「AGE-3 ガンダムAGE-3 ノーマル」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

AGE-3 ガンダムAGE-3 ノーマル」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 |【型式番号】|AGE-3|
 |【機体名】|ガンダムAGE-3|
 |【読み方】|がんだむえいじすりー|
 |【[[ウェア]]】|ノーマル|
 |【所属陣営】|地球連邦軍|
 |【パイロット】|キオ・アスノ|
 |【装備】|[[シグマシスライフル]]&br()[[ブラスティアキャノン]]&br()[[ビームサーベル]]|
 |【ウェア換装】|[[AGE-3F ガンダムAGE-3 フォートレス]]&br()[[AGE-3O ガンダムAGE-3 オービタル]]&br()[[AGE-3L ガンダムAGE-3 ラグナ]]|
 
 **【詳細】
 アセム・アスノの息子、キオ・アスノが搭乗する第三世代の主役MS。
 連邦軍の協力を得て開発した[[AGE-1>AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマル]]、[[AGE-2>AGE-2 ガンダムAGE-2 ノーマル]]と異なり、本機は軍を退役したフリットがほぼ独力で開発した。
 
 頭部及びコクピットブロック、AGEシステムを含むコアユニットがボディ側から分離変形したコアファイターと、上半身及び下半身が変形した[[Gセプター]]と呼ばれる戦闘機に分離変形する機能を持ち、合体することでMS形態となる。
 これはAGE-2の可変機構、及びAGE-1のウェア射出による宇宙空間内での換装をより発展させたもの。
-セプターの部分をまるごと取り替える形でウェア感想を行う。
+セプターの部分をまるごと取り替える形でウェア換装を行うため、容易に戦闘環境の対応が可能となった。
+また、2機に分離したことで複数のジェネレーター搭載が可能となり、大出力の武器を装備することが出来るようになっている。
 
 ディーヴァに搭載されていたフォトンブラスターキャノンの原理を応用した大型のビームライフルである[[シグマシスライフル]]を装備し、両腕の回転式シールドの内部には[[ビームサーベル]]が収納されている。
 このビームサーベルは抜き放たずともサーベルを形成することでビームトンファーとしての運用も可能。
 
 スラスターもサブフライトシステムを用いずに[[重量級MS>ovm-lce レガンナー]]を抱えて大気圏内の単独飛行を行えるほどに強力。
 パワーも高く、長年の戦争から解析が進んだヴェイガンのMSの技術が多数用いられている。
 
 シグマシスライフルを越える威力を持つキャノン砲を装備し地上をホバー移動する重砲撃タイプの「[[フォートレス>AGE-3F ガンダムAGE-3 フォートレス]]」、大型のブースターを装備し宇宙空間内での機動性を重視した「[[オービタル>AGE-3O ガンダムAGE-3 オービタル]]」の2ウェアが確認されている。
 また外伝では巨大なファンネルコンテナを装備した[[ラグナ>AGE-3L ガンダムAGE-3 ラグナ]]が登場、ゲームでもオリジナルの換装形態が登場するが、AGE-1、AGE-2に比べるとその数は少ない。
 
 まだキオは13歳と幼いが祖父譲りの[[Xラウンダー]]として覚醒しつつあり、幼少の頃よりフリットが誕生日プレゼントとして送ったMSシュミレーターと全く同じ操縦システムを採用しているため、長年そのゲームで遊んできたキオは即座に操縦システムに対応することが出来た。
 しかし長年慣れ親しんできたゲームと操縦方法が同じということやキオが親や祖父が活躍した年齢よりも幼いこともありゲーム感覚で行なっている。
 ----