RGE-B790 ジェノアス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 RGE-B790
【機体名】 ジェノアス
【読み方】 じぇのあす
【所属陣営】 地球連邦軍
【パイロット】 ラーガン・ドレイス等
【装備】 ビームスプレーガン
ヒートスティック
シールド
ビームサーベルドッズライフル
【発展機】 RGE-B790 ジェノアスキャノン
RGE-B790 ジェノアス・アサルト
RGE-B790 ジェノアスタイプ791
RGE-B790CW ジェノアスカスタム
RGE-B890 ジェノアスⅡ

【詳細】

地球連邦軍の発足と同時に配備された、第一世代における主力量産型MS。

作業用のMSの設計をベースに戦闘に転用した機体であるため性能は低く、
量産機であることを考えても戦力としてはかなり低い。
EX-DBのデータからMSを開発していたヴェイガンとの技術格差故に、ガフラン等には全く歯が立たずあらゆる武器が通用しない上、向こうの武器は簡単に装甲を破ってくるため14年もの長期に渡って敗北し続けてきた。

だがそれはあくまで武装面、銀の杯条約が原因で長きに渡り軍事開発が出来なかったためのノウハウの乏しさがもたらすものであり、
作業用とは言えデスペラードは巨大人型兵器として長年使われてきたこともあり、その基本設計をベースとしたジェノアスは大変に優秀な機体である。
特に大がかりな改修を行わなくとも重力化、宇宙空間といった運用領域を問わない高い汎用性を持ち、パイロットや部隊ごとにさまざまなカラーリングや改造を施された機体が存在する。
基地によってカラーバリエーションが違い、アリンストン基地配備機のカラーリングは、白とピンクのツートン。

武装は、射撃用のビームスプレーガンと、接近戦用のヒートスティック
左腕のハードポイントには、ヒートスティックのラックを兼ねたシールドを標準装備する。

後にドッズライフルをベースにしたビームライフルと、Gエグゼスのものを元にしたビームサーベルを装備。
UEを撃破可能な攻撃力を持つに至った。

第二世代においてもRGE-G1100 アデル量産化の際に得られた技術データを用いてアップデートが施されRGE-B890 ジェノアスⅡとして今だ現役で活躍している。
第三世代でもオブライト専用のジェノアス Oカスタムとして登場。
数十年にも及ぶ長期にわたって現役として戦い続け、Oカスタムはヴェイガン側の最新鋭MSをたてつづけに2体撃破するなど目覚しい戦果を上げた。

かつてはガフランすら倒せなかったジェノアスの系譜が、最終的にここまでの大躍進を遂げたことは誰が予想できたであろうか。
バージョンアップしてもほぼ構造は基礎となったジェノアスのままであり、この機体の設計の優秀さ、度重なる改宗を受け入れるだけの汎用性の高さは他作品を見ても高い位置にあるといえる。
さすがにガフランには及ばないが、地味に数十年にも渡り、運用が続けられてきたMSであり、そういった点で見ても量産機としては破格の性能を有すると思われる。