※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

袁明


【年表】
出  来  事
0 1053 出生。
S2 14- 1067 以降 神宗の代(徽宗の二代前、史実 1067-1085)に科挙に合格し、役人となる。
S2 16- 1069 以降 宰相・王安石(史実 1069-1076)に心酔し、彼の政策立案機関である青蓮寺に参加(立ち上げ?)
S2 23 1076 王安石が罷免され、神宗が改革を引き継ぐ。
S2 32 1085 神宗崩御。青蓮寺が裏の仕事をするようになる。
S2 47 1100 徽宗即位。この頃には青蓮寺は巨大な力を持っている。
S2 48 1101 蔡京が宰相となったとき(史実ではこの年)最初に王和の軍の創設を認めさせる。
S2 50 1103 年始 地方巡検視・楊志の報告を聞く。
蔡京に、呼延灼高俅軍強化に使うよう進言。
生辰綱強奪事件について、李富呉達と会議。
蔡京に青蓮寺の増員を認めさせる。
S3 年末 梁山泊の動向を気にかけており、それについて李富呉達に報告を求める。
手の者500名が致死軍に殲滅される。
51 1104 年始 手の者が殲滅された件について、青蓮寺の幹部4人を集めて会議。
これ以前、高俅に軍の出動を打診して断られている。
S4 呉達から朱仝宋江らの逃亡について報告を受け、直ちに李富を調査に送る。
闇軍と致死軍の争闘についての報告を、何恭と共に聞く。
李富に対し、馬桂を使った楊志暗殺を暗に指示。


【関連人物】
● 洪清 (こうせい)
1055年生まれ。幼い頃から袁明と兄弟のように育ち、いつもそばにいた。
昔から武術が得意で、袁明が科挙に合格した際も受験すらせず、やがて袁明の従者かつ護衛となる。