プラスの言葉

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一流のアスリートのインタビューなどを見ていると
必ずプラス思考の言葉を使って答えている。
最近ではアイススケート。
浅田真央も安藤美姫も、演技が失敗しても
「~だったけど(失敗部分)~出来たと思う」
という言い方を必ずする。
失敗した部分だけを言って終わることはまずない。
「○○の部分は失敗したけど△△の部分はよかったと思う」
という感じだ。
必ず自分のいい所を探す。
アスリートでなくても普段の生活において
これが大切なのだ。