※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

"AdroadAlternate"キャンペーン:ブランク

導入

「わたしの勝ちです」
―がさざめく、冷たい――の―――秋の夜。無―――な――の声が―――――――に言う。

「わたしの言ったとおりだったでしょう?」
「そうでもないよ」
返すのは落ち着いた、いや――すら含ませたような――の声である。そんな返答に、些か――――な――と共に――は「相手が屈し――な言葉を吐き出すのを期――していた」ような――を――――なく、――たように続ける。

「人間はね、」
「"――――――――――――"」
青年に二の句を告がせず、何度もその言葉を聴いたのか、少女は先を呟きながら――を―いた。

「なんで――、もがき、苦しみを―――のかしら…――できない」
「だから―は」
「いつまでたっても――――――」


「……そうはいきません。―――には、背負うべき――が、――があります。」
「あなたにも… …――にも、負けるわけにはいかない……!」


あらすじ

潮風が吹き荒ぶ小街、リース。冒険者達がその街を訪れたのは、ある依頼の為だった。
何度か繋がりがあったアドルフという男の依頼、それは、

"とある貴重なアーティファクトが届くので、その護衛をしろ"

それは海底の神殿より発見された、ジュダ教の教典。
その教典がリース大聖堂へと運ばれ、神聖の儀式が行われる。
教典が大聖堂へ到着し、儀式が終了するまでの護衛――というのが、今回の依頼だった。

依頼を受けた一同へ、彼は語る。
"今回の依頼は、よくわからんが、教皇庁の命で私も手伝わされている極秘のものだ"
"アドロードがあの状態だというのに、我々も黙ってみてはいられない"
"帝国の兵も僅かに借りて護送し、冒険者の手も借り、教会の面子を保つ。 三者、その程度の関係性で居て貰いたい"

依頼を引き受けた冒険者達が各々、警備の立ち位置を決めようとした、その時。
聖堂の扉が開かれる。
緊急事態を知らせる兵隊の叫びに、冒険者達は走り出した。
――かくしてこの物語は幕を開き、彼らは走り出す事になったのである。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

街道にたどり着いた冒険者達を出迎えるのは護送隊の惨状と悪魔達。
悪魔の1、真紅の礼装に身を包んだ男は、倒れた女性から一冊の本を奪い取る。
そしてバフォメットをけしかけ、高らかに笑いながら――まるで冒険者達の事を知っているような口振りで――その場から遁走する。
残された冒険者達は早々にバフォメットを撃退するも、失われた本は帰らない。
救護、増援の要請。それから逃げた赤い悪魔の追跡。冒険者達は二手に分かれる。


もはや刻は夜を迎えていた。恐怖と信仰が入れ替わる時間である。


悪魔を追跡した冒険者達は森へと至る。
まるで待ちわびていたかのように悪魔はそこにたたずんでいた。

"また一発賭けをしているんだよ。"
"……僕の言っていることが正しいかどうか、カミサマが正しいかどうか……。"

"今度こそ僕は勝ちたいと思ってるんだけど、どうかな。"

"あの獣人の子も、ハーフエルフの子も、随分と空白を抱えている子達だね。"
"僕からしたらどうしてこんな者達ばかり選ばれたのか。"

"君たちは存分に、その記憶の空白を埋めたまえ――。"

そんな言葉と本を残して、たちどころに悪魔は姿を消した。


一方。
救護と増援の要請へ向った冒険者の下へも、同じ悪魔が姿を現した。
彼曰く、
"ベリト・ヴェルフリーデ・メフィストフィレス!"
"君たちにゲームを申し込むよ。 内容は直ぐに分かるから安心してね。"

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

取り返した本から、ページが足りない事が発覚したのは、そのすぐ後の話。
奪われたページを取り返すため、冒険者は息つく暇もなく、再び走り出すことになる。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

悪魔が来りて笛を吹く。
"君達人間が、どれぐらい寂しい生き物か。"
"これから始まる戯曲を纏めて、遂行して、レーゼドラマにするのがこの僕の仕事。"



  • まとめるの苦手なんだよ!
  • ということでたたき台ドン↑ 書き直し超希望
  • もっとシンプルにまとめる↓

あらすじは要約してからアドオンしたほうがいい

  1. 冒険者が教典の護衛の依頼受けた
  2. 教典が危ないらしいんで街道に行った
  3. メフィが教典パクッて逃げた
  4. 残されたバフォとバトル
  5. 追っかけるのと救護するのと
    1. 追っかけたらメフィとエンカウント! 本を返してもらったよ! やったね!
    2. 追っかけてないのにメフィ出てきたよ! なんか言われた! ひどい!
  6. アンジェラ「ちょっとページないからとってきて」


補足するのは君だ!


コメント

名前:
コメント:


登場NPC


ログリンク