感想14-15.ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)

点数:33P 票数:21票 (2014-11-28) インレ




1-352■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― SC H3 844
新八さん枠
前作で空白だった期間の話を思った以上にしっかり作りこんできたFD。幕末の話で坂本竜馬不在とはなかなか斬新です。
池田屋事件での最終戦への期待感の高まりは異常。最終戦、新撰組の前に立ちはだかる討ち入り衣装の赤穂浪士。こんなの盛り上がるに決まってます。
主要キャラ同士が火花を散らす中、名無し相手に見せ場の無い味噌っかす扱いのメインヒロイン二人・・・。二人にも名前持ちの相手を用意してあげて・・・。
しかしてっきり”誰も選ばない”はハーレム直行なんだろうなと思ってたらまさかの展開。
雰囲気に流されてあれだけ節操の無く種付けする主人公が頑なに一人を選ぶ事に拘る意味が分からない。
そしてメインストーリー終了後に開放される新八アナザーが予想以上に良かったです。
いやー、複数の赤穂浪士を相手にして圧倒する狂気漂う新八さんの大立ち回りマジかっけーっす。
正直、赤穂浪士vs新撰組戦の余韻は全部持って行かれました。


1-118■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 SG H3 573
本編では個人的に最終章である5章が超展開で、蛇足に感じてしまったので、
今作は期待半分、不安半分といった感じでしたが、予想以上に面白かったです。
序盤は各ヒロインとイチャイチャしたり、本編で延べられなかった部分の説明に終始し、若干退屈でしたが、
この作品のキーである新撰組と忠臣蔵メンバーが深く絡む、中盤のある事件から、一気に面白くなりました。
特に新撰組と最終的に相対する終盤のシーンはとても熱く、そこは流石ChuSingura46+1の続編だけありました。
また、本編のアナザーエピソードである新八ルートは、不覚にも感動できたので新八スキーとしてはとても満足でした


1-057■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― CG ― 465
エロゲで学ぶ日本史、幕末編。
本編で綺麗に完結している類の作品のFDなので蛇足になるのを危惧していましたが悪くない。
赤穂浪士と新撰組が共闘し、もうひと展開見てみたかったと思うものの手堅くまとまっていたかと思います。
サブキャラ掘り下げ、実力的には上から数えて赤穂浪士の中で5番手くらいに位置しているはずなのに、
ヒロイン補正が無いので二軍のその他大勢止まりで甘んじている孫太夫かわいい。
郡兵衛、小平太あたりは島編に絡んで来て欲しかった感はある。


1-254■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 SC ― 405
前に出た忠臣蔵のFD。前作ではなかったサブキャラとのHシーンを追加したFDらしい部分と、
時空を飛び越えて、赤穂浪士が新撰組と対峙する熱い物語で構成されています。個人的には、ラストのほうも「いかにも」な感じで好きです。
まあ、私は時間跳躍ものだとアニメ「時空の旅人」あたりが最初に見た作品なので、そういう結末が好みでしょう。
赤穂浪士と新撰組が「武士」の矜持をかけて、名乗り上げるところは燃えます。


1-221■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 CG H2 264
注文通りの激アツシナリオ。
新撰組って何だよこれ以上キャラ多くする気かインレも一発屋だったな
などと思っていた俺を正義の名の下に切り捨ててやりたい。
盛り上げるところで一気に盛り上げる技術は健在。
さすがに三作目はないだろうがこれからにも十分期待。


1-175■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 S  H1 252
もう少しエッチ方面を増やして欲しかったのを除けばFDとして申し分ない。
本編に新八が出てこなかったときには暴れそうになったが、アナザーで新八全部入りがあったので暴れずに済んだ。

ただ、えもしちがメインの一角を占めてるのはいまだに解せない。


1-230■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― SC H2 251
良い出来のFD。前作の空白部分で起こった出来事を補完しているが赤穂浪士VS新選組の戦いが熱く描かれている。
相変わらず戦闘描写での立ち絵の動かし方には感心させられる。
ただ前作4章と同様に歴史に関する説明的描写がややクドく感じてしまうのが残念だった


1-274■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 SC ― 245
外伝という名のどう見ても真の最終章でした
前作もオチ自体はよかったけれど作者がやりたいENDはこっちだったと思うほど
本編の方は今回幕府の終わりとかけ合わせることで作者の独自解釈がまだまだ健在で面白かった
何故か謎の説得力が感じてしまう


1-059■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+2 SG H3 232
歴代のあらゆるFD作品の中でも突出している俊逸な出来。
幕末編は去年の本作に引けを取らないシナリオの熱さと進化している演出は最高レベル、
その上サイドストーリーでは泣かせにくるので燃えと泣きを併せもつ、かゆいとこにも妥協がない


1-416■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― SG H2 212
前作で語られなかった部分を上手く補完してくれて良いFDだった。
幕末編での新選組との戦いは総じて熱く、演出も強化されていた。
一番好きなキャラが新八だったので、サブシナリオの新八の可愛さにも悶えさせられた。


1-413■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― S  H2 182
歴史物は好きなので今作も楽しめました。
新撰組の扱いが酷いけど、それはそれで中々面白かった。
共闘したら敵役がいなくなっちゃうし、戦いは熱かったのでこれで良かったと思います。


1-165■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― SG H2 144
殺陣の演出相変わらずかっこよすぎて濡れる 新撰組にもう少し感情移入できる理由がほしかったですが、FDにしては十分なシナリオ 新八ルートも良かったです


1-415■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 SC H2 128
体験版部分では期待していなかったのですが想像以上に良かった
続編を出すのは難しいかもしれませんが次は新選組で是非待っています


1-163■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+2 SG H3 102
FDに投票は避けたかったのだが、今年の燃えでは断トツだった
このまま、この路線で頑張っていただきたい


1-030■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― CG H2 90
時代劇好きなので。前作に引き続き。
新撰組がどうにもクズいのが意見が分かれるとこかも。


1-241■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― CG H4 78
戦闘のテンポの良さ、細かい立ち絵描写は変わらずFDとしての完成度はかなりのもの。


1-397■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― SG H3 74
戦闘シーンの熱さに引き込まれた。欲を言えばもっと新撰組との絡みが見たかった


1-149■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 S  H3 28
新八ルートがヤバイ(語彙不足


1-143■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― S  H2 26
FDだがシナリオが凝っていた


1-185 ■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■― ― ― 0

1-388 ■ChuSingura46+1 -忠臣蔵46+1- 武士の鼓動 (A samurai's beat)■+1 C  H3 0



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。