技術~炎の魔術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

炎の魔術

「燃え盛る紅蓮の炎よ、肉を焦がし、その骨すらも焼き尽くせ!」 ~蛮族の魔術師ハーバカン~

炎の魔術は元素魔法の一つであり、その中でも炎と熱に関するもののことを言う。
習得難度の低い魔法であり、魔法を操る者の大半はこれから魔術の基礎を学ぶことが多いとされる。
炎の球を飛ばしたり、熱風で敵を包むなどの攻撃的な術が多いのが特徴。

最上級の魔法陣を用いる魔法には、遥かなる虚空から燃え盛る岩を召喚するものなどが存在する。
実際にそれらの魔法は戦争で使用されたことがあり、それによって焼き払われた場所が現在のラヴィズ荒野である。

狼などの野生動物は炎を恐れることが多いため、野外における活動には有用な部類である。
しかし、森林などでの使用は火災などの原因になるために禁止されている。
また、狭い場所での使用は中毒による死亡の可能性もあるため、使用には十分な注意が必要である。
便利なものには危険も付き纏うものである。