれ。扈三娘の兄。祝家荘戦の頃は開放府へ遊学しており、のち科挙に通る。
名を「扈僊」と偽り、聞煥章の元で働くようになる。

● 呉達 (ごたつ)
袁明時代の幹部。1103年時点で40代以上、唯一の軍人出身者。当初は地方軍担当。
1104年夏、朱仝の鄆城からの逃亡に叛乱の匂いを察知し、これが宋江の正体を暴くことにつながる。
聞煥章加入以降は聞煥章李富の下につく。

● 周炳 (しゅうへい)
1092年生まれ。両親とも青蓮寺の手の者で、父は樊瑞に殺され、母も致死軍による青蓮寺殲滅戦で死んだ。
李富の護衛役。

● 周杳 (しゅうよう)
1114年生まれ。周炳の従弟。両親とも青蓮寺の手の者で、北京大名府で死んだ。
暗殺者となり、欧鵬の甥の欧元を名乗って梁山泊に潜入。

● 蒼英 (そうえい)
袁明時代の幹部。1064~1066年生まれ。
当初は禁軍担当、聞煥章加入以降は聞煥章李富の下につく。

● 呂英 (りょえい)
呂牛の息子。