xvm-dgc クロノス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【型式番号】 xvm-dgc
【機体名】 クロノス
【読み方】 くろのす
【所属陣営】 UE/ヴェイガン
【パイロット】 デシル・ガレット
【装備】 クロノスキャノン
クロノスガン
ビームバルカン
ビームサーベル
ビームバスター
【ベース機】 xvm-dfc ウィゲル

【詳細】

第二世代から登場するUE/ヴェイガンの新型MS。

黒をベースとしたボディを持ち、両肩から伸びるクロノスキャノン、手持ちのガトリング砲であるクロノスガンに胸部に装備した高出力のビームバスター等砲撃戦に特化している。
ゼイドラとはボディが共通で、四肢が違うだけの姉妹機。実際にゼイドラに乗るゼハートの『兄』であるデシルが乗り込んで操縦する。

ドラドの3倍もの機動力を誇り、圧倒的な機動性とデシルのXラウンダーとしての能力の高さから他の量産機を凌駕する性能を誇る。
作中でもGバウンサーの左腕を切り落とし、大きなダメージを与えるなど圧倒的戦力を見せた。

しかしフリットの乗るAGE-1F ガンダムAGE-1 フラットには勝てず、他の部隊の量産型MSとの連携で追い詰められ大破。
クロノスキャノンも片方失い、武器はクロノスガンのみというところまで追い詰められるが、作戦失敗と判断し撤退するゼイドラに抱えられ生還した。

後のビックリングにおける激戦でにウルフの駆るGバウンサーを撃破した際、アスムの逆鱗に触れXラウンダーの先読みを超えるスーパーパイロットとしての技量に翻弄される。
そしてメッタ斬りにされた後ツインドッズキャノンの斉射によりデシルもろとも機体は爆散した。

小説版においてもほぼ同じ展開て一方的にアセムの攻撃を受けることとなるが、AGEシステムが導き出した新技ウルフファングに切り裂かれる。