※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】真アサシン
【出展】Fate/stay night
【種族】英霊
【性別】男性
【声優】稲田徹(参加者関連ではKanonの石橋先生、BLEACHの狛村左陣、愛川羅武、AIRのモブ)
【年齢】不明
【職業】サーヴァント
【外見】黒いローブと白い髑髏の仮面。

【口調】
 一人称は「私」、二人称は「お前」「貴様」。名前を呼ぶ際は「○○殿」と呼ぶことが多い。

【概要】
 真名はハサン・バッサーハ。イスラム教の伝承に残る「暗殺教団」の教主「山の老翁」。
 ハサンの名は代々襲名されてきたもので、複数いる「ハサン・サッバーハ」を名乗った暗殺者の内の1人が彼である。
 不気味な外見は後述のスキル「自己改造」によるもの。髑髏の仮面の下には顔は存在しない。

 第五次聖杯戦争において、間桐臓硯によって召喚された本来のアサシン。
 暗殺者のスタンスからか、敵サーヴァントと対峙しても正面戦闘することは無く、専ら罠への誘導や陽動役を努める。
 理詰めで標的を追い詰めていく仕事人タイプ。忠義に厚く、主と認めた人物は裏切らない。
 聖杯への望みは自らの顔を取り戻し、オリジナルのハサン・サッバーハとして永遠に名を残すこと。
 間桐臓硯がマスターの際のパラメーターは以下の通り。

 筋力:B  耐久:C  敏捷:A  魔力:C  幸運:E  宝具:C

【能力】

●スキル

《気配遮断:A+》
 アサシンの固有スキル。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能になるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。
《投擲(短刀):B》
 短刀を弾丸として放つ能力。
《風除けの加護:A》
 中東に伝わる台風除けの呪い。
《自己改造:C》
 自身の肉体に別の肉体を付属・融合させる。他サーヴァントの心臓(霊核)を取りこんで能力を増強することが出来る。

●宝具

《妄想心音(ザバーニーヤ)》ランク:C
 長い布に包まれている、人一倍に長い右腕。
 対象に触れることで、対象の心臓のコピーを作り出す。これを握りつぶすことで対象本人の心臓を破壊し呪殺する。
 要は即席の呪いの藁人形のようなもの。魔力で対抗することも可能(対魔力がA以上必要ではあるが)。




以下、王道ロワイアルにおけるネタバレ有


対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

真アサシンの本ロワにおける動向



初登場話 025:散りゆく者への子守唄
最終登場話 098:この大地の果てで(前編)
登場話数 3話
スタンス 特殊(サーヴァント狙い)
現在状況 一日目の朝、H-4街

キャラとの関係(最新話時点)
キャラ名 関係 呼び方 解説 初遭遇話
衛宮士郎 敵対 ※未遭遇
セイバー 殺害すべき相手
アーチャー
ランサー
アサシン
キャスター
バーサーカー
衛宮切嗣 警戒
ライダー 敵対 殺害する 025:散りゆく者への子守唄
北川潤 ライダー殺害に利用する
六道骸 友好 ムクロ殿 協力する 076:仮面は微笑む。
棗鈴 その他 リン殿 098:この大地の果てで(前編)
アウレオルス=イザード アウレオルス殿


バトルロワイアルを聖杯戦争と誤認してのスタート。
サーヴァントを全員殺害すれば優勝できると思っているが、主催者らのルールをちゃんと聞いていたのかは不明。
気配遮断スキルを使いライダーを投げナイフで狙うが当然姿がバレてしまう。
姿を現し1対1でライダーと戦うが適うわけがない。
彼の取った行動は1対1がダメなら1対2にするという発想。
因みに真アサシンが1、ライダーと北川潤が2の自分ではなく敵側を2にするというまさかの作戦。
作戦が成功し、北川を庇ったライダーを殺害。
次はキャスター辺りを狙うらしいがキャスターを楽観視しているのだろうか?
その後六道骸に遭遇。
因みに邪魔をしないただの参加者は狙わない紳士である。
骸には純粋に従って行動。
そして悲鳴を上げて気絶した棗鈴と遭遇。
鈴の仲間のアウレオルス=イザードを助けて欲しいと言われる。
相手はあーちゃんなる謎の人物だったがあーちゃんの正体はアーチャーと知り彼を狙う為アウレオルス救出に向かう。
|