ブレイブルー 基本システム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

BACK


■システム紹介:ボタン編

ボタン

A・B・C・Dの全4ボタン。Dボタンのみ「ドライブボタン」という固有名を持っており、
キャラクターごとに奇抜な技を出せる。

Dボタンは、ギルティギアで例えるならブリジット使用時のHSボタンのようなものであり、
レバー+Dボタンで出せる技の総数はキャラクターによって完全に異なっているため注意が必要。

認識としては、P・K・S・Dで特に問題はない。
ギルティギアのPにあたるAボタンで出せる技は連打が利き、本作でも何かと重宝する。

なお、キャラクター選択画面では、最初にボタン配置を変更可能!
デフォルトは、左からA・B・C・Dの配置だが、D・A・B・Cという配置にも出来る。
キャラクターによってはDボタンを使いまくらないといけない者もいるので、キャラによって配置を変えるのも有りか。

ちなみに、スタートボタンで相手を挑発可能だが、KO後に挑発はできない。
キャラクター選択画面でスタートボタンを押すとカラー選択に移行可能。



■システム紹介1:ギルティギアにも存在したもの編


○リボルバーアクション (BB版ガトリングコンビネーション)

そもそも、ガトリングコンビネーションって何?と疑問に思うプレイヤーもいらっしゃるだろう。
「通常技を通常技でキャンセルし連続技をつくる」。ただそれだけのことに、このようにご大層なシステム名が用意されているのである。
弱パンチに「ウィークマグナム」とか名付けているレベルのお話なので全く気にしなくてよろしい。
それにしても「リボルバーアクション」という名前を、BBプレイヤーの何割が知っているのか筆者は非常に疑問だ。


○ヒートゲージ (BB版テンションゲージ)

用途は、超必殺技の使用など。2D格闘ゲームにはとりあえずこんなのが一本ないと始まらない感がある。

相手に攻撃を当てたときのみならず、相手からの攻撃を受けたときにも増加。
そしてキャラクターが瀕死状態だと自動的に増加していくのが特徴。

ただしそれでも、ギルティギアのテンションゲージよりは溜まりにくい印象。
ダッシュなどの前方移動ではゲージが溜まらないのが理由として大きい気がする。
ゲージの次試合への持ち越しはやっぱり無い。


○ラピッドキャンセル (BB版ロマンキャンセル)

  • A+B+C同時押し  ・ヒートゲージ50%消費
効果から入力法までそのまんまである。FRCにあたるものは存在しない模様。


○カウンターアサルト (BB版デッドアングルアタック)

  • 地上ガード中に→A+B同時押し  ・ヒートゲージ50%消費
これまたそのまんま。ただし、単発のみならず、カウンターアサルト始動の連続技でも相手をKOできないなど、
より制限が厳しくなっている。 キャラによっては攻撃判定の無い移動技が出たりもするのだとか。


○ディストーションドライブ (BB版覚醒必殺技)

  • ヒートゲージ50%消費
いわゆる超必殺技。コマンドも632146やら236236やら見たようなものばかりで(最後は大体CかD、ときどきB)、
全体的に覚醒必殺技よりも威力が高く、演出時間が長くて格好も良く、死体殴りに使われる事必至。

ちなみに、本作はKO後に動ける時間がギルティギアの2倍近くもあるため、とりあえず死体でも殴らない事には
手持ちぶさたでしかたない。どうせゲージ50%くらいは残ってるだろうし使っときますか?
ブレイブルーの死体殴りはダウン追い討ちではなく通常ヒット扱いなのでコンボの練習もできるよ!?w


○ネガティブペナルティ

攻めないでいると科せられる例のペナルティだが、ギルティのものと違ってゲージが無くならない代わりに、
防御力が大幅に下がる。この状態でうっかりディストーションドライブのぶっぱを喰らうと被害甚大だ。

効果中は赤い直線状のオーラが出現。「あっ、これカッコイイ。なにかの強化状態?」と思えなくもないが、
実際に起きてる効果は真逆なので慎重に。当たらなければどうということはないが、当たっちゃいますよ人間だもの。
積極的に攻めていれば、効果は自動的に解消される。

なお、本作のネガティブペナルティは、とにかく発生しやすい。空中後方ダッシュを続けるとすぐにペナルティの
予告が表示され、前進しないと直ちにペナルティを科せられる。機動力に富んだキャラだと逃げ気味に戦うのが
セオリーな気がするが、そうも言ってはいられないのがブレイブルー。
逃げのスタイルを取るなら、ネガティブペナルティを背負って戦えということか。


○相殺

攻撃同士がカチ合うと発生。キャンセル可能。ギルティギアのものと特に差異は無さそう。



■システム紹介2:ギルティギアとは似て非なるシステム


○受身

空中で攻撃を喰らっても、 ABCのどれかを押せば受身可能。
ギルティギアと最も大きく異なる点は、空中ダッシュや二段ジャンプ後に受身をとると、
空中ダッシュ(二段ジャンプ)できない状態が維持されていること。地味に厄介なので気をつけよう。


○バリアゲージ (BBオリジナル)

本作ではヒートゲージ以外にもバリアゲージなるものが存在し、こちらは100%溜まっている状態でスタート。
後述する『バリア』を張るために使用する。バリアゲージは消費した場合、時間経過と共に徐々に回復する。


○バリア (BB版フォルトレスディフェンス)

  • ←A+B同時押し  ・使用中、バリアゲージを徐々に消費
空中ガード不能技を防げたりだとか、ダッシュの急停止ができたりだとか、
ゼクス時代から乱用されまくった緑色の悪魔が新ルックスと何の捻りもないネーミングで再登場。
通常ガードより間合いの離れが大きく、攻撃LVの高い技を防ぐほど大きく間合いが離れるっぽい。
(違ったらすみません)

ちなみにバリアゲージが尽きた場合でも、一定時間後にバリアゲージは全回復するが、
その間は防御力が下がるという非常にしんどいペナルティが有るので要注意。
ネガティブペナルティと効果が重複するため、場合によってはチップも真っ青なオブラート級の装甲にまで堕ちられる。

本作は地上通常技が必ずしもガード不能技ではないので、実はフォルトほど使用頻度は高くない。
ギルティギアと同じ感覚で使う限り、バリアゲージが尽きる事はそうそう無いだろう。


この他、 直前ガード もシステムとして存在。成功時はヒートゲージが増加する。
なお、バリアと直前ガードは併用出来るようで、タイミング良くバリアを張れば、削りを無効化しつつ直ガ可能。



○バリアバースト (BB版サイクバースト)

  • A+B+C+D同時押し  ・使用後にバリアゲージ消失&防御力ダウン(どちらも次ラウンドまで効果持続)
ダメージを喰らっている最中にも全身無敵で反撃出来るシステム。ヒット時にヒートゲージの増加も無い、
A+B+C+Dで各ラウンド1回、好きな時に使えるサイクバーストと言えばそれまでだが、
バリアゲージ消失というのはかなりイタイので、なるべく瀕死まで使用は控えたいところ。

ただしディストーションドライブ喰らい中はバリアバーストを出せないので(ギルティと同様ですね)、
控え過ぎてそのままお陀仏、とならないように。

P+K+S+HSでギルティだと一撃準備だったんだけど、それから一撃を使うとテンションゲージが無くなってさぁ、
きっとこれ それともかけてるんだろうねえ とか思うやつがぜったい一人は居るんだろうな、って俺かよ。


バリアバーストには「通常時(ダウン中含む)」・「ガード時」・「被ダメージ時」と、出したタイミングによって性能が変化する。
さらに上記三種類のタイミングに加え、バリアゲージの残量に応じて、さらに三段階に性能が変化。
バリアゲージが多く溜まっているほど発生が早くなるぞ。


なお、バリアバーストは完全無敵ではなく、投げに対しては無防備(またかよ)。
さらに、実は無敵ではなくスーパーアーマー扱いとなっていて、相手の攻撃を受ければ受けるほど発生が遅くなってしまう。
(ポチョムキンのジャッジガントレットと同じ性質と思って頂ければ・・・)
上級プレイヤーに対して使うと、RCやジャンプキャンセルで避けられるんだろうなあ多分。

ただ、バリアバーストは、ガードした場合に強制的にガードクラッシュの効果有り。
こちらがダッシュからの無敵技ぶっぱを繰り返し、それに懲りた相手がガードを固めるようなら、バリアバーストで強引に崩せる。
恐るべし。でも、バリアでガードされると平気だそうです。


○ガードライブラ (BB版ガードレベルゲージ)

ガードさせると(すると)溜まっていく例のアレだが、本作のこいつはなんと敵と共有する形をとっている。
ガードさせた場合、相手側に自分の色のメーターが侵食していく仕組みで、ガードライブラをすべて自分の色で染めてしまえば
相手がガードクラッシュする。 つまり、攻勢であればあるほど、いざ防御に回った際に余裕が生まれているということ。

また、ガードクラッシュになった瞬間、相手は一定時間行動不能になるので、即座に連続技を叩き込む機会が生まれる。
ガードレベルゲージよりも熱い仕様になっていると個人的には思うのだがどうか。

ガードクラッシュは比較的早いタイミングで起こり、ガードクラッシュ間近になると、ガード時にキャラクターが青く光る。
「これって直前ガード?」違います。死の合図です。
バリアでガードするぶんにはガードライブラは侵攻しないので、危なくなったら全力でバリアだ。



○よろけ・よろけ回復

よろけ効果のある攻撃を地上で喰らうと、キャラクターが腹を押さえるなどの、よろけ状態のダメージモーションになる。
ギルティギアのときは全力でレバガチャしないと復帰出来なかったが、本作ではABCいずれかのボタンを一回押すだけでOK。
ただし、技によっては受付タイミングが若干後ろに設定されていたりするので、結局連打するのがベストになる。


○属性無敵

格闘ゲームにおける無敵技というのは、上半身無敵や全身無敵など、キャラのいずれかの範囲が無敵になる、というものだった。
ところがBBの無敵技は、先述した例に加えて、属性無敵という概念もある。

ジャンプ攻撃はジャンプ属性、地上で足を使った攻撃は脚属性など、各攻撃には細かく属性が割り振られていて、
それに対し「ジャンプ属性無敵技」といったものが用意されているのだ。

例えば一部のキャラの6A(レバー入れA)がこの「ジャンプ属性無敵技」として設定されており、
ジャンプ攻撃に対してのみ無敵がある技、となっているのである。つまり対空には強いが、地上攻撃に対しては弱い(無敵無し)、ということ。
本作は、これまで以上に各技の性能を把握しておく事が重要となりそうだ。



■システム紹介3:BBオリジナル


○緊急受身

  • 地面激突間際にAorBorC
本作では例え受身不能時間の長い攻撃を受けようとも、この緊急受身さえ取れれば、ダウンせず即座にニュートラル姿勢へ。
仮にBBの世界に某バッドガイ氏が降臨し、「ヘテロ〜!」後の叩き落としを仕掛けようとも人類は二本の足で立ち上がれる。
しかもコマンド受付の時間も長い為、そうそう失敗してしまう事もない。便利な世になったものですな。
『緊急受身ができない技』というのがあるんかどうかは今のところ不明。
ちなみに、完全にダウンしている最中にも出せる。しかしその場合は受身とは言えない気が・・・


○移動起き上がり

  • ダウン中に、←or→+AorBorC
それでもダウンしてしまう困ったちゃんも救われる新システム。
起き上がり地点を多少変えられる『移動起き上がり』。
使用しなかった場合は、長時間ダウンし続け、相手からタコ殴りにされてしまうため必ず使うべし。
(ダウン中に攻撃をくらった場合はギルティギアと違って、空中に大きく浮かされてしまう)

ただし、移動中に無敵が切れてしまうため、うっかり逃げる方向を読まれると惨事になる。
特に、スライディング系の小技を持つ相手と戦う場合には注意が必要だ。
ちなみに、移動終了直後から、バリアや必殺技の入力は受け付けているので、無敵技やディストーションドライブを使っての反撃も可能。
動き終わったあとの硬直を狙われるようなら、逆に痛い目に遭わせてやろう。


上記二つのシステムにより、本作では「起き攻め」が簡単には成立しない。
「コンボ → ダウン締め → 起き攻め」のループだけで敵を葬り去るのは事実上不可能。

また、結果として試合中にダウンしている総時間も極端に短くなるため、
両者動きっぱなしの展開になるのもBBの持ち味と言えよう。



○投げ

投げくらいどんな格闘ゲームにも存在しているが、BBのものは一味値違う。

  • 通常投げのコマンドは共通して、B+C と ←B+C
  • コマンドによって技の内容が異なる。また、空中でも投げられる
  • 連続技に組み込める(攻撃くらい中の相手も投げられる。空中コンボの締めにも使える)
  • 投げ後、必殺技でキャンセルできるものもある
  • 攻撃をガードしている最中の相手も投げられる

特に、五番目が熾烈。もしもBBの世界に聖騎士団があろうものなら、
スタンエッジチャージアタックをガードしている相手に失礼!などと言って斬り掛かる輩が続出するはずである。

その代わり、投げ抜け(投げと同コマンドで可能)の受付時間がかなり長くなっているため、
投げられたのを見てから抜けることは可能。
攻撃くらい中に投げられた場合ですら投げ抜け可能なので、上手く行けばダメージを大幅に減らせるだろう。

なお、必殺技で出せる投げ(ポチョさんのアレとか)も投げ抜け可能だが、
ガード硬直してない時に投げられると投げ抜け不可。
まあ、ギルティで投げが決まるタイミングで投げられた場合は、投げ抜けできんってことですよ。
何もしないで立ってるときとか。わからんようなら是非ギルティやって下さい。

通常投げは、ガード硬直してない時に投げられても投げ抜け可。
ただし、カウンターで投げられると投げ抜け不可となる。
間違って至近距離で遅い技を出してしまうと、発生前に投げられてお手上げ状態になりやすいので注意。

また、投げが成立してから、投げ抜け可能になるまではわずかに間があり、この間に何かボタン入力してしまうと
その瞬間に投げ抜け不可能となるシステムが用意されている。
ギルティギアのFRCのように、適当なボタン連打による成功を許容していないのだ。
被コンボ中の投げ抜けは、通常の投げ抜けより猶予が増えているので、冷静に画面を見て対処していこう。

投げ抜け可能なときは、画面上に「!」マークが出ている。


本作では他にも、中段技で崩されたり、空中ガード不能技で崩されたときにも色違いの「!」が出現。
自分の手が滑って攻撃を喰らったのか、それとも喰らわざるを得なかったのかが分かるという仕様だが、
投げのときと違って、べつに特別な回避技が出せるというわけではない。いけず。



BACK