ロボカイ対策2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BACK



46 :名無しさん:2007/05/28(月) 12:30:16 ID:c5pm4Jz60

   ・開幕
2S安定 ただし最速出しに自信が無いならガードで
ロボ遠Sを予想してJP>JHSや、JP連打でいきなり接近するのも有りだが、
対空手段が豊富な相手なのでなるべく地上から
相手が飛んでくるようなら早めの立HSで対処

   ・遠距離
充電されるだけなのでさっさと近づく
空ミサも高度によるが見てから走れば下潜っていける

   ・中距離
屈ミサと空ミサ、空対空JHSが結構痛いので、地上戦多めで
Lv2排熱が邪魔 高め空中ダッシュで飛び越せるが、青されるとガードされてしまう
発生は遅めなので、2Sを振りまいて対処
ロボ遠Sとぶつかると微妙 早めに出して届けば勝てるが、遅れるとCHでダウンする

2Sばかり振っているとLv3カイ現象が怖いので、置き気味遠Sも少し混ぜていく
完全に読み切ったらGB 出し遅れなければ負けはほとんどない

決め打ち2S>6HSはやりすぎると直ガ立ちHSで割り込まれる

CKBHBは相手のゲージある時は封印 空振り見てから駄目駄目>即頭突きで吹き飛ばされる
先端ガードさせても届くことがある

Lv2排熱が聖ソル戦ではかなり機能するため、熱状態になることはあまりないが、
この時は相手の牽制からのリターンが跳ね上がるため、無理に付き合わないのが大事


   ・近距離
Lv3開幕、立ちHSと切り返し要素が豊富なうえ、直ガでゲージを溜められるので早い段階で崩す
直ガに集中している相手は投げに弱くなるので、最初は投げ多めでいいかも

ロボ側の固めは暴れ潰しが主 無理に暴れず機会を待つ
立ちK>近Sと出してくるロボなら近SまでFDして、ジャンプFDで逃げられることが多い
立ちPで締めてくるなら直ガして様子を見る 迂闊なバクステはLv3カイ現象で狩られるのでしないこと

屈ミサガードしても暴れない 青が早くなっているので立ちHSとか出されてCHすることが多い

発生20Fのダストが脅威 頑張って見切るしかない
立ちP、近Sから出されると隙間がほとんどないので、無理に潰そうとせずにガード
ガードした後は確かLv問わずサーベイジが確定 ゲージあるなら叩きこむ

熱状態なら本当に暴れ厳禁 何当たってもエリアルに持っていかれて空ミサをもらってしまう


   ・起き攻め
時間差起き上がりが厄介
GB持続重ねなら起き上がりずらしされてももう一度重ねられる
面倒だったら適当に追討ちして受け身や起き上がりを狙う

   ・被起き攻め
痛カイ撃は直ガ操作のあとすぐにバクステと入力しておくと、痛カイ青からの投げをかわせる
立ちP詐欺の前では、なす術がないので大人しくガード
地ミサはGBで潜れるがロボのほうが先に動けるのでやらないほうがいい

Lv3カイ現象を遅めに重ねられると裏に回られてしまう
その際、こちらが起き上がりにFDしていると向き(ガード方向)が変わらずCHする事があるので気をつける
タイランも華麗にスルーされるので出さないこと


   ・その他
痛カイ撃を喰らっても慌ててバーストしない 充電モーション中にも短い無敵があって避けられる事が
Lv3開幕は2段目持続終了まで無敵かつその直後に青が付いているので、迂闊に反撃しに行かない
万全を期すならGBを置いておくくらいで妥協する
立ちHSは青されない限りノーマルヒットでも反撃確定 見逃すな



BACK