ビームサーベル

【名前】 ビームサーベル
【読み方】 びーむさーべる
【保有MS】 地球連邦、UEのMS

【詳細】

ビームを刀剣状に収束して対象を溶断するガンダムシリーズおなじみの近接用の斬撃武器。

小説版によれば「電磁束帯された荷電粒子」であり、サーベルのみならずリング状に変化させる場合もある。

なお、ビームサーベル同士で斬り結ぶことも可能だが、何故純粋なエネルギーの塊であるはずのビームサーベル同士が反発し合うのかは実はよくわかっていない。
そもそもビームサーベルの技術自体が銀の杯条約以前のものであり、原理自体も有耶無耶になっている箇所が多いため、そうなっているとのこと。

  • 地球連邦側のビームサーベル
AGE-1 ガンダムAGE-1 ノーマルの所持するビームダガーの出力を調整しビームサーベルにすることが可能。
ジェノアスのキットではヒートスティックの刀身をビームサーベルに換装可能だがキットオリジナルの仕様であり、劇中ではそのような機能はない。
第1世代初期の時点では地球連邦ではガンダムとGエグゼスのみが装備していたが、最終決戦ではマッドーナ工房が量産化、エメルダ等に装備された。
ただし本来装備する武器ではないため、エネルギー系統への負担も大きく装備しない者もいたという(小説版より)。

第二世代以降では正式に量産が行われ、アデルなどの量産機も標準装備している。
ビームの色はピンク。

  • ヴェイガン側のビームサーベル
共通して両腕に装備されるビームバルカンの銃口がビームサーベルの発振器も兼ねており、そこから出現する。
色は黄色。
すべての世代に共通して装備されている。