基本システム

各動作の説明

※コマンドはキャラクターが右向きの時のものです。
 入力については、 レバーの方向(テンキー表記) を参照。
 また、コマンド中の"+"はボタンの同時押しを表します。

パンチ(AorC)

Aボタンは弱パンチ。
Cボタンは強パンチ。

キック(BorD)

Bボタンは弱キック。
Dボタンは強キック。

前進/後退(/


しゃがみ(oror


ジャンプ(oror

再度コマンドを入力することで2段ジャンプが可能。一部キャラは3段ジャンプも可能。
2段ジャンプ後は空中ダッシュや空中バックステップができない。

ハイジャンプ(下方向入力後oror

方向キーを下方向に入力した後ジャンプすると、高く跳べるハイジャンプになる。
ハイジャンプ後は2段ジャンプができない。

挑発(スタートボタン)

挑発する動作を取る。
相手のブーストゲージとオーラゲージが1本ずつ増える。

ガード(相手の攻撃に対してor

立ちガードで相手の上中段攻撃を、しゃがみガードでは上下攻撃を防げる。
空中でのガードは相手の空中技を防ぐことが可能。

アジリティーディフェンス(相手の攻撃があたる直前にガードする)

通称『アジガ』。
ガード後の硬直が短い、 ヘヴィーバニシングストライク を防げるなど効果は高いが、タイミングが難しいためリスクも大きくなる。

通常投げ/つかみ投げ(相手の近くでorC / B+D)

通常投げはガード不能技なので、ガードを固めている相手に有効。
つかみ投げは相手が立っている時のみ投げられる。

フロントダッシュ/バックステップ(/

フロントダッシュは2回目のを入力し続けると走ることが可能。
バックステップ中は一定時間無敵となる。
どちらも空中でも繰り出せる。

一撃必殺奥義(C+D)

相手の北斗七星ゲージが0になり、死兆星が輝いているときに発動可能。
ヒットさせれば必ず倒せるが、外してしまうと自分のブーストゲージとオーラゲージが0になり、相手の北斗七星ゲージが1つ回復する。

ダウン回避(吹き飛び中に攻撃ボタンを押す)

空中で攻撃を受けると吹き飛んでしまうが、このときいずれかの攻撃をボタンを押すと、受身を取ってダウンを回避することができる。
しかし、受身が取れない技も存在する。

特殊起き上がり(ダウン直後に/ ダウン中に下方向)

攻撃を受けてダウンした直後に方向キーを入力すると素早く起き上がれる。
ダウン中に下方向を入力している場合は遅く起きる。
詳しくは 特殊起き上がり にて。

グレイヴシュート(A+C)

相手を空中に打ち上げることができる。
方向キーの上方向を入力すると追いかけるようにジャンプし、追撃が可能。

ヘヴィーストライク(A+B)

ガード不能の打撃技で、ヒットさせると相手の北斗七星ゲージを1つ奪い、さらによろけさせることができる。

バニシングストライク(C+D)

ヒットさせると北斗七星ゲージを1つ奪い、相手を壁まで吹き飛ばすことが可能。

ヘヴィーバニシングストライク(C+D押しっぱなし)

通称『溜めバニ』。
相手にヒットさせたときだけでなく、ガードされた場合でも壁まで吹き飛ばせる。
ガード後はレバガチャで吹き飛びを回避可能。
ただし、最大溜めバニをオーラガードしてしまうと、強制的に壁吹き飛びとなってしまう。
ヒットさせるとバニシングストライク同様、北斗七星ゲージを1つ奪う。

ブースト(E)

対戦相手に向かって高速移動をする。
バニシングストライクをヒットさせて相手を吹き飛ばした直後は、方向キーを入力していると自動的にブーストが発動する。 (自動ブースト)

究極奥義(特定のコマンドを入力)

オーラゲージを1~2本消費して、強力な必殺技を繰り出す。
特徴は技によってそれぞれ異なるが、ヒットさせると相手の北斗七星ゲージを1つ奪える。(技、状況によっては2~3奪える)
詳細については各キャラクターページを参照。

ガードキャンセル(ガード中にC+D)

通称『ガーキャン』。
オーラゲージを1本消費して、ガードの硬直をキャンセルしながら攻撃を繰り出す。
切り返しとして非常に重要なシステム。

オーラガード(ガードしながらE)

通称『オラガ』。
ガードした攻撃に応じてオーラゲージが減少するが、相手の必殺技で体力を削られることがなく、 ガードゲージ も減少しない。


ゲーム画面


①世紀末体力ゲージ

キャラクターの体力を表している。これがなくなるとラウンドを取られてしまう。
体力が全快の時はオレンジ色で表示され、体力が減ると黄色く表示される。
また、減った体力に応じて青いゲージも表示される。
この青いゲージは、一定時間地面に居続ける+攻撃を喰らわないと受けたダメージのうち、青ゲージで表示されている分だけ自動的に回復していく。
星を取られると青ゲージ(回復部分)が消滅する(その星取り攻撃のダメージ分は削られない)。
そのため相手を回復させないように攻撃の手は緩めない方が良い。
タイムアップ狙いで逃げ回ってたら相手の体力が回復して逆転負け! という事態もありうるので注意が必要。
逆に長いコンボを決め続け、回復量とあわせて逆転勝ち! なんてこともあり得る。

②北斗七星ゲージ

北斗七星ゲージというのが7個分あり、特定の攻撃をヒットさせると1つ(技によっては2つ以上)減少する。
相手の北斗七星ゲージを7個全部無くした時、相手の頭上に死兆星が輝き一撃必殺奥義が使用可能となる。

③ガードゲージ

特定のキャラクターの組み合わせによって出現する。
相手の攻撃をガードすると減少し、0になると一定時間無防備な状態になる。

④ヒット数表示

コンボによるヒット数。
このゲーム特有の 「バスケ」 において、非常に重要な数字となる。

⑤ブーストゲージ

ブーストを使用するのに必要なゲージで、最大3本までストック可能。
また、 ヒットストップキャンセル にも必要なゲージになる。

⑥オーラゲージ

ガードキャンセルや究極奥義を使用するのに必要なゲージで、最大2本までストック可能。
1本目は青色、2本目は黄色で表示される。