技術~氷の魔術

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

氷の魔術

「凍りつけ、物言わぬ氷像は美しい」 ~王宮魔術師のルイズ~

氷の魔術は元素魔法の一つであり、その中でも氷と冷気に関するもののことを言う。
習得難度の低い魔術であり、魔法を操る者の大半はこれから魔術の基礎を学ぶことが多いとされる。
氷の針を飛ばしたり、冷気で敵を包むなどの攻撃的な術が多いのが特徴。

その冷気は敵の体力を徐々に奪い、その動きを鈍くするだろう。
しかし、あくまでも血の流れている生物に対する話であり、超高温の生物などには全く効果がない場合もある。
周囲に被害を出さずに敵を倒せる数少ない術ではあるが、未だ中途半端な点が残る魔法である。

最上級の魔法陣を用いる魔法には、広範囲に渡って超低温のブリザードを引き起こすものなどが存在する。
実際に使われたという資料は残ってはいないが、かつて古の賢者オルフが竜の封印の為に使ったとされている。