※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

宋の文官一覧


● 王安石 (おうあんせき)
改革的な宰相。袁明の思想や国家観に大きく影響を与えた人物。
青蓮寺ははじめ彼の政策立案機関として発足した。

● 徽宗 (きそう)
宋の第8代皇帝。史実では1100年即位。

● 神宗 (しんそう)
宋の第6代皇帝。史実では1067年即位、1085年崩御。王安石の失脚後、その改革路線を引き継いだ。
それ以降、青蓮寺の仕事は権力闘争への介入が中心となり、やがて巨大な権力を持つに至る。

● 梁世傑/梁中書 (りょうせいけつ/りょうちゅうしょ)
北京大名府の留守(りゅうしゅ、役職名)。
1103年、蔡京に十万貫の賄賂を贈るが、楊志が移送途中に晁蓋らに奪われる。