ovv-f ガフラン

【型式番号】 ovv-f
【機体名】 ガフラン
【読み方】 がふらん
【所属陣営】 UE/ヴェイガン
【パイロット】 ヴェイガン一般兵
【装備】 ビームバルカン
ビームサーベル
ビームライフル
拡散ビーム砲
【発展機】 ovv-f ガフランL
ovm-e ドラド

【詳細】

A.G.101年より突如として地球圏に現れ、各地で殺戮・破壊活動を行なう謎のMS型機動兵器群「UE/ヴェイガン」の初期主力量産型MS。
通常の人型形態以外に、スカート状の羽を展開、両腕を肩関節ごと前方に出し、頭部の羽と両足を逆関節に変形させたドラゴン型の高機動形態に変形できる。

機械らしい直線的なデザインを持つ人類側のMSとは対照的に生物的な曲面主体の形状を持ち、左右の掌にはビームサーベル発振器も兼ねるビームバルカンが内蔵されている。
UEの機体は尾が何らかの武装として機能し、このガフランは強力なビームライフルとして機能する。

非常に堅牢な位相転移装甲を持ち、RGE-B790 ジェノアスビームスプレーガン程度では傷一つつけることができない。
小説版によれば、ビームスプレーガン程度の熱量であれば、瞬時に拡散し無効化することが出来るらしい。
またヒートスティックも表面塗装を剥がすくらいで本体へのダメージは皆無。

ガフランは基本武装の他に、胸部に拡散ビーム砲を内蔵。
カラーリングは基本的にダークブルーだが、指揮官機タイプである機体のカラーリングはパープルとなっている。

現時点ではUEが生物なのか、異星人なのか、それとも誰かが乗った機動兵器なのかは当初は不明だっが、「UEのMSタイプ」と作中で言われていることもありいくつかUEとみられる存在は確認されていた模様。
上記の通り非常に堅牢な装甲を持つが、物理兵器の衝撃まで吸収しきれず集中砲撃すれば下がらせることは可能である上に、腹部など急所はいくつかある。

なお第二世代において新型機であるovm-e ドラドが開発され前線に出ているが、バクトともども現役で登場。
第三世代においても登場し、MSとしては驚くほど長い期間において運用されている。
ヴェイガンとの戦争が集結したあとには余剰となっていたガフランを利用し、フリットが開発したイヴァースシステムを搭載するFlight Unit 02 Everse System ガフランマーズフェザーが開発された。

なお、姿のよく似たドラドをガフランの後継機と勘違いすることも多いが、実のところガフランとドラドは運用思想が異なる全くの別機体であり、
ガフランは長距離を移動しての攻撃行動を主眼としている。