xvm-zbc ザムドラーグ

【型式番号】 xvm-zbc
【機体名】 ザムドラーグ
【読み方】 ざむどらーぐ
【所属陣営】 UE/ヴェイガン
【パイロット】 ザナルド・ベイハート
【装備】 ビームバルカン
ビームサーベル
ザムドラーグキャノン
ビームスパイク
ザムドラーグテイル

【詳細】

第三世代に登場するUE/ヴェイガンのMS。

イゼルカントの側近であるザナルド・ベイハートの専用機であり、通常のMSを遥かに上回る巨体に加えて肥大化した胴体に埋もれているような頭部、直立していても足下にまで達する長い腕と極めて短い脚、後頭部から生えている弁髪のような尾などヴェイガンのMSの中でも極めて異質な外観を持っている。
また、センサー部は通常のヴェイガン機と同じセンサースリットの両脇にツインアイがあるという変わった形になっている。
全体的な姿はレガンナーやデファースに似ているため、おそらくその直径の改修機と思われる。

武装は手の十指全てに内蔵されたビームバルカン/ビームサーベルと、胸部の大型7連ビームキャノン。
ビームキャノンはバクトと同じくビームスパイクを発生させる機能を持つ。
尾はギラーガテイルと同じような多節型の打撃武器・ザムドラーグテイルになっている。

ヴェイガンの最高幹部クラスの搭乗機だけに性能は高く、実質ギラーガとの2機がかりとはいえAGE-3 オービタルを翻弄してみせた。
さらにAGE-2DH ガンダムAGE-2 ダークハウンドと互角の戦闘を行なっている。

また頭部周辺はレギルスコアやコアファイターなどと同じように分離し脱出が可能。