xvm-gtc グルドリン

【型式番号】 xvm-gtc
【機体名】 グルドリン
【読み方】 ぐるどりん
【所属陣営】 UE/ヴェイガン
【パイロット】 ゴドム・タイナム
【装備】 ビームスクレイパー
ビームバルカン
ビームサーベル

【詳細】

第4部に登場するヴェイガンの試作MS。

巨大な壺状のボディの先端に唯一の武装であるビームスクレイパーを、後部に推進器を持ち、両腕を取り付けただけという極めて異質な外観を持つ。
ヴェイガンMS共通のビームバルカン&ビームサーベル発振器さえ装備していないという最低限の武装と機能しかないが、その分ビームスクレイパーと高い推進力を生かした突撃は強力。
シャルドール改を引きちぎるなどパワーも高い模様。

ただし、シンプルすぎるが故に攻撃は極めて単調、小回りが利かず背後が全く無防備、ビームスクレイパーの特性上発射後暫くの間は正面すら隙だらけになるという大きな欠点がある。
登場時点では未完成であったため、本来の姿や武装は異なり弱点も何らかの対策が取られるはずだった可能性もあるが小説版では「EXA-DBの技術力をコピーしようとして失敗した」という設定になっている。

ヴェイガンの命運を賭けたラ・グラミス攻防戦でも投入される予定はなかったが、ガンダムへの復讐に狂うファントム3の生き残りゴドム・タイナムが、部下の制止を無視して強引に搭乗して出撃した。

ガンダムを求めて連邦軍を蹂躙するが、セリック・アビスには一目で欠点を全て見抜かれ、隙だらけの背後やビームスクレイパー発射後に散々ドッズライフルを受けビームスクレイパーが大破する。
それでも一瞬の隙を突きクランシェカスタムを捕えてそのまま引き千切ろうとするが、ゼロ距離からのドッズライフルの連射を受けて爆散した。

小説版ではダナジンを損傷し帰還したゴドムが、EXA-DBの技術をコピーしようとして失敗した本機に乗り込み再度出撃。
コクピットが外部から確認できないため不殺を貫くキオでは戦えないと判断したセリックが相手を変わり激闘を繰り広げる。
両腕も潰されスクレイパーも潰されてしまうがクランシェに体当りしディーヴァもろとも自爆しようとしたが、フォトンブラスター砲に飲み込まれセリックごと消滅した。