CMS-B > 67 シャルドール

【型式番号】 CMS-B/67
【機体名】 シャルドール
【読み方】 しゃるどーる
【所属陣営】 マッドーナ工房
【パイロット】 フリット・アスノ
ウルフ・エニアクル
【装備】 ドッズガン
シールド
【発展機】 WMS-GEX1 Gエグゼス
RGE-C350 シャルドール改
【改修機】 CMS-B/67M シャルドールM
CMS-F/06 シャルドールG

【詳細】

マッドーナ工房で生産されている量産型MS。
元々はムクレド・マッドーナが1から図面を引いて作り上げレース用として量産されているMSであるが、戦闘用のB型と呼ばれるパーツを組み込むことで戦闘にも対応できる。

Gエグゼスの開発母体となった機体であり、胴体や四肢はGエグゼスとほぼ同一形状。
エグゼスはかつてウルフがレーサーだったころに使用していたシャルドールをベースに改修したもので、頭部がゴーグル型でバックパックが小型となっているほか、肩や腰回りの装甲の形状が異なっている。
カラーリングは白と黄緑のツートン。

最終決戦ではドッズライフルを解析して創り上げたドッズガンを装備して増援として登場。
メガランチャーを装備しセンサー周辺を強化したムクレド専用機も登場した。

第二世代以降ではRGE-C350 シャルドール改として改修が行われた上量産が行われており、地球連邦に納入され正式に戦力として採用されている。