経皮毒物質


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

様々な要因が複雑に絡み合って、いつしか私たちの許容量を超えてしまったとき、突然、アレルギー反応が身に降りかかってきます。

いつ、どんな症状を発症するのか、誰にも予測できないのです。

ただし、経皮毒物質だと考えられる製品を毎日使用し続けていれば、近い将来その影響が何らかのかたちで現れてくるであろうことは、簡単に予測できます。

 

手に触れるもの、身につけるもの、化粧品、医薬品など、私たちの身の回りのすべてのものが接触性皮膚炎の原因となります。

ネックレス、指輪、イヤリングなどの金属アクセサリー、メガネのフレーム(プラスチック、金属)、草花や樹木、軟骨・クリームなどの医薬品、毛染め剤、化粧品、衣類、ゴム製品など。

日用品はすべてといっていいほど原因物質になります。

最近では、ピアスによる接触性皮膚炎が増加していますが、この皮膚炎は完治しにくいという特徴があります。

ピアスをつけてみたいと考えている方は、くれぐれも注意が必要です。