中性脂肪のコントロール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

植物性の油や魚油に含まれる不飽和脂肪酸が血中の中性脂肪のコントロールに役立ちますが、不飽和脂肪酸を多く含む食品は酸化しやすいという欠点があります。
酸化によって不飽和脂肪酸が過酸化脂質に変化すると、不飽和脂肪酸は本来の役割が果たせなくなり、逆に動脈硬化を促進する結果になってしまいます。

そこで注目されるのが、不飽和脂肪酸の酸化を抑えるビタミンEです。
ビタミンEが十分にあれば、不飽和脂肪酸の酸化にブレーキをかけることができるのです。
ビタミンEには、それ自体にも、中性脂肪を低下させたり血液をサラサラにして中性脂肪の沈着を防いだり、血管壁の細胞を強くしたりという働きがあります。

歳をとるにつれて老人性のシミができたりするのは体内の脂肪が酸化されて過酸化脂質が増えるためです。
ビタミンEをたくさんとって体内の過酸化脂質の増加を防げば、このような老化現象の進行を遅らせることが可能になります。