※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天暗星 楊志 (青面獣)


【年表】
出  来  事
0 1075 出生。父親は楊六郎延昭の孫。
武挙に合格し、禁軍にて高俅軍の将校となる。
S2 27 1102 冬? 呉達の発案で地方巡検視として出される。
この途中で宋江と出会っているが、平凡な役人との印象。
28 1103 年始 地方巡検視として開封府へ戻る途中、林冲に阻まれ、立ち会う。
開放府へ戻り、青蓮寺と高俅に報告を済ませ、青州転属を伝えられる。
北京大名府へ移動中、燕青に導かれ盧俊義の館へ。魯智深と出会う。
初夏 北京大名府で梁世傑の直属とされ、青州軍に出向。秦明花栄にすぐ実力を認められる。
梁世傑に呼び出され、生辰綱輸送を命令される。副官は孔明孔亮
黄泥岡にて晁蓋ら7人に生辰綱を奪われ、捜索のためひとり軍を離脱する。
S3 鄆城など各地を捜索し、やがて密州へ。燕青に促され、安丘の曹正の店に落ち着く。
魯智深に誘われて安丘郊外の村へ行き、二竜山の山賊の実態を知る。
のちの楊令を引き取り、山賊の討伐を決意。
魯智深曹正と二竜山に潜入し、頭領の鄧竜を討つ。
年末 石秀孔明を受け入れ、やがて副官とする。孔明に一度は抜刀するが、その言葉に心が揺らぎ、斬りはしなかった。
安丘の穀物倉を襲い、叛徒として活動を始める。
29 1104 武松が二竜山を訪れ、語らう。
石秀と共に官軍の輸送隊を襲撃し、大量の物資を得る。孔明ら桃花山の軍も駆けつける。
北京大名府などの軍に二竜山・桃花山が攻囲されるが、外側から攪乱し撃退。
曹正に促され、入山以来初めて済仁美・楊令に会いに行く。

【関連人物】
●済仁美(さいじんび)
元は安丘の商家の娘。
両親を二竜山の山賊に殺され、身寄りがなくなり、曹正の妓楼で働いていた。
1103年秋頃、体調を崩して遊妓としての仕事を休んでいたところ、楊志の世話役を命じられる。
このことがきっかけで、楊志の妻・のち楊令の母のようになる。
1104年春頃には安丘の店を仕切るようになっている。