感想17-09


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ChronoBox -クロノボックス-

点数:17P 票数:9票 (2017-05-26) NO BRAND




1-058■ChronoBox -クロノボックス-■+2 SG H3 951
2017年では一番の意欲作と言いたいのがコレ!
やれ、あの娘のルートが無いだとか、処女じゃないと!だとか、ユーザーの好みに合わせて無難な作品も多い中で、
処女だとかルートがどころか、これだけニッチな方向を攻める作品を良く出してくれたと思う
シナリオが「駄作」の桜庭さんって辺りで、もう狂気全力なんだろうとは思ってたが、
物語や舞台の構成、立ち絵、SEの演出による物語の謎の示唆と、ラストの回収まであらゆるところに伏線が散りばめられている。
物語のラストには、色々と謎だった部分が解明されるので、大凡のことはプレイヤーに知らされるけど、
2周目を始めると、細かいセリフや挙動の中に物語の謎に関する手がかりがあり、この確認作業がとても楽しかった
まぁ考察が好きではない人、萌えりゃあいいんだよ!な人、グロだめな人辺りには全然オススメできないけど、その辺イケる人には是非やってもらいたい

諸事情で、りょーちんD、桜庭さん、長浜さんトリオの次回作はNO BRANDではなさそうだけど、開発は始まってるらしいし(?)、次回作にも期待したい

1-082■ChronoBox -クロノボックス-■+1 SM H2 941
平和な孤島の学園で最高の仲間と過ごすハートフルデイズ(大嘘)
誰かが欠損し消えていく日常は異常であるはずなのになぜそれでも平和であり続けたのか。
それを知るころにはきっと憎悪し、憐憫し、わずかばかりの幸せをかみしめていることだろう。
異常者の世界に触れてやる必要はない。理解してやることもない。
ただ我々はその世界を外側から見て平凡な日々の大切さを再認識すればいいだけだ。
とまあそれはともかくおちんちんがないゆっふぃんはかなり可愛いです。
出番がほとんどない天美のヒロインパワーは圧倒的だしその他みんなだいたい可愛い。
もっともそれがいつまで続くのかまでは保証しないけども。
未プレイで興味がある人はまず公式サイトのキャラの並びを見て3種類ある体験版を全てやってほしい。
そしてそのときに浮かぶ疑問や違和感はそのままにして本編をやることをお勧めする。
それらの細やかなトリックまでもが綺麗に収束するさまはまさに圧巻である。
唯一の失敗は恐ろしい存在であるべきの屍ちゃんが割と最初から可愛いところ。

1-160■ChronoBox -クロノボックス-■+1 SG H2 650
嬉しいじゃないですか。こんな超斜陽業界に「すげぇモン作ってやるぜ!」と言わんばかりに力が入った作品を作ってくれるなんて。
この作品、プレイヤ―側からは「いや、ちょっと待て。えっ、何?は?は?は?」の連続なのですが
そういうのを全て置き去りにして問答無用でストーリーがグイグイすすむのだから止め時が分からない。
何がどうなってこんなことになっているのか知りたくてしょうがなくなる。
おそらくだいたいの人は最後まで行かずとも謎の答えを予測出来ると思うのですが、
その時も「あーはいはいそうだよねー」というよりは「よっしゃ当たった!」っという解いてやった喜びと
爽快感の方が大きくなるミステリー?ものとして絶妙な匙加減だと思います。

1-017■ChronoBox -クロノボックス-■― SC H2 626
最初は『屍ね』のインパクトが強すぎて、普段はあまりグロゲーや凌辱ゲーをやらない自分としては少々尻込みしてしまいました。
しかしながら、好奇心のほうが勝り購入。
結果として、尻込みをするのが馬鹿らしくなるほどに杞憂でした。
確かにショッキングなシーンも多いですが、耐えられないほどではなかったです。
なにより、シナリオが素晴らしい。
EDENやギフトの謎、その他諸々の伏線が綺麗に回収されていく快感。
同時に、綺麗すぎて、あまりにもシステマチックすぎるなあとも思いました。
欲を言えば、那由太と○○の交情を、もう少し掘り下げて描写してほしかった。
フルコンプした後に見るタイトル画面は、感涙ものです。

1-144■ChronoBox -クロノボックス-■+2 SC H5 582
2017年一番のシナリオゲー。
伏線回収は見事。

主人公がヒロインに無条件に好かれる理由やヒロインの淫語連発など、エロゲにありがちな要素を上手く伏線化させている点を中心に、
エロとシナリオをきちんと融合させており18禁である意味がしっかりと存在している。

ただのシナリオゲームではなく、18禁だからこそできる表現と言う意味で、物凄く珍しく、それでいてきちんと各種設定が正当化されていた。
物語終盤のとある立ち絵の演出なども物語設定を上手く表現していて、シナリオと演出の歯車が噛み合っている。

延期・バグ・誤字などが無かったことも評価したい。

1-212■ChronoBox -クロノボックス-■― SC H3 516
今年のダークホースNo.2。キャラクターが規格外に多い点や、
キャラ名が奇抜なものばかりだったことから、初めはグロ要素を全面に出した
インパクト勝負の出オチゲーかと思ったが、その手合によくありがちな
作り込みの甘さや粗さが一切見られない、非常に丁寧に練り込まれた作品。

豆腐メンタルには厳しい、救いのないストーリーではあるが、
ライターが日和ったりせず書きたいことを最後まで貫いた点は好感が持てるし、
こういうエロゲにしかできない表現を活かした意欲的な作品は今後も積極的に応援していきたい。

1-055■ChronoBox -クロノボックス-■+1 SM H4 172
あの「駄作」の桜庭丸男氏が企画シナリオということもあって
ただのグロゲーではありません
とても緻密に練られたシナリオゲーの傑作
ED後のタイトル画面には泣かされた

1-094■ChronoBox -クロノボックス-■+1 SG ― 58
言わずもがなな作品、ノーマルな学園モノに飽きがある方は是非

1-215■ChronoBox -クロノボックス-■― S- H3 28
ゆっふぃん最高だよゆっふぃん



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。