感想15-6.時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-

時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-

点数:38P 票数:19票 (2015-01-30) UNiSONSHIFT:Blossom




A-213■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 SM H3 992
三部作最終作はコケるというジンクスを覆した名作。
OPの時点で引き込まれ、どのように〆るのかワクワクが止まらなかった。
叙述トリックを用いた手法でシナリオに引き込まれ、二転三転した後についにラスボスの正体が判明した時は思わずおおっと唸ってしまった。
ラスボスといっても倒すべき悪というわけではなく、シナリオ上で衝突はするものの最終的には和解して共に事態の収拾を図ったところにはこのゲームの本質が見えてくる。
みっちーの中にいる彼女も救われたことでしょう。シナリオ終盤では災厄の魔女の真実からモー子とのキス、
妹の嬉し涙といった怒涛の展開が続き最後はみっちーが俺TUEEEEEEして問題を解決。
中々のカタルシスでした。おまるがOPムービーからも分かるように完全にメインヒロインでしたね。
完結編ということで風呂敷を畳むだけでも忙しいのにifとはいえリト√があったことも嬉しかったです。
ifなのでみっちーがムキムキマッチョマンではなくごく普通の体型として描かれているところはシナリオの整合上とてもよかったです。
あと、おまけシナリオのモー子はいつにも増して可愛かったです。

A-083■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― SG H2 531
エロゲ業界にあるジンクス「3部作は2作目でユーザーをものすごく引っ張るけど最終作でガッカリに終わる」法則が、
今作ではほぼ初めて打ち破れた作品ではないでしょうか。
今作では前作で提示されたまさかの感動要員となったおまるや夜の生徒の結末、主人公や20年前の事件の真相、学園長の暗躍など伏線がだいぶ張られていて、
いつもの3部作だと、投げっぱなしや斜め下のまとめ方などで発売前は不安もありましたけど、
今作ではきれいに伏線を回収しつつまとめられていて、素直にプレイしてよかったと気持ちよく終われる作品に仕上がったと思います。

A-140■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 SM H2 487
レイラインシリーズ最終作。1作目から追ってきた私としては本当に待ちに待ったラストストーリー。その期待を裏切ることない
素晴らしい結末。すべてのキャラクターに命が吹き込まれていて、彼ら彼女らが動いてるのを見るだけで楽しかった。そして、この
作品を彩るのはBGM。水月陵さんが作る音楽はレイラインの世界そのものと言っても過言ではない。切ない曲も熱い曲もそして日常
の曲も聞くだけで風景がよみがえってくるような気がする。シナリオは何も言うまでもない。あえて一言いうなら、最高、とだけ。

A-103■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SG H2 424
物語はハッピーエンドでこそと思ってる私としては大満足の1作でした。
ユニゾンはいつも雰囲気を作るのは素晴らしいと思いながらも
後ひとつ盛り上がりが足りないなーと感じていましたがレイラインは違いました。
2作目の伏線回収のような勢いはありませんでしたがパズルのピースが1つずつはまっていくようなシナリオ構成は見事でした。
あとは、モー子とイチャイチャしたいのでユニゾンさんは早くFD作ってください、待ってます。

A-117■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 CM H1 415
年の初っ端からとんでもない作品が出たなーと。ひと月ほど他のエロゲに手がつけられない放心状態になりました。
シナリオ、キャラ、音楽のどれもが去年トップ。終始プレイヤーを引き込む展開、ラストは名シーンの連続でした。
メインのカップリングと兄妹愛、サブキャラを含めた主人公サイドのキャラの自然な友情と優しさが尊い。BGM鑑賞をしては場面を脳内再生して涙を流しました。
総括としては優しさに包まれた作品という印象。

A-157■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 S  H2 395
個人的にあまり良い印象のない分割販売方法であったがしっかり綺麗に締めてくれた。
それも設定資料集から読み取れるように1作目発売から丁寧に伏線を張り設定がブレなかったからだろう。
1作1作は値段的には割高に感じるかもしれないが、ここまで高クオリティなら文句ない。
モー子が大好きなんで個人的には他ヒロイン√は不要だった。
もっとモー子とのイチャイチャがあれば更に好きな作品だったかも。

A-199■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SC H2 368
三本セットを通して読んだので、三作目のみの評価というのも案外難しいのですが、
前作までと同様に相変わらず話の組み立て方が巧みというか、
こちらも色々と考えを巡らせつつ読んではいるつもりなんですが、
謎やからくりが明かされる段になれば何処かしら深く感心させられてしまう所のある、
そんな作りが健在でした。
凡そ不満のない完結編になっていたと思います。

A-122■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SM H2 308
レイライン三部作の最後です。シナリオは結構伏線合ってすごいと思いましたね。
途中でぐだることもなく進んでいくのでつまらなくなることもなく続きが気になるようになっているのでずっと楽しめる状態ですね。
最期も完結編としてはいい終わり方だったと思います。
あとこの作品の曲のLey-Lineは名曲だと思います。

A-172■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SM H2 294
長く待たされましたが文句無しのグランドフィナーレ。
2作目3作目と続けて新キャラ足して回しながら主要キャラの見せ場も作る構成力は流石の一言。
具を足して煮込む度に味の良くなるカレーのような作品でした。
評価点は悩みましたがせっかくなのでMで。同梱BOX特典のサントラとても嬉しかったです。

3-042■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 SG H2 288
残された伏線を綺麗に回収して物語が収束していく様はプレイしていて見事に引き込まれました
最後の大一番を前に保留となっていたみっちーとモー子の関係が前に進んだのには思わずニヤニヤ
終わってみれば悪人が一人もいなかったということに驚きましたが敵対していた人物も救われたのは良かったです

A-124■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 SM H2 273
3部作の三作目は多くがこける中、右肩上がりに良くなっていった作品。
分割であったことのデメリットは大きかったが、3作品の主題歌の旋律が散りばめられたBGM「Ley-Line」で帳消しにできてしまった。
これからプレイされる方はなるべく事前に情報を調べずにプレイして頂きたい作品。

2-041■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― SC H2 205
3部作の完結編で前作から2年待たされましたが、待たされただけの価値はありました。
水月氏のBGMも相まって、ファンタジーな世界観に引きこまれました。
過去作の伏線も綺麗に回収されていてすっきりしました。

A-100■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+2 SM H1 152
時計仕掛けのレイラインこれにて完!きちんとした伏線回収と納得の終わらせ方でした
真犯人は誰それみたいなミステリー的な部分の面白さが秀逸だと思いました

4-190■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SC H2 152
人気投票にコンビ投票があったように、キャラの組み合わせが良かった
ピンとはまた違った顔を特定の相手には見せる
そういうキャラの魅せ方が上手かった

A-066■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― S  H1 90
1作目、2作目の伏線を綺麗に回収しつつ、物語もハッピーエンドで終えたのは素直にすごいと思う。

A-047■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― SC H2 46
完結としてはやや不満もあるがそれなりに楽しめた

A-178■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― SM H2 44
シナリオだけでなく楽曲も素晴らしかったです。

A-043■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■+1 SC H1 41
3部作の最後の作品
完成度が素晴らしい

A-096■時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-■― ― ― 34
きれいに完結して本当に良かったです


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。