RGE-B890 ジェノアスⅡ

【型式番号】 RGE-B890
【機体名】 ジェノアスⅡ
【読み方】 じぇのあすつー
【所属陣営】 地球連邦軍
【パイロット】 地球連合兵
【装備】 ドッズガン
ビームサーベル
ヒートスティック
シールド
【ベース機】 RGE-B790 ジェノアス
RGE-B790CW ジェノアスカスタム
【発展機】 RGE-B893CO ジェノアスOカスタム

【詳細】

RGE-B790 ジェノアスをベースに強化改良を施した第二世代以降における地球連邦軍の量産型MS。

デザイン的にはRGE-B790CW ジェノアスカスタムと同様。それはマッドーナ工房に払い下げられたジェノアスカスタムの設計データをベースにしているため。
AGE-1を量産化するにあたって得られた莫大なデータを元にアップデートされたものとなっている。

ディーヴァに配属された機体の配色は青と白。
ジェノアスからの変更点はバックパック、ツインアイとなり形状変更されたクリアバイザー、アンテナ頭部形状、両肩の形状と主に上半身。

基礎となったジェノアスカスタムではいささか過敏だった操縦性を改善し、一般パイロットにも扱いやすいよう調整が施されている。
ジェノアス自体の運用実績の長さから多くのパイロットたちに支持され、この機体で腕を磨いたパイロットも少なくなく、より高性能な後継量産機であるRGE-G1100 アデルが登場した後も長く連邦軍の主力を担った。

装甲がAGE-1並みに強化されビームバルカン程度では致命傷にならなくなったことと、ドッズガンが量産化され攻撃面で充実しだしたこともあり、ヴェイガンのMSと互角に戦えるだけの機体性能を持つ。
ジェノアスではごく一部の機体しか装備されなかったビームサーベルも標準装備された。

第二世代開始時点ではRGE-G1100 アデルが配備されたばかりであるため現役で戦っている。
コロニー内に侵入したドラド相手には対処するも頭部をビームサーベルで切り裂かれてしまう。
しかし苦戦するAGE-1を助けるためドラドの足を掴んで補佐し、撃破する手伝いを行った。なおこのパイロットは小説版によるとオブライト・ローレインである。
ビッグリング所属の艦隊にはRGE-C350 シャルドール改と共に多数が配備されており、フリットの的確な指揮もあって損害を出しつつもマジシャンズ8を始めとしたヴェイガンの攻撃部隊を撃退した。

第3世代ではOカスタムと呼ばれるオブライト専用カスタム仕様が存在し、ジェノアスは第1世代から第3世代まで通して使用された数少ない量産機となった。
また、ロストロウランにおける戦闘でも出撃が確認されている。