※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】ロロ・ランペルージ
【出展】コードギアス 反逆のルルーシュ
【種族】人間
【性別】男性
【声優】水島大宙(参加者関連ではAngel Beats!の高松。その他、ましろ色シンフォニーの瓜生新吾、ココロコネクトの八重樫太一、次の犠牲者をオシラセシマスの森崎昇など)
【年齢】16歳
【職業】高校生
【外見】短髪、中性的な顔立ち

【口調】
 一人称は「僕」、二人称は「お前」「貴方」、三人称は「あいつ」。

【概要】
 『R2』より登場したルルーシュ・ランペルージの「弟」。
 幼少期にV.V.によって拾われギアスを発現、その能力によってギアス嚮団で暗殺を生業としていた。
 ブラックリベリオン後にルルーシュの監視・抹殺とC.C.捕獲の任を受け、嚮団から派遣されてきた。
 ルルーシュが記憶を取り戻したことを知るも、ルルーシュの策に嵌り、見せ掛けの絆によって籠絡されることとなる。
 その後は本当の弟としてルルーシュに身も心も尽くそうとした。
 ルルーシュに対する独占欲が高じて、ルルーシュにとって大切な存在のナナリーやシャーリーには強い嫉妬心を抱くことになる。
 弟としてルルーシュに接する中でもらった「誕生日のプレゼント」のロケットに異常なまでに固執する。

 生徒会のリヴァル・カルデモンド曰く性格は根暗。


【能力】
 ・ギアス
 嚮団の手で発現した「絶対静止の結界」。ロロの“今のままでありたい”という願いが具現化したもの。
 ロロを中心にして範囲内にいる人間の体感時間を止めて、行動・思考を停止させることができる。
 発動の際は右目に紋様が浮かび上がる。幼少期より使用している。
 ルルーシュのように細かい使用条件はないが、以下の制限がある。
 《制限》
 ・停止するのは対象の体感時間のみで、物理現象の類(発射された弾丸など)を停めることはできない。
 ・発動時には心臓が停止してしまう。このため使用時間によって負担が大きくなる。
 ・範囲は自在で広範囲に及ぶが、範囲を広くすればそれだけ負担も大きくなる。

 対KMF戦でも、上記のギアスを併用して強者と渡り合うことが可能。
 また、暗殺を生業としてきただけあり凶器の扱いには慣れている模様。




以下、王道ロワイアルにおけるネタバレ有


対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

ロロ・ランペルージの本ロワにおける動向



初登場話 041:僕は/俺は友達が少ない
死亡話 061:決意と殺意が交わる時
登場話数 2話
スタンス 奉仕マーダー(ルルーシュ)
現在状況 一日目の早朝、死亡。遺体は【G-2】祭り会場付近に放置

キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話
ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア 敬愛 兄さん 偽兄弟 ※未遭遇
C.C. 仲間 C.C. 黒の騎士団 ※未遭遇
枢木スザク 敵対 邪魔者 ※未遭遇
ユーフェミア・リ・ブリタニア 敵対 ユーフェミア 死んだ筈の人間 ※未遭遇
黒崎一護 協力→敵対 信頼せず 041:僕は/俺は友達が少ない
涼宮ハルヒ 協力→敵対 信頼せず 041:僕は/俺は友達が少ない
バーサーカー 警戒 姿を視認する 061:決意と殺意が交わる時
春原陽平 敵対 殺害される 061:決意と殺意が交わる時



死亡後からの参加。目が覚めると隣には黒崎一護がいた。
情報交換を終えてから出会ったのが、天真爛漫な涼宮ハルヒ
図々しい彼女に辟易しつつさらに情報交換をし、武器をもらう。
この時点では「兄のルルーシュ・ランペルージを探す」くらいしか考えていなかった。
だが、2人を偽善者扱いして信頼しないなど、生来の根暗が思考を悪い方向へ向かせていく。
さらにバーサーカーが現れた途端、2人を見捨てて保身に走る。
その上で奉仕マーダーになることを決意……するも、直後に春原陽平によって額を撃ち抜かれ、その命を落とすことになった。
あるいは一護とハルヒをもっと信頼していれば、別の道もあったかもしれない。
|