MSの系譜-ヴェイガン-


【第一世代】
かつて地球連邦にもみ消された火星移住計画によって火星に移住した者の子孫であるヴェイガン。
地球に帰ることを夢見て地球連邦側のコロニーを中心に破壊活動を行なっていた。

主力はovv-f ガフランovv-a バクトの2種類。
これらはドラゴンを思わせる高機動形態への変形が可能で、ジェノアスのもつビームスプレーガン程度では全くダメージを受けないほどの堅牢な装甲で覆われている。
変形機構を採用しているのは火星から地球圏に向かうために航続距離の延長を図るため。

ヴェイガンのMSは生物的な外見が特徴であり、曲面を中心としたデザインとなっている。
5本の特徴的な指を持つが、この両手にはビームバルカンの銃口が露出していて、そこからビームサーベルを形成する。また、左右対称。
また尾の部分が何らかの武装として機能し、ガフランとバクトは破壊力の高いビームライフルとして機能する。
当初は宇宙生物として見る意見もあったが、頭部にコクピットがあるれっきとしたMSであり、機体各所に機密保持のため自爆装置がいたるところに埋め込まれている(それを見たムクレドは自爆装置の塊と称した)。

本格的に量産されている様子がないものの、xvv-xc ゼダスはXラウンダー専用機として開発されており、EXA-DBのサブユニットにあるデータを使って開発しているためか、
積極的にXラウンダー用のMSの開発を行なっている。
Xラウンダーを軽視していた連邦とは対照的といえるが、これは地球側と比べて総人口数の少ないヴェイガン側の台所事情が関係している。

『天使の落日』から14年間にもわたって地球連邦側のMSに対し有利に戦ってきたが、フリット・アスノが開発したガンダムAGE-1が登場してから徐々に対抗手段を獲得されていき、
新開発されたドッズライフル、及びそれを素にしたビームライフルやビームサーベルによって戦局は大きく変改していく。

基本的に宇宙空間内での運用を重視しているのか、重力下では機動性等が若干にぶる模様。
だが最終決戦に投入されたxvm-gz デファースは地球の重力を想定して開発されており、この想定を「コロニー内での重力戦闘」として引き継いで開発された量産機が第二世代から登場する。

【第二世代】
第1世代の25年後に当たる第二世代では、地球連邦との戦争は激しさを増しながらもなおも続いている。

バクトに採用されていた電磁装甲がすべての量産機において正式採用されさらに防御力が向上。
勢力が拡大し長距離を移動する必要性が薄れたためか変形機構をオミットし重力下での運用を重視した新型量産機・ovm-e ドラドが開発され主力として運用されている。
ドラドは専用武装として両腕にオプションが選べるようになり、さらにXラウンダー専用MSであるxvm-zgc ゼイドラxvm-dgc クロノスが開発されている。

なお制式採用された電磁装甲だが、同時展開はできない上に使うには防御姿勢を取らなければならないため使い勝手がいいというわけではない。
またドッズライフル程度なら数発は弾けるが、ニ発動時に発射された場合は対処できないとのこと。
さらにハイパードッズライフルのように出力を強化したビームライフルによる一撃は電磁装甲を持っても防ぐことはできず、、電磁装甲ごと貫通されてしまう。

戦力的には地球連邦と互角であり、戦い方が勝負の明暗を分けるとされる。

【第三世代】
第Ⅱ世代の20年後に当たる第三世代ではxvt-zgc ギラーガovv-af ダナジンの新型機2種を中心に、これまで登場した量産機が登場している。

本格的に地球上での侵攻を目的として開発されているため変形機構は残されておらず、砂漠戦用のovm-fc ゴメルに水陸両用のovm-ww ウロッゾ等、
地球環境に適応させた高性能MSが開発されている。
デファースも正式に量産化され、xvm-rg レガンナーとして投入。

物量も含めてその侵攻はすでに地球の40%を支配下に置くことに成功しているが、勢力を拡大し過ぎたせいで物資輸送が滞り、
それ以上の侵攻は遅々として進んでいない模様。

すでにヴェイガン側では技術力がギラーガで一定水準に達し行き詰まりを見せていたが、地球連合軍のAGE-3の鹵獲に成功したためヴェイガン側でも其の技術を盗んでxvm-fzc ガンダムレギルスを開発。
またヴェイガンMSの始祖であり、軍の名前の由来となっているヴェイガンギアも戦力に導入し、地球軍との最終決戦に望む。