※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

番外放送が終わってから少し後。
草原の真ん中で、宗像形はゆっくりと立ち上がった。
枢木スザクとの戦闘を終えた後、宗像は疲労回復に努めていた。
とはいえ既に二時間近く経過していたから、充分だと判断したのだろう。
準備運動をするように、腰や腕を中心に、身体をぐるぐると回す――ついでにハルバードも回す。
その動きは精巧にして緻密。
武器、あるいは凶器を扱うことに長けた人間のものだ。
数時間前に戦闘を行い、傷を負ったとは思えないほどである。
無論、殺人にもなんら不都合はないのだろう。
身体の調子を確認し終えた宗像は、ひとつ息を付いた。
そして誰に告げるわけでもなく、小さな声で呟く。

「死んだのは十四人。今の放送によると一人生き返ったようだし――僕はあと八十六人殺せるってことだね」

その言葉からは、宗像形という人間の中の狂気が窺えた。
放送を聴いて、宗像は自分があと何人の人間を殺せるかを考えていたのだ。
悲しみを抱くわけでもなく。
怒りを覚えるわけでもなく。
焦りを感じるわけでもなく。
喜びに震えるわけでもなく。
ただただ、殺したいという衝動に駆られていた。
宗像の抱える『殺人衝動』が、そう渇望していたのだ。
そう、異常なまでに。

「それにしても武器が――いや、暗器がハルバード一つしかないのは心許ないな」

再び呟くと、宗像の手からハルバードが消えた。
否、そのように見えただけであって、実際は『暗器収納術』によるものだ。
『暗器収納術』とは、黒神めだかの兄である黒神真黒に開発されたスキルである。
これにより、宗像は自身の着用している制服に大量の暗器――もとい凶器を携帯できる。
日本刀、ハンマー、拳銃、手榴弾、ブーメラン、狼牙棒。
その種類は多岐にわたり、その量は計り知れない。
しかしバトルロワイアルに招かれるにあたって、それらの凶器は全て没収されていた。
故に現在宗像は、凶器と呼べるものは支給品のハルバードしか収納していない。
ちなみにその他の支給品も収納はしている。
だが、それでは到底足りないと宗像は考えていた。

「さっきの――枢木スザクのような強者を殺すためには、銃器かそれ以上のものが必要だ」

語りかけるかのように独白する宗像。
第一回放送前に戦闘を行った枢木スザクと、その武器についてだ。
スザクが使用したのは、強力なスタンガンと手榴弾の二つ。
あの二つがスザクの支給品なのだろうと宗像は推測していた。
宗像の支給品であるハルバードと比べて、単純な殺傷力ではあちらの方が明らかに上だ。
つまり、支給品の優劣には個人差があるということだ。
宗像自身の支給品も然り。
防犯ブザーとハルバードでは、どちらが凶器として有用か――あえて問うまでもない。
それでは、より有用な凶器を手に入れるにはどうすればいいか。
自身の支給品にそれがないとすれば、取る手段は一つだ。

「他の参加者を殺して、支給品を奪う」

結局、ごく単純な結論に辿り着いた。
行動指針が決まったところで、宗像は袖口から防犯ブザーを取り出した。
ランドセルに付いているのを見かけることも多いであろう、ごく一般的な市販の防犯ブザー。
宗像は勢いよくそれのひも状のスイッチを引っ張り、適当に放り投げた。
途端に周囲に大きな音が鳴り響く。

「これで人が集まってくるだろう」

子供の悲鳴にも似た甲高い音は、非常に人の耳に入りやすい。
まして殺し合いの最中ともなれば、参加者たちは耳を含めた全ての神経を研ぎ澄ませているはずだ。
とすると、防犯ブザーを鳴らすことで参加者が集まってくる可能性は高い。
そして集まった参加者を殺すことで、新たな凶器を入手することができる。
これを繰り返していけば、人を殺し尽くすのも容易だ。
少なくとも、人がいるというあても確証もなく歩き回るよりはいい。
宗像はそのように考えていた。

「それじゃあ、しばらく待つとしようか――僕に殺される人間を」

そう言って宗像は息を吐いた。
案山子のように突っ立っている痩身からは、まるで殺意は感じられない。
だが実際は、何よりも人間を殺害することを考えている。
“人間が好きな感情”が無くなった異常、今の宗像は殺人機械も同然。
今の宗像にとって、親友である人吉善吉を含めた全ての参加者、全ての人間はただの知り合いだ。
親愛も愛憎もなく――あるのは衝動のみ。

「斬って殴って嬲って刺して晒して垂らして殺して殺して殺して――殺す」

自制できない衝動が、呟きとなって漏れる。
果たして、誰が最初にハルバードの――殺人衝動の餌食になるのだろうか。
それはまだ分からない。
だが、吹き始めた風に乗った殺意が、誰かに届くのに時間はかからないだろう。


【C-5 草原/午前】

【宗像形@めだかボックス】
【装備:野田のハルバード@Angel Beats!】
【所持品:支給品一式、壊れているストーブ@Fate/stay night】
【状態:服が若干ボロボロ、傷(小)】
【思考・行動】
0:やってきた人間を殺す。それまで必要以上に動かない。
1:強力な凶器が必要だ。
2:凶器を手に入れて全員殺す。
【備考】
※戦挙編〜次世代育成プログラムの間からの参戦です。
※人間が好きな感情がなくなり、殺人衝動だけが残る人間になりました。
※『暗器収納術』を使用しているので、周囲から見ると徒手空拳の状態です。





防犯ブザーの音が鳴り響く中、宗像のことを観察する者がいた。
その名は園崎詩音。
既にこの世を去った園崎魅音の双子の妹であり、想い人のためにこの殺し合いに乗った少女である。

枢木スザクの手榴弾による怪我を負った詩音は、ひたすら逃げていた。
詩音の目的は優勝して北条悟史と再会すること。
唯一にして絶対の目的の為にも、犬死には御免だった。
だから強者は相手にせず、逃走を図ったという訳だ。

そんな詩音が次に人を発見したのは、番外放送を軽く聴き流した後のことだった。
その男は、何もない野原にぼうっと立っていた。
武器も道具も持たず、無防備なその姿を、しかし詩音は警戒した。

今までに詩音が遭遇した参加者は四人。
最初に襲った金髪の少年。
銃を撃ってきた桃色の少女。
続いて襲った赤い髪の少年と茶髪の少年。
その中で詩音が実際に殺害できた者はいない。

(優勝することは思っていたよりも難しい)

詩音自身が目にして来た参加者の姿を思い出す。
主催者に反抗した大柄な男は、理屈は不明だが腕が変形していた。
桃色の少女は拳銃を持ち、躊躇いなく発砲した。
茶髪の少年は手榴弾を持ち、殺意とともにそれを放った。
この島にいる人間の多くは、むやみに襲いかかるだけでは殺せない――そのことを、詩音は理解し始めていた。
だからこそ詩音は、観察することにした。
この男を殺すことは可能かどうかを見極めるために。

(……たぶん、無理だ)

名前も知らない男の、異様な行動。
何もない所からハルバードを取り出したこと。
身の丈ほどもあったそれを楽々と振り回したこと。
「殺す」という物騒な単語を連呼していたこと。
防犯ブザーのスイッチを入れて投げたこと。
それら全てを、詩音はずっと観察していた。
そう結論を出したのは、当然だったと言えよう。

(アイツは危険だ)

詩音が宗像を観察した結果は、その一言に尽きた。
行動も言動も挙動も、何もかもが身の危険を感じさせる。

(絶対にアイツには近付かない――近付きたくない)

それは宗像の殺人衝動を肌で感じた詩音が、本能で危険を感じ取ったからかもしれない。
あるいは宗像に負けず劣らず狂気に染まっている詩音が、生理的な嫌悪感を抱いたからかもしれない。
なににせよ詩音は、宗像には近付かないことを決めた。

(とにかくアイツに気付かれる前に、早くこの場から離れなきゃ。
……くそっ、アイツがブザーを鳴らさなきゃ、ゆっくり休んでいられたのに)

怪我の程度は軽いものの、休息はとっておきたかった。
詩音の目的は、あくまで優勝することのみ。
その為には、詩音以外の八十六人をどうにか排除しなければならない。
排除する――と言っても、詩音は圧倒的な力を備えている訳ではない。
人を殺すにあたっては、万全の状態でいたかったのだ。

(一番近い施設は……墓地と廃墟、それに……ジュネス?)

休息を取るためにも、近くの施設を目指そうと地図を開く。
詩音が今居るC-5エリアには施設がないが、隣接する三つのエリアに施設があった。
しかし、墓地は休息を取るには些か気分の悪い場所だ。
できない、というわけではないが、休むにあたっては遠慮したい場所である。
では廃墟はどうか。文字を見ると敬遠したくなるが、同じ理由で他の参加者も避けるのではないかと予想できる。
休息を取るには適した場所かも知れない。
残る一つ、ジュネスはどうか。これは未知というほかない。
まず施設の概要が全く不明だ。
詩音がいた雛見沢には、ジュネスなどという場所は存在しなかった。
よって、どういった施設か推測することも、今の状況では不可能だ。

(でも……街の中にあるということは、ある程度は設備の整った施設なのかな?)

未知数と分かっていながらも、そう期待してしまう詩音。
廃墟で休息することを回避したいという思いがあるのか、はたまた未知なる施設への僅かな好奇心があるのか。
だが、逡巡したのも一瞬。
詩音は俯いていた顔を前へ向けると、デイパックを担ぎ直した。

(速く……速く速く速く、悟史君の元に帰るんだッ!!!)

心に刻むのは“絶対に帰る”という意志。
その意志の強さは、双眸に宿る光の強さからも見て取れた。
詩音はそのまま、傷を負った身体で、目的とする施設に向かって駆けていく。
幸運にも、風は追い風だった。


【園崎詩音@ひぐらしのなく頃に】
【装備:止まれの標識@めだかボックス】
【所持品:支給品一式、ランダム支給品×2】
【状態:怪我(中)、雛見沢症候群L3】
【思考・行動】
0:ひとまず男(宗像)から離れて、休憩できる場所(墓地か廃墟かジュネス)へ行く。
1:優勝して悟史君の元に帰る。
2:参加者全員を殺す。
【備考】
※目明し編からの参戦です。
※宗像形を危険視しています。
※どこを目的地にしたかは以降の書き手さんにお任せします。


【その他備考】
※C-5に防犯ブザーが落ちていて、鳴り響いています。半径1kmの範囲内であれば聞こえるかもしれません。


103:イキキル(非)日常編 時系列 [[]]
105:*~アスタリスク~ 投下順 107:CODE:Revise
082:光と絶望の境目 園崎詩音 [[]]
043:白騎士物語 宗像形 [[]]
|